ノボロギク

この時期に畑などを見ていると
ノボロギクの黄色い花が咲いているのが目立つ
「この時期の貴重な花だ」と思って撮ったのだが・・・
上手く撮れない・・・・

画像


華やかな花ではないが
懸命に咲いている花だから
上手く撮ってやらないとノボロギクがかわいそう
とは思うのだけど・・・・

画像


よく見ているとノボロギクの根生葉を多く見る
「寒い中で根生葉をつくって頑張っているなぁ」
と思ってみていると

画像


根生葉の中心から茎が伸びだすやいなや
つぼみをつけ、花を開いてきている
ノボロギクが寒い中での必殺技を使っているように感じる

画像


ノボロギクはキク科キオン属
舌状花が目立つハンゴンソウやオカオグルマなどと同じ属なのだが
頭花は筒状花ばかりからできている

画像


花が終わると白い綿毛ができる
綿毛を見ているとタンポポを思い浮かべるなぁ・・・・
それにしてもこの様子から「ボロギク」と名がつけられてしまったとか・・・・
美しい綿毛を見ながら「ボロ」とは思えない!
「ボロギク」と名がつけられたものはノボロギク以外にもある
明日のこのブログは「ボロギク談義」を書いてみよう…

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック