コウヤボウキは今・・

今日、近くの山を少し歩いたが
冬枯れの光景で、花は見当たらない状態だ
コウヤボウキの実がまだ残っていて目を惹いた

画像


この時期のコウヤボウキはまだ実が残っていて
ときに綿毛の大群落を見ることがある
まるでたくさんの花が咲いているように見える

画像


コウヤボウキはたくさんの花が集まって頭花をつくっている
一つの頭花からはたくさんの実ができる

画像


コウヤボウキの実の先に綿毛がついている
子の姿はタンポポとよく似ている
コウヤボウキの綿毛がついた実は風によって飛ばされていく
この時期は実が徐々に風に飛ばされていきつつあるところだ

画像


すべての種子が風に飛ばされてしまった後の頭花は
枯れ色の総苞だけが残っていて花のように見える

画像


この時期、コウヤボウキの茎を見ると白く膨れたのもが見える
これは春に葉が展開する葉芽だ
この時期は実を飛ばし広めつつ、
その一方で春の葉の展開の準備をしているのだ

画像


4月になると、いま実ができている茎の白い葉芽から葉が展開し始める
そのころ、根元付近の地面を見るとあたらしい茎が芽吹いてきている
一方、枯れている茎も目につく(昨年束生の葉をつけた茎は枯れている)

画像


春に展開したコウヤボウキの葉を見ると
この時期に実ができている茎から展開する葉は3~5枚が束生している
芽吹いてきた新しい茎は互生の葉がつき、この茎に秋に花が咲く
コウヤボウキは今も懸命に新しい春の準備をしている

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック