ヒメハギを見ながら

今日、近くを歩いていると日当たりのよい草原で
ヒメハギの花が咲きだしていた
ヒメハギの花はいつ見ても特徴的で面白い花だ

画像


わたしは今年初めてのヒメハギの花との出会いだった
まだ咲き始めている花が多く
「やっとヒメハギの花の季節になったのだな」と思った
だが帰宅して記録を見ると
ヒメハギの花は4月初めに見始めている年が多い
今年は私が野山を歩いているのが少ないのだなぁ・・・
花がつぼれていて黄色いものが見える花があった
黄色いのは雄しべの先の葯だ
この花はまだ咲き始めている花だ

画像


ヒメハギの花が開くと花の先の白い飾りのようなものが
長くなり広がってよく目立つ
それのしてもこれ花なの?。花弁はどれなの?
などと不思議に思う花だ

画像


昨年5月1日のこのブログの記事はヒメハギだ
その中でヒメハギの花の構造を載せている
その画像を再掲載する
花弁やガク片・・・。面白いなぁ・・・

画像


ヒメハギのしべの様子を見ると
黄色い葯を持った雄しべに取り囲まれた
雌しべは見えていないが
雄しべ群の中にある
一度雌しべをゆっくりと見てみたい

画像


ヒメハギは日当たりがよい草原で群生していることが多い
群生が大きな株のように見え
たくさんの株上の群生が点々としていることが多い
すごくたくましく感じるが・・・・

画像


特異な花のようす
まっすぐな枝分かれしない茎などの雰囲気
小さな小さな葉などの様子を見ていると
何かに寄生しているように感じるが・・・
「ヒメハギは寄生している。」
などと書かれているものは見ない

画像


ヒメハギはヒメハギ科だ
近くで見るヒメハギ科のものは
カキノハグサやヒナノカンザシだ
どちらもすごく特異なものだ。
神戸ではどちらも絶滅危惧種に指定されている
でも寄生植物ではないようだ

画像


ヒメハギは絶滅危惧種とは程遠い
よく見るものだ
花が咲いてまもなく実がついているのをよく見る

画像


数少ないヒメハギ科の代表として
いつまでもよく見る野草であってほしいヒメハギだ

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック