神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS クリの花について

<<   作成日時 : 2016/06/23 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

近くの山沿いを歩いていると
クリの実がふくれはじめていた
身の回りに黒茶色くなったひものようなものがたくさん見える
これは役割を終えた雄花序なのだ

画像


よく見ると若いクリの実のそばで
突っ立っている役割を終えた雄花序がある

画像


この様子はクリの両性花序の様子なのだ
花序の一番下に雌花(3個の雌花の雌花序)がつき
その上にたくさんの雄花が咲いていたのだ

画像


クリは花序の一番下で雌花が咲く両性花序と
たくさんの雄花ばかりの雄花序がある

画像


クリの花咲く様子をよく見ていると
初めに雄花序の雄花がいっせいに咲く
そのころ、両性花序の一番下の雌花が咲き始める
両性花序の雄花はまだかたいツボミだ

画像


雄花序の雄花が盛りを過ぎかけるころ
雌花は花どきを迎える
そのうえの雄花が咲きだしてくる.

画像


やがて雄花序は役割を終えて落ちてしまう
雌花も終わり実がふくれだす頃
そのうえの雄花はようやく役割を終える

画像


今、クリの実がふくれだしてきている
雌花の上で咲いていた両性花序の雄花部分の花穂が
枯れた状態でまだ残っているのだ
これもやがて落ち、実はますますふくれていく

画像


秋まで実は膨れ、やがて熟す
秋の押しいい実の代表クリはこうして熟していくのだ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリの花について 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる