神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS マンサクの花を見て

<<   作成日時 : 2017/02/26 17:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、六甲を歩いたとき
マンサクの花が目立ってきていた
まだ花が咲きはじめの木もあるが・・・

画像


マンサクこそ春を知らせてくれる花だ
春「まず咲く」花がなまってマンサクと名がついたといわれる
黄色く輝くように咲く花はイネの実りを感じ
この花が多く咲くようすを豊年満作にたとえたともいわれる
春の明るさを伝えてくれる花だ

画像


マンサクは春早くの山の谷を黄金色にうずめてくれたといわれる
そのような光景は見事だろうなぁ・・・
だが、マンサクは近年全国的に枯れる木が多く
六甲でもまばらに咲くマンサクの花が見られるだけだ
どうか、元気に復活してほしいマンサクだ

画像


マンサクは細長い花弁は黄色いが
ガクの色が木によって違う
このように多様なのは自生種の良いところだ

画像


マンサクの仲間で近年よく見るのがシナマンサクだ
公園などによく植えられていて、正月明けぐらいに花が咲き始めてくる
花はマンサクの花に似ているけれど
花が咲く時期にまだ枯れた葉が残っているのが特徴だ

画像


近くで、園芸で作られているベニバナトキワマンサクを見るところがある
これは葉が常緑だ
花は春に咲くとのことだが12月ごろに見ることがある
シナマンサクのベニバナトキワマンサクも中国などが原産地だ

画像


日本に生えるマンサクの仲間にマルバノキがある
神戸では自生のものは見ない、わたしは植物園で見ている
花の形はマンサクとよく似ているが花の色が赤い
マルバノキの花は秋遅くから年末にかけて咲く
花が少ない時期に咲く貴重な花だが
秋に葉が赤く染まる葉が人の目を惹きつけている

画像


このようにマンサクには仲間が多いが
よく似た花の仲間で神戸で自生しているのはマンサク以外いない
(イスノキなどのマンサク科のもので自生するものはあるが花の様子が違う)
マンサクの実は梅雨のころに大きくなっている
これからも元気に神戸の早春の山を黄色く染め続けてほしい

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンサクの花を見て 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる