神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS アカバナユウゲショウは雨滴散布をしている。だと!・・・

<<   作成日時 : 2018/05/31 16:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜、「雑草・野草の暮らしがわかる図鑑  岩槻英明著 秀和システム」
を何気なく見ていて、目からうろこのことがあった。
アカバナユウゲショウは「雨が当たると果実が開く。」というのである
つまり、「アカバナユウゲショウはタネを雨滴散布している。」ということである
こんなことは全く知らなかった
アカバナユウゲショウは花ばかりに目がいって・・・

画像


タネを雨滴散布をするものとしてネコノメソウの仲間がある
ネコノメソウの仲間は実が熟したら、実が割れて種がむき出しになる
この様子が猫の目のようだ。ということで名がついている
そこへ雨が降ったら、雨滴で種が飛ばされて、種が広まる仕組みなのだ

画像


アカバナユウゲショウはどうなのだろう、その雨滴散布の様子を見てみたい
幸い、庭の植木鉢の何個かにはアカバナユウゲショウが生えているものがある
今朝、改めてアカバナユウゲショウを見てみると
花より上にはつぼみが、花より下には実がたくさんある

画像


そこで、アカバナユウゲショウの実に水をかけてみた
すると、驚くことに水をかけた実は
数分のうちに、いや! 秒ごとに実が開いていくのである
びっくりだ!

画像


雨が降ったら実が開いて種が見える。この種はどのようにして運ばれるのか?
ネコノメソウのように、雨滴が当たって種が飛ばされることが考えられるが・・・
そう思いながらいたところ、昼前に、にわかに雨が降ってきた
アカバナユウゲショウの生えている鉢を雨にあてると、やはり実は開いていった
開いた実の中を見ると、種が雨滴が当たって動いている(右の画像)
やはり雨滴で種が飛ばされる仕組みなのだ

画像


雨が降っているときにアカバナユウゲショウの様子を見ていると
「若い実は雨がかかっても開かない」様子もわかる

画像


「アカバナユウゲショウが雨滴散布をしている」ことを知って、とてもうれしい
そこで、いろいろと見ていると
アカバナユウゲショウも同じ様に雨滴散布をしているようだ
その様子も一度見てみたい

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカバナユウゲショウは雨滴散布をしている。だと!・・・ 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる