シロヨメナを見ながら

今日は東播磨で自然観察会に参加した
そのときシロヨメナやシラヤマギクの花が目立ってきていた
これらの花を見たら「秋の野菊の季節になっているのだ」
と、とてもうれしくなり
観察会が終わってから近くの山へシロヨメナを見にいった
シロヨメナの花がたくさん咲いているところがあった

画像


今日、多く見たシラヤマギクは舌状花はまばらだ
そのようすが特徴的でかわいいのだが
舌状花が整っているシロヨメナの花は
「The 野菊」という感じがする

画像


近くの野山ではシロヨメナは多く見る
ところが以前、わたしはシロヨメナを見てイナカギクだと思っていた
葉柄が短かったり、無柄の様子を見てイナカギクだと思っていたのだ

画像


ところがイナカギクは茎の下部の葉の基部は確実に茎を抱いている
シロヨメナの葉の基部は茎を抱かない

画像


イナカギクの茎は毛がすごく多くある
シロヨメナの茎は毛は少なく、ときに無毛のものもある
神戸ではシロヨメナは多く見るが
イナカギクを見ることは少ない

画像


シロヨメナは多く見るノギクだが
ヨメナやノコンギクもすごく多く見るノギクだ
ところでシロヨメナの花(頭花)はヨメナなどの花(頭花)よりも小さい

画像


シロヨメナは花(頭花)は小さいが
たくさんの花が咲き乱れる光景はまさに野菊の光景だ
秋の野菊の季節を飾ってくれるシロヨメナの花を楽しんでいきたい

画像

"シロヨメナを見ながら" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント