アキグミと

近くの山でアキグミの実がたくさんなっていて
赤くなっていた
「子供のころこの実をよく食べたなぁ、すごし渋いけれど・・」
と思いながら、少し食べてみた

画像


このアキグミの実を食べると思いのほか甘い
よく熟していて渋みがほとんどない。甘い、甘い
山を歩いていてのおおごちそうだ・・・

画像


アキグミの近くでナワシログミが目に付いた
ナワシログミは花を開こうとしている
ナワシログミはこの時期が花が咲く時期なのだ

画像


神戸で見るグミに、アリマグミヤトウグミ、ツルグミなどもある
だがこれらはあまり多くない
多く見るグミはアキグミとナワシログミだ
アキグミは今、実が熟している時期だ
それなのにナワシログミは花の時期を迎えている

画像


秋に実が熟すからアキグミと名がついている
ナワシログミは春、苗代がつくられるころ実が熟すことから
名がついている
子供のころ田植えの作業を見ながら
麦わらでかごをつくり、そのかごに入れたナワシログミの実を
よく食べたものだ

画像


アキグミはこの時期、赤い実がだんだん目立ってくる
それとともに葉がだんだん落ちていくのだ。
アキグミは落葉樹なのだ
ナワシログミは厳しい寒さの時は葉が少し丸くなるが
冬も葉は落ちない、常緑樹なのだ

画像


葉が落ちたアキグミは早春に冬芽が膨らんで葉が展開してくる

画像


頑張っておいしい実をつくってくれたアキグミに
「はやく葉を落とし実も落としていいから、冬の間ゆっくりお休み」
といってやりたい気持ちで、おいしい実を食べていた

画像

"アキグミと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント