神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS イタビカズラをこれから

<<   作成日時 : 2017/09/26 17:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、近くを歩いていたら
大きな木にイタビカズラが登っていて
よく見ると実のような果嚢(かのう)がたくさんできていた

画像


目の近くでもイタビカズラの果嚢を見ることができた

画像


イタビカズラの花期は6〜7月だということだ
6月24日のころはちょうど花どき
この実のような中で花が咲いているはずだ

画像


そしてイタビカズラは実が10月ごろに黒紫色に熟すという
今日見た実のような果嚢の中に一つだけ色づいているのがあった
熟れてきているのかなぁ・・・

画像


イタビカズラはいなかまのイヌビワと同じく雌雄別株だ、
そして「コバチ」に媒介してもらって雄花の花粉を
雌花に媒介してもらう仕組みもイヌビワと同じだ
画像のようにイヌビワの雄花が咲いた雄果嚢は夏に色づいているが
果嚢の頭の穴からコバチが出た後なのだ
雌果嚢は10月ごろに黒紫色に熟す
今日色づき始めているイタビカズラの果嚢は雄か雌か
もう少し見ていかないとわからない

画像


イタビカズラの仲間で見ることがあるのは
イヌビワのほかにオオイタビがある
といっても植栽されたものしか見たことがない

画像


ヒメイタビは自生のものを見るが果嚢はまだ見たことがない

画像


そうそう、おいしいイチジクもイタビカズラと同じ仲間だ
でも無花果の実(果嚢)は中で最多雌花が受粉しなくても
果嚢が大きくなっておいしく食べられるという
栽培されているのはそのような雌株のイチジクだということだ

画像


イタビカズラはよく見るが実のような果嚢を見ることは少ない
このイタビカズラの果嚢の様子をよく見て花から実へのようすを
わかっていきたいと思う

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタビカズラをこれから 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる