神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS キジムシロを見ながら

<<   作成日時 : 2018/03/24 19:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は東京では染め伊孑志のが満開になった
というニュースが流れていた
だが、近くの山を歩いていてもこちらはまだ冬を感じる光景だ
例年真冬でもぽつぽつ花を見るヤマウグイスカグラもまだつぼみが多い
そのような中で土手でキジムシロの花が咲きだしていた

画像


キジムシロはバラ科キジムシロ属だが同属の仲間は多く見る
そこで、キジムシロと確認するために葉を見る
葉に小葉が5個は以上あることを見ながら
「キジムシロだ!・・・。」と思える

画像


キジムシロの同属のものでよく見るものに
ミツバツチグリとオヘビイチゴがある
キジムシロの葉は5〜7個の小葉がある奇数羽状複葉だ
(茎の先には3小葉の葉もある)
ミツバツチグリは3小葉の葉だ
オヘビイチゴは5小葉の掌状複葉(ただし茎先の葉は3小葉)
だから5枚以上の小葉の葉を見てキジムシロだ。
とおもえたのだ

画像


だが、近くで見るキジムシロ属のもので
キジムシロ以外で5〜7個の小葉がある奇数羽状複葉
の葉をもつものがある
それはツチグリだ。ツチグリは稀にしか見ない絶滅危惧種だが

画像


ツチグリの葉は見た目がすごく柔らかい感じで
見た目で区別はできるが
葉の裏を比べてみると一目瞭然だ
ツチグリの葉の裏はほわほわの白毛が密生している

画像


キジムシロは花が咲きだすこの時期は見分けるるのに
葉などを注目してみる必要があるが
花の時期の後半は株はすごく広がり
まさに雉のむしろになるほどになっている
この様子はキジムシロ独特で、一目瞭然にキジムシロと分かる

画像


ところで、キジムシロ属のものと葉や花のよく似ていて
別属のものでヘビイチゴがある
ヘビイチゴはキジムシロ属のミツバツチグリと同様に
3小葉をもっている

画像


ところでヘビイチゴといえば真っ赤に熟れる集合果が目立つ
だがキジムシロなどキジムシロ属のものは集合果は大きくならない
また真っ赤になることはない
キジムシロ属のものの集合果は人が気づくことが少ない

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キジムシロを見ながら 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる