神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS エビヅルの名の由来は

<<   作成日時 : 2018/08/25 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

近くの土手を見ると、エビヅルの実がめだっていた
「マスカットみたい」

画像


エビヅルの実はこれから色づき、まるでブドウの実のようになる
いやいや、この熟れた実は食べるとすごくおいしい
野山がつくってくれた、おいしいブドウだ

画像


エビヅルはブドウのなかまだ
特徴ある茎はブドウの茎とよく似ている
エビヅルの葉のかたちは、じつに多様だ
同じ株の葉でも、かたちはかなり変異がある

画像


切れ込みがすごく深い葉の株をとくにキレハエビヅルと呼ばれている

画像


エビヅルの葉の形の変異が大きいが
どのような形の葉も、裏は白い綿毛で覆われている

画像


神戸ではエビヅルと同じなかまのヤマブドウは見ない
同じ仲間ではアマヅルとサンカクヅルを見る
いまはどれもマスカットのような実だ
どれも、秋にはブドウ色に熟し食べると非常においしい

画像


エビヅルの仲間の葉の裏を見ると
白い綿毛が密集しているのはエビヅルだけだ

画像


アマヅルは秋が深まると葉が赤レンガ色に美しく目立ち
非常に目立つ。
エビヅルもよく見ると秋遅くには美しく色づく
この「葉の色がえび(海老)の色でエビヅルというの?」
それは聞いたことがないなぁ・・・
「葉の展開前の新芽がえび(海老)の色でエビヅルという。」
と書いてあるものを見るし、わたしもそのように思っていた
だが、古来からつかわれた海老色とはヤマブドウの色で染められた赤紫色
つまり葡萄色のことだ
エビヅルの名の由来は、葡萄色の実を熟すつる植物だからエビヅルという。
が納得だ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エビヅルの名の由来は 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる