タコノアシは今後が心配

昨日,作業をしたビオトープではまだタコノアシの花が咲いていた

画像


タコノアシの花は花弁がない
見ようによっては蛸の足についている吸盤のようにも見える
秋が深まると赤くなりゆでだこのようになるタコノアシだ

画像


タコノアシは数日前に行ったところでも群生していた
兵庫県では以前、タコノアシは但馬と神戸のごく限られたところでしか
見られない。ということで絶滅危惧種Aランクになっていた
15年ほど前に、あちこちで点々と見つかった。として絶滅危惧種Bランク
になり、
いまは絶滅危惧種Cランクになっている

画像


でもそれでいいのだろうか
それほどタコノアシの生態は大丈夫な状態なのだろうか?
以前、タコノアシがたくさん見られた川でタコノアシを探しているが
見つからない
昨年はわずかに見られた
画像は一昨年のものだが・・・

画像


その場所は2009年ごろはタコノアシはかなりの個体が見られた
でもこの時は「減ってきているなぁ」と思っていた

画像


2007年にはあちこちでタコノアシの大群落がみられた

画像


その川を春に見ていると、幼いタコノアシが伸びてきているのが見られ
それが確認できてうれしい思いをしたものである

画像


タコノアシは洪水に洗われる不安定な場所でしか生きていけないという
他の草木に負けてしまうのだ
洪水が起こらなければ。というのはデンジソウとよく似ている
デンジソウはシダ植物で、胞子が芽生えるころに適度なかく乱が必要だという
農法の変化などにもついていけないものなのだ
今では兵庫県下で数か所でしか見られない絶滅危惧種Aランクだ

画像


タコノアシはいま現在は比較的見ることができるところはあるが
川の氾濫等のかく乱が必要な不安定なものだ
いつまでも、秋にタコノアシがゆだっていく姿を見てみたいものだが
タコノアシがそのような不安定なものだ。という認識は大切なのではないか!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック