イヌノフグリはいつまでも

近くで、イヌノフグリを見るところがある
そこを通りかかったときに見たら
イヌノフグリの花が開いていた

inunofuguriimahanapuro165.jpg

いまは野で多く見るのはオオイヌノフグリだが、
オオイヌノフグリはヨーロッパ産の帰化植物
イヌノフグリが在来のものである
花の構造は同じだ
だけど、イヌノフグリは花が小さくて、
花が開いてもあまり目立たない

inufuguooinuhanahipuro255.jpg

いまでは、広いのでイヌノフグリを見ることがない
オオイヌノフグリなどがあまり生えない石垣の間などで
ひそかに広がっているのを見ることがあるだけだ

inunofugurigakizenpuro378.jpg

近年はイヌノフグリと同じ仲間でフラサバソウを
見ることが多くなってきた
これらの花は雄しべ2本、雌しべ1本を持つ花の構造は同じだ

inunofugunakahanamahipuro418.jpg

フラサバソウの花はイヌノフグリの花より少し小さい
4裂した花冠の裂片の間にすき間があるのは特徴的だ

inunofugunakahipuro511.jpg

イヌノフグリの名は実のようすが犬の陰嚢に
似ているとして名がついた
オオイヌノフグリは名に反して実はやせ細ったものだ
反面、花が小さいフラサバソウの実は立派だ

inunofugunakahimipuro655.jpg

オオイヌノフグリなどとの競争に負けてしまったイヌノフグリは
わずかなすき間などで細々と生き延びている
日本在来のイヌノフグリがいつまでも目を楽しませてくれる
ようであってほしい

inunofuguitumapuro767.jpg