ハゼラン

はじめはどこから飛んできたのか
庭に数本のハゼランが生えていて花が咲いている
ハゼランを初めて見たのは10数年前だ

画像


兵庫県中部の砥峰高原にいったとき
道端でおじさんが花を売っていた
「これはなんという名前?」と尋ねると
「ヨジソウだ。夕方に花が咲くから・・・」
と教えてくれた
あとで調べると「サンジソウ」という名もあることを知った
ハゼランという名を知ったのはずっと後だ・・・

画像


花は午後になってから開く
細い花柄の先にピンクの5弁花を開く
色も形もすごく美しい花だ

画像


午前中にハゼランを見ても丸いつぼみ状のものばかりである
午後につぼみが爆ぜるように開き、
ランのような美しい花が開くことから名がついたという

画像


葉はやや肉質で少し光沢がある
西インド諸島原産だが、
葉は南の国のものだなぁ。と感じるものである

画像


ハゼランはスベリヒユ科である
スベリヒユは乾いた日当たりのよいところでよく見る

画像


スベリヒユの葉は肉質
さすがに同じ仲間だなぁ・・
ハゼランの葉とどことなく似た雰囲気だ

画像


花は似ているかなぁ・・・
5弁花は共通だけど・・・
スベリヒユの花は日当たりの良い日の午前中に
2時間ほど開くだけだ
スベリヒユとハゼランは開花時間は違うけれど
どちらも特定の時間しか開かない花だ

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック