テイカカズラは非常に変化に富んでいる

近くを歩いていたら、
この時期テイカカズラの葉がよく目立っている

teikaimamidopuro165.jpg

この時期、日当たりがよい場所でのテイカカズラの葉は
赤褐色に染まっていることが多い
強すぎる光を防ぐためなのだろうか?

teikaimakouzenpuro267.jpg

そう思いながら歩いていると
葉が赤褐色に染まったテイカカズラのそばで
イタビカズラが広がっている場所があった

teikaitabikeipuro356.jpg

よく見ていると赤褐色に染まったテイカカズラの葉は
大きさが一定ではない
大小いろいろな大きさのテイカカズラの葉がある

teikatayoitabipuro418.jpg

もちろん、この時期も葉が赤褐色に染まっていない
テイカカズラもある。特に光が弱い林床などでは・・
地面を這うテイカカズラの葉は小さく
上に伸び加減なところの葉は大きい

teikamidoiroiropuro587.jpg

春にテイカカズラを見ると赤褐色に染まっていた葉は
緑色に代わっていっている
この時期新馬が展開してくるが、展開し始めの葉は
強い光の害を防ぐため赤褐色になっている
(だけど、その適切な画像を撮っていない・・・)

teikaharuhapuro651.jpg

テイカカズラは春が深まってくるとつぼみが膨れだすとともに
新しい葉が目立っていく

teikasinnbapuro708.jpg

秋、テイカカズラは実の熟し始めるころ
役割を終えた葉が赤く染まっていき、やがて落葉する
テイカカズラは非常に変化に富んでいる

teikairoiroitipuro871.jpg

ネジキはやはり

この時期、近くの山を歩くと
ネジキの冬芽がとても目立ち、美しい
冬芽に目が行きがちなネジキだ

nejikiimafumepuro156.jpg

ネジキはこのネジキは冬芽が目立っているが
一方、よく見ると熟しきった実ができている

nejikimemiyopuro267.jpg

日当たりがよいやせた土地で見るネジキは
実をたくさんつけている

nejikitamipuro366.jpg

ネジキの実は上向きについている
実のようすを見るとツツジ科だな。と感じる

nejikimiyosupuro418.jpg

ネジキの花はベニドウダンなどと同じように
花は下を向いている
花のなかへ雨水がかからないように工夫しているようだ
コバノミツバツツジなどはよく向きに花を開いている
虫が呼べるように工夫しているのだが
やはり雨水が花の中に入らないように工夫している

nejikinakathanahipuro556.jpg

実を見るとネジキ、ベニドウダン、コバノミツバツツジともども
上向きにつけている
実が割れたとき、種を遠くへ飛ばす工夫をしているのだ
ネジキの花や実への工夫は多くのツツジ科のものと共通している

nejikinakamihipuro661.jpg

ネジキはツツジ科だが、やはり美しい冬芽はとても美しく
個性的だ

nejikifuyumepuro756.jpg

シュンランの実

今日、近くの山を歩いていると
ユリの実かと思うようなものが目に入った
ただ、下に見える葉はシュンランのようだ
実の柄をたどっていくとシュンランの根元に通じている
シュンランの実のようだ

syunranimamipuro165.jpg

シュンランといえば春に花が咲くのを
楽しみにしているものだ

syunranhanayopuro199.jpg

花にはすごく興味があるシュンランだが
実を見たのは初めてだ
と思って帰宅してみて・・・

syunranmiyopuro255.jpg

いままで撮ったシュンランの画像を見返してみると
10年以上前の秋にシュンランの実の画像を撮っていて
「シュンランの実」と名付けていた
シュンランの実を見たことはすっかり忘れていた

syunranwakamipuro356.jpg

シュンランはこの時期も花を咲かせる準備を始めているだろうなぁ・・・
早春につぼみが目立ってきて

syunrantubopuro418.jpg

春は役に興味ある花を開いてくれる
シュンランの花を見るのを楽しみにしている・・・

syunranhanayonapuro566.jpg

シナマンサクは寒い時期に

市内の公園を見ていると
シナマンサクの花が咲いていた
こよみの季節は春を迎えるのにこの時期に
見られる貴重な花だ

sinamanimaipuro166.jpg

シナマンサクは花は、まだ葉が落ちきれずに残っている

sinamanimakepuro253.jpg

六甲では自生種のマンサクがわずかに生えている
マンサクの花は2月下旬から3月初旬に見る
マンサクは、花の時期には葉はまったくない

smansakumasimakeipuro365.jpg

シナマンサクの花の花弁は、マンサクの花の花弁と比べると
すごく細い
それだけに、シナマンサクの花は清楚に見える

simansinamahanahipuro418.jpg

シナマンサクの花は早い年にはお正月ごろから見られる
寒い、花が少ない厳冬期にも目を楽しませてくれる花だ

sinamanhayahanapuro567.jpg

ヤマコウバシは冬の間も葉を

近くの山で、まだヤマコウバシの葉が目立っている
冬のあいだじゅう目を楽しませてくれるヤマコウバシだ

yamakoubasiimakeipuro176.jpg

ヤマコウバシは葉がまだ残っていて目立っているが
枝先を見ると、冬芽が徐々に成長している
春への準備をしているのだ

yamakoubasiimafuyumepuro276.jpg

ヤマコウバシは、ほかの多くの落葉樹と同じように
秋に葉を染めていく

yamakoubasikouhajipuro355.jpg

ヤマコウバシの葉は落葉樹としては葉が厚いため
赤褐色に染まった葉の紅葉光景はすごく美しい

yamakoubasikousakapuro418.jpg

秋が過ぎるとともに多くの落葉樹は葉を落とすが
ヤマコウバシの葉は秋が過ぎても残っている

yamakoubasifuyuhepuro571.jpg

ヤマコウバシの葉は冬の間も落ちないで
冬の山ではすごく目立つ
春を迎えるころ葉は徐々に落ちていく

yamakoubasiharuhepuro633.jpg

春が深まるとともにヤマコウバシの葉は役割を終え
落ちていく
それと変わるように冬芽が膨らみ緑色に変化していき
新しい葉を展開し始める

yamakoubasimetenpuro711.jpg