センボンヤリの春の花は

今日、近くの山を歩いていたらセンボンヤリの花が咲いていた
花は小さく、花柄が短いから見逃しがちなセンボンヤリだ

画像


センボンヤリの花を見ることができてうれしい気分で歩いていると
センボンヤリの花がたくさん咲いていてにぎやかな光景だ
センボンヤリのこのように花が集まっていることは少ない・・・

画像


センボンヤリの花は地面近くで咲いているので
地面近くを気を付けて見ていないと見逃してしまう

画像


センボンヤリは秋に閉鎖花をつける
閉鎖花はつぼみのようにも見える姿だ
このときの花柄は長くて、この閉鎖花のようすを槍(やり)に見立てて
千本槍(センボンヤリ)の名がついている
そのあとできる綿毛も高い場所についている
秋はすごく目につきやすいセンボンヤリだ

画像


以前、春にセンボンヤリが花咲く株に前年秋にできた実のあとが残っていた
この画像のようすから春の花がいかに低いところで咲いているかがわかる

画像


センボンヤリの花(頭花)を裏から見ると赤紫色を帯びている
このことから、紫タンポポという別名がある
赤紫色の色合いは株によって多様だ
なかには花の裏も、ほぼ白いものもある

画像


春に地面近くでひそやかに花を開いているセンボンヤリ
目に入りにくいからこそ、出会ってうれしい花だ

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック