神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫県代表の花鳥木

<<   作成日時 : 2015/11/16 20:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、中播磨のノジギクの自生地へ行った
今年はノジギクの開花がすごく早く
もう花の終わりの時期を迎えている株が多かった
それだけに美しく花が咲いているのを見ると
とてもうれしかった。

画像


ノジギクは兵庫県の県の花だ
ノジギクの故郷は厳しい海岸
海岸崖はノジギクの花がとても似合うところだ
だが、ノジギクが自生できるところは減ってきている
多方面でノジギクを保護しテイク取り組みをされている
とても大切なことだと思う

画像


自生地で黄花のノジギクを見ることがある
一方、ノジギクの保護されているところに
黄花のノジギクを見る。そこのはすごく濃い黄色の花だ
わたしが見る淡い色の黄色い花のノジギクは
白花と黄色花の交配種かなぁ・・・
ノジギクは兵庫県の花
いつまでも元気なノジギクがあってほしいものだ

画像


兵庫県の県の鳥はコウノトリだ
50年ほど前までは兵庫県北部にたくさんのコウノトリが住んでいた
だが、農業の変化などでコウノトリは兵庫県では見られなくなった
その後、ロシアから寄贈された一つがいのコウノトリから
繁殖することに成功し、今では施設、野外合わせて150匹以上いる
野外のコウノトリは日本各地に飛来し、韓国まで行った者もいる
このような状態にできているのは多くの方、とくに
農家の農薬を使わない、すごい取り組みの結果だ
コウノトリは兵庫県が誇れる県の鳥だと思う

画像


兵庫県の県の木はクスノキだ
この時期クスノキは黒い実をつけている
だが、クスノキは植栽されたものを見ることが多い
樟脳を採るためなどで植えられたものが多く
近年は公園などにも植えられていることが多い

画像


神社などではすごく大きなクスノキを見る
昔に植栽されたのかなぁ。と思える光景だ
そのような木が何で県の木なの?
と思う気持ちになってしまうが・・・
一方、圧倒的に大きなクスノキを見ると素敵さを感じる

画像


今日、山を歩いていたら
たくさんのクスノキが芽生えていた
クスノキは兵庫県で自生している木なのだ
樟脳採りなどですごく役立ってきた木だ
圧倒的な大きさで人を魅了している木だ
やはり「兵庫県が誇れる県の木なのだ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
兵庫県代表の花鳥木 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる