神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS オリーブにびっくりしたこと

<<   作成日時 : 2018/01/20 17:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

最近、街中を歩いていると玄関前などに
オリーブの木が植えられているのをよく見る
成長がおそいので玄関前などで長く楽しめるようだ
ところで、先日、街中のオリーブの木を見ていて
「オリーブは園芸店などで2本いっいで売ってある
オリーブは1本だけでは実がならないそうだ。なんで?」と聞かれた
「えっ! 1本では実ができないとは知らなかった・・・」

画像


よく見るオリーブの木は秋に実を黒く熟している
そこはたくさんのオリーブの木がある・・・
オリーブはほんとに1本では実ができないの?
キウイは雌雄別株だから、雌雄の木がなければ実ができないが・・・

画像


オリーブはモクセイ科だ
そうそうキンモクセイは日本ではほとんど実ができないよね
そういえばオリーブは花が咲く光景がキンモクセイと似ている・・・

画像


キンモクセイは雌雄別株だが日本には花を楽しみたいから
実は必要ない
日本では雄株しか存在しない状態だそうだ
それで日本ではキンモクセイの実を見ない・・・

画像


ところで、たしかにオリーブの花はキンモクセイの花と同じようだ
ガクが4枚、雄しべが2本
ところが2本の雄しべのあいだに立派な雌しべがある
オリーブの花は両性花だ
だけど、オリーブは1本では実ができないという・・・

画像


調べてみるとオリーブは自家不和合性だという
同じ木の花の雄しべの花粉では雌しべは受精しないのだ
だから受精するためには他の木のオリーブの花が必要なのだ
ソメイヨシノも自家不和合性だが、できたのは1本だけ
それが挿し木で増えてもクローンだから1本の木と同じ
だからソメイヨシノは発芽できる実ができないのだ

画像


オリーブが日本に持ち込まれたのは明治11年だという
その当時の木が神戸で見ることができる
その木は、古いわりに幹は太いとはいえない
成長がおそいオリーブの木が、いま人気だが・・
1本では実ができない自家不和合性とはびっくりした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見しております。一つ気になった説明があったので伺います。ソメイヨシノのサクランボは本当に発芽しないでしょうか?ソメイヨシノの並木でよく似た実生苗を見ることがあるのですが?
ぬらりひょん
2018/01/25 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリーブにびっくりしたこと 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる