神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒイラギの葉を見ていて

<<   作成日時 : 2016/12/08 19:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は自然教室でのクリスマスリースづくりの材料で使う
ヒイラギの枝採りに近くの山へ行った。
ヒイラギを見ていて思わぬことが気になった
わたしはヒイラギは葉が互生だと思い違いしていたのだ
「葉が対生のところがあるヒイラギがある!」

画像


あわてて持ち合わせの袋の上にヒイラギを置いて見直してみた
「どう見ても、どの枝も葉が対生だ!」
ヒイラギは葉が対生なのですね。
このような思い違いが多い私です

画像


ヒイラギは鋸歯がトゲ状になり触るとひりひり痛いこと、から名がついている
でも、鋸歯のようすもよく見ていると
同じ枝でも多様なものが目に付くことがあるなぁ。と思った

画像


ヒイラギの葉は若い木では鋸歯が鋭く切れ込み
老木になるにつれて鋸歯は浅くなり
やがて葉は全縁状態(マルバ)になってしまう
だからクリスマスリースには若い木の枝じゃないとだめだ

画像


このような葉が全縁のヒイラギの葉じゃクリスマスリースの雰囲気にはならないよ

画像


ということでヒイラギの小さな木が生えている山へ行ったのだ
ところが、鋸歯が鋭い枝に一対だけ葉がほぼ全縁の葉がある枝があった
見ているとやはり多様なものがある

画像


ヒイラギは雌雄別株で、雄花が咲く雄株と雌花が咲く雌株があるのだが
わたしは山では雄花が咲く雄株しか見たことがない

画像


植えてあるヒイラギでは稀に雌花が咲き目立つ実ができる雌株を見るが・・
葉の状態など多様なものがあるのだから、
山でも雄株ばかりじゃなく、たまには雌株の実ができているものを見たいなぁ・・・

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒイラギの葉を見ていて 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる