神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS アオツヅラフジの別名は

<<   作成日時 : 2018/08/26 19:12   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

この時期はアオツヅラフジの花が咲き続けている
花はかわいいのだが、小さくて、あまり目立たない

画像


アオツヅラフジの花穂にはたくさんの花がつくのだが
開く花はバラバラ、一度には花が開かない
だから花咲く光景は目に入りにくい

画像


アオツヅラフジは雌雄別株だ
雄株には雄花が、雌株には雌花が咲いている
雄花には雄しべが6本、雌花には雌しべが6本と仮雄しべが6本あるある
わたしは雌しべが6本もある花はアオツヅラフジ以外には知らない

画像


アオツヅラフジは花は小さくて目につきにくいけれど
実はすごく目立つ
果穂の様子は形も色もまるでブドウだ

画像


アオツヅラフジの別名はカミエビだ
「エビ」とはヤマブドウのこと。
古来からの色のひとつ、えび色(葡萄色)はブドウの熟した実の色だ
エビヅルはつる性のエビ=つる性のブドウ →エビヅルなのだ
アオツヅラフジは薬用植物として有名だった
薬効が神のように効くブドウという意味で別名のカミエビなのだ

画像


ところで、エビヅルなどブドウのなかまは一つの雌花から一つの実ができる
だが、アオツヅラフジの雌花は雌しべを6本持っていて
ひとつの雌花から6個の実ができる
小さな花から大きな実が6個もできるなんて、びっくりだ!

画像


アオツヅラフジのブドウのような実の中にはアンモナイトの形をした種が入っている
まさに神様が作ってくれたブドウのように思え
カミエビという名はいい名前だなぁ・・・

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アオツヅラフジの別名は 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる