トウダイグサの花をいつまでも

近くの土手でトウダイグサが伸びだしてきて
花を開きはじめた
といっても独特で、様子が分かりにくい花だ

画像


トウダイグサは野や畔で見ることが多いが
石崖近くなどかなりあれたところでも見ることがある

画像


トウダイグサが群生しているのを見ることも案外多い
だから、生育的に非常に強いもののように感じてしまう

画像


だけど、トウダイグサのようすをよく見ると
根元から茎が放射状に広がり、各茎の先に花(花序)をつけている
それで、花が多く咲いているように見えても
その割に株数は少ないのだ

画像


トウダイグサのなかまでは絶滅が心配されているものが多い
そしてそれらは見ることが少なくなってきている
身近でよく見るトウダイグサも、今後気にしていかないといけないと思う

画像


トウダイグサの花咲く様子は特徴的だから
ついついこの花のようすを見入ってしまう

画像


そのように惹きつけられてしまうトウダイグサの花を
いつまでも見られるようであってほしいと思う。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック