神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマラヤスギの種子は

<<   作成日時 : 2018/01/30 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、神戸市街の神社へいくと
沢山のドバトが集まって何かを必死で食べていた

画像


「何が落ちているのだろう」とよく見ると
松の実によく似たものがたくさん落ちていた
「ヒマラヤスギの実なのかな?」

画像


付近を見渡し見上げると大きなヒマラヤスギの木があった
ドバトたちはヒマラヤスギの実を食べているようだ

画像


ところで、ドバトたちが食べている様子などをよく見ていて
わたしはヒマラヤスギの実や種について間違って覚えている・・
いやいや、「ヒマラヤスギの実や種子について全然わかっていない」
ということが分かった
わたしは、下の画像のものがヒマラヤスギの実だと思っていた

画像


わたしが実だと思っていたのは種子を保護する種鱗だとわかった
種鱗には2個の種子がついていたのだ

画像


ヒマラヤスギ種子には質がうすい翼がついている
質が薄い膜状の翼が風を受けて種子を遠くへ運ぶのだ

画像


膜状の翼が風を受けて種子を運ぶものといえば
モミジ類のプロペラ状の実を思い起こすほかにユリノキやアキニレなど身近なものにも多い
被子植物で膜状の翼が風を受けて種子を運ぶものは翼果である
だがヒマラヤスギは針葉樹だから果実は球果である
球果の中の一つ一つの種子が翼をもち
翼に風を受けて種子を遠くへ飛ばす仕組みをもっている
つまり、ヒマラヤスギの種子は翼果と同じ仕組みをもっている

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒマラヤスギの種子は 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる