コガクウツギに輪生の葉が・・

先日、このブログで
アベリアのびっくりな現象   とアベリアのびっくりな現象 その2  
の2回にわたって体制の葉をもつアベリアだが、葉が3輪生の枝やや4輪生の枝を
見ることがある。また枝が散方向に出ていることがあるなどと書いた
そのときに西宮の松岡さんから
「スイカズラ科のタニウツギ、ヤブウツギ、コツクバネウツギは
 徒長枝で3輪生しているのを見ることがあります・・」
など貴重なコメントをいただいた。
それ以後、歩くときにそれらの葉の様子などを楽しみながら見ている
コガクウツギはスイカズラ科(新分類ではアジサイ科)で葉が対生のものだ

画像


コガクウツギはふと見ると4枚の葉が輪生しているように見えることが多い
ところがよく見ると葉が2枚ずつ対生しているのだ

画像


ところが一昨日、六甲を歩いているときに
3枚の葉が輪生しているコガクウツギの枝を見た

画像


その枝はすべての葉が3枚の葉が輪生していた

画像


よく見ているとコガクウツギの枝で葉が3枚輪生している
のがいくつか見つかった
葉が対生の枝と3枚の葉が輪生している枝が並んで見えるのもあった

画像


コガクウツギなどアジサイ類は葉が対生で枝も対生に出ている
コガクウツギの枝も対生に出ている
アベリアで見たように3本の枝が一か所から出ているところは
ないかと、探してみたが見つからなかった

画像


アベリアと同じスイカズラ科のヤブウツギを見ていると
葉は輪生のところはまだ見つかっていないが
枝が一か所から3方向に出ているのを見た

画像


コツクバネウツギも葉は輪生のところは見つからない
一方、枝が一か所から3方向に出ているのを見た
今はこの段階でのまとめを書いたが
もっと詳しく様子を見ていきたい

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック