マンリョウやナンテンは・・

人里近くの山を見ていたら
マンリョウとナンテンがたくさん生えていた
野鳥などが種を運んできたのだろうな
それにしてもお正月らしくめでたさを感じる山だ
万両、千両・・のマンリョウと
難を転じる(難転)ナンテンが生えているのだもの・・・

画像


縁起がいいことからマンリョウ、ナンテンともども
お寺や家の庭などによく植えられている
真っ赤な実が長くみられることも縁起の良さと美しさを感じる
マンリョウとナンテンだ・・

画像


ところでマンリョウの実は秋が深まるころに赤くなり
赤い実は長く残る
夏に花が咲くころに花と実が同時に見られたりする

画像


マンリョウは野鳥に実(種)を運んでもらうために
実を野鳥によく目立つ赤色にしている
ところが野鳥に一度にたくさん食べられたら、あっという間になくなってしまうから
実はおいしくない(まずい)
そこで野鳥は赤い色に惹きつけられてきても、一度に多くは食べない
マンリョウは実を長い間かかって野鳥に少しづつ食べてもらい
広い範囲に実(種)を運んでもらおうと考えているようだ

画像


ナンテンも野鳥に目立つよう実を真っ赤に熟す
ところがこの実も長く残っている
ナンテンの実もマンリョウの実と同じようにまずいのだ
そのうえナンテンの実は少し毒が入っている
そのため野鳥はこの実を一度に多く食べられない

画像


こうしてナンテンも野鳥に長い期間、少しづつ実を運んでもらい
実(種)を広範囲にばらまこうとしているのだ・・・
植物の知恵はいろいろとすごいと思うことが多い・・

画像

"マンリョウやナンテンは・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント