ナンテン

この時期、ナンテンの実が赤くとても美しい
ナンテンは兵庫県ではもともと自生している木だが
「これは自生のナンテンだ」と思うものを見たことがない
ナンテンは「難を転ずる」と縁起がいい木として植えられることが多い
熟した実は南天実(なんてんじつ)といい咳止めなどに用いられる
南天飴として今も身近である

画像


干した葉を南天葉(なんてんよう)とよび
うがい薬や湿疹やかぶれに効く浴湯料として用いられる
また殺菌作用があるので赤飯や魚をいれた重箱などで敷きものとして使われる
南天は縁起もよく実も葉も材も有用なものである

画像


春の盛りに咲くナンテンの花は小さいけれど
白い花被片と黄色い雄しべの色合いすごくよい美しい花だ
だが、ナンテンの花があまり注目されることはない

画像


ナンテンは縁起がいいのでお正月などに寄せ植えに用いられると戸が多い
ナンテンとフクジュソウを寄せ植えをして
「難を転じて福となす」とされる
これはいいなぁ・・・。この寄せ植えをつくってみたいが
自然状態ではフクジュソウの花が咲くのは2月終わりごろだ・・・
売ってある寄せ植えを見て楽しんでおこう・・・

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック