神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS キリの種(たね)を観察してびっくり!

<<   作成日時 : 2014/02/23 18:53   >>

面白い ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 0

今日はいい天気だったが家で資料の整理をしていた
少し保存をしている木の実を整理しているとき
キリの実のことが気になった
大きなキリの実が中がどうなっているのか
気に留めたことがなかった
キリは秋に葉が落ちたころには。もうつぼみができている
つぼみとともに、まだ黒くなっている実がたくさんついている

画像


花は春盛りに開く
花が咲くときは葉がまだ出ていないので
木全体が花ばかりに見えてとても美しい

画像


花が咲いているときによく見ると
黒くなった実がまだついている
梅雨のころ葉の緑が目立つ時期も
黒い実は若い緑の実とともに見える
キリは熟した実が秋から初夏まで見ることができる

画像


「長く木にとどまっているキリの実だが
キリの実の中はどうなっているのだろうか?」
思い立ったように気になって
保存しているキリの実を割って中の様子を見た

画像


割った実の中からには
小さなうすい種がものすごくたくさんあった
大きな分厚い実だが、種はものすごく小さい
種の大きさや形から、キリは
「風に運んでもらうんだ」と考えているのだ
と思う

画像


だがびっくりしたことがあった
キリの実を割ったらおびただしい種が見えるのだが
多くの種が自動的には落ちないのだ
種をかきむしったら徐々に外れるようにして落ちていく
キリの実は2つの部屋があり
各部屋には柿の種のような「核のようなもの」がある
おびただしい数の小さな種は「核のようなもの」にくっついているのだ
これは熟れた種が一度に落ちるのじゃなくて
長期間にわたって徐々に種を落としていく仕組みだと思う

画像


小さい実のまわりはガラス細工のような精巧な膜がある
マクロでみるとおもしろく美しい
風で遠くへ運ばれる仕組みなのだろう

画像


熟れたキリの実を見ると先が2つに割れている
その割れたところから実の中へ吹き込んだ風で
種が徐々にむしりとられた
風にのって遠くへ運ばれていくのだろう
「核のようなもの」にくっついている種は徐々にはがれ
長期間にわたって種を散布する仕組みのようだ
キリはすごくうまい仕組みをつくっているのだ
キリのすごく素晴らしい仕組みにびっくりした

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キリの代々つないだ、めでたい光景だよ
田園地帯を歩いていると キリの木があってつぼみをつけていた 「もう来春の花の準備をしているのだなぁ」 ...続きを見る
神戸の花と木(今の花と木の様子)
2017/10/10 17:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キリの種(たね)を観察してびっくり! 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる