神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS ボタンヅルは樹木なのではないのか?

<<   作成日時 : 2013/11/07 21:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、知人に六甲へ連れて行っていただいた時に
太い太い木質のつるをさして
「これはボタンヅルですよ」と教えていただき
すごくびっくりした
太さは直径10p近くある
「これはどうみても木だ!」

画像


ボタンヅルはつる性で花はカザグルマを小型にしたような花だ
冠毛がついた果実は仙人の顔のようだ
センニンソウと同じ属でよく似ている
葉はボタンの葉に似ているとしてボタンヅルと名がついた

画像


他のものを覆い尽くして花咲く光景はすごい
つる植物だよ。といっている
「ボタンヅルは野草なのか樹木なのか!」
手もとにある図鑑で見て見た

画像


ほとんどの図鑑は野草編、あるいは野草図鑑に載っている
それらの図鑑には樹木編あるいは樹木図鑑には載っていない
ある野草図鑑には
「(ボタンヅルは)茎を太らせることなくツルを伸ばし
ほかのものに寄りかかりながらの生活は
急成長を果たす合理的な生き方である」と載っている
一方、学生版牧野日本植物図鑑には「木質のつる植物」と載っている
また、北隆館 原色樹木大図鑑や兵庫県発行の兵庫県の樹木誌
にはボタンヅルが載っている

画像


ボタンヅルは一部の図鑑には多年草と載っているが
つる性の半低木と載っているものが多い
図説 植物用語辞典 清水建美著 八坂書房 には次のように載っている
「亜低木 (半低木) 茎は根際または地下部で分枝するが、
茎の下半分または根際近くの部分だけが木化する植物をいい。
草本と木の中間的な性質をもつ」

画像


ボタンヅルは半低木か・・・
それにしても茎が太くなるなぁ・・・
この太いのはほんとにボタンヅルなのか?

画像


と、疑問に思ったら
知人が太い茎からボタンヅルの葉が出ているのを見せてくれた

画像


幹を1本切ってみると
なんと年輪が!
年輪があればまさしく樹木ではないか?
どう見ても年輪に見えるのだが・・・

画像


「こんな木質のボタンヅルは初めて見た」
と思いながら家に帰り、自分が撮ったこれまでの画像を見返してみると
5年前に、同じような太いボタンヅルの幹(茎)を撮っているではないか!
だのにボタンヅルが木に近いあるいは木だなんて思わなかった私だ
さすがに知人は敏感に感じとって、ボタンヅルの不思議さに気づいた
すばらしいなぁ

画像


思えば冬の木質の茎がたくさん見える
ボタンヅルの光景はよく見るなぁ・・・
つる性の木質の植物についてじっくり見てまとめて見たい

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボタンヅルは樹木なのではないのか? 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる