ヒメガマは花の時期

一昨日行ったはビオトープではヒメガマが花の時期を迎えていた
といっても、わたしは雌花序を見ても花の時期かがわからない
黄色くなった雄花序は花粉が黄色いから花の時期だとわかる

himegamaimahanakeipuro116.jpg

「ガマ」といえば因幡の白兎が頭に浮かぶ

「大黒さまの いうとおり
きれいな水に 身を洗い
がまのほわたに くるまれば
うさぎはもとの 白うさぎ」

の歌詞をみれば秋の実りの時期の白い穂綿が頭に浮かぶ
だけど、「ガマ」の花粉は蒲黄(ほおう)と呼ばれ、止血剤
として有名で、白兎はガマの花(花粉)で傷を治したといわれている

himegamaobanamipuro255.jpg

ヒメガマの花は間もなく終わりを迎え、雄花はやがて枯れ落ちていく
雌花の変化・・・、分かりにくいなぁ

himegaobanahenpuro377.jpg

ヒメガマは晩秋から冬にかけて熟した実が割れ、白い綿毛をが顔を出す

himegamaakifuyupuro418.jpg

白い綿毛をよく見れば、種が見える
綿毛をつけた種が周囲にばらまかれていくのだ
冬には葉などが枯れていき、やがてヒメガマの姿は見えなくなる

himegamamipuro615.jpg

ヒメガマは春に芽吹き、急速に成長して
いま花の時期を迎えている

himegamamebaekarapuro570.jpg


神戸で見るガマの仲間にはヒメガマのほかガマとコガマを見る
ただし、ヒメガマを見ることが圧倒的に多い
ガマは近くの川で見ている
コガマは休耕田で稀に見ることがある。絶滅危惧種になっている
だけど、行っているビオトープで数年前に、なぜかコガマが急に生えてきた
水の中で大事に見守っているコガマなのだが、全体に衰えている
というのはわたしがコガマの生育条件を間違っていたのだ
コガマは水中が好きなのではなく、湿り気がある休耕田のようなところがいいのだ
今年はコガマを、コガマにとっていい条件のところへ移してやりたい

himegamanakamahipuro708.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント