カクレミノの・・・

今日は六甲を登るつもりでいた
寒い朝だったが、「六甲を登ろう」と決心して家を出た
ところが、やがて雪がちらちら降ってきた
六甲へ近づくにつれて地面が白くなってきた・・・
「これは六甲を歩いたら大変だ」と思い
歩く場所を近くの山に切り替えた
山の入り口付近ではオオイヌノフグリやナズナの花が閉じていた
山を歩いても、開いた花は見なかった
花は見えない山だが、林床を見ていたらいろいろな幼木が伸びだしている
その様子を見ていたら面白い
カクレミノの幼木もたくさん見えた

画像


カクレミノの幼木の葉は、すごく切れ込んでいる

画像


カクレミノは成長してきたら、ほどよく切れ込んだ独特の葉になる
そして、老木になると葉は切れ込みがほとんどなくなる
人間も木も老境になれば角がとれてまるくなるのだが・・・
わたしはどうかなぁ・・・

画像