神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フユノハナワラビ」が楽しめる季節だ

<<   作成日時 : 2016/10/08 20:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、近くの山を歩いていたら、歩く道沿いで
「フユノハナワラビ」が葉(栄養葉)を広げていた
「フユノハナワラビ」が目立つ季節になっているのだ

画像


このあたりでよく見る「フユノハナワラビ」は
フユノハナワラビとオオハナワラビだ
年間の生育過程はどちらもほぼ同じなので
今回は「フユノハナワラビ」として書いていく

画像


昨日よく見ると、もう胞子葉がのびた「フユノハナワラビ」
も多く見た。
「フユノハナワラビ」は夏は枯れる冬緑性のシダだ

画像


夏は見ることがなかった「フユノハナワラビ」だが
9月になると栄養葉を広げてきて胞子葉を伸ばしはじめた
「フユノハナワラビ」を見るようになる
そしてこの時期、胞子葉が伸びてきているのである

画像


「フユノハナワラビ」は11月から12月に胞子葉では
胞子をつくり、胞子が熟していく

画像


1月に「フユノハナワラビ」を見ると熟しきった胞子が
落ちてしまっている
このあとまもなくフユノハナワラビの胞子葉は役割を終えて枯れ落ちてしまう
オオハナワラビの胞子葉はそのままの形で枯れ残っている

画像


3月に「フユノハナワラビ」を見ると
冬を越した栄養葉がまだ葉を広げているが
やや弱ってきている
これ以降春になる「フユノハナワラビ」は地上では見られなくなる

画像


「フユノハナワラビ」が地上から姿を消した春遅くに
「ハナワラビ」を見る
これは栄養葉の茎の途中から胞子葉が出ているナツノハナワラビだ
夏のハナワラビは夏は元気だが冬には枯れている夏緑性だ
しかし神戸では夏のハナワラビは少ない
これから長い期間「フユノハナワラビ」を楽しんでみられる季節な

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フユノハナワラビ」が楽しめる季節だ 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる