ハエドクソウは役に立っていた

近くの山を歩いていると
ハエドクソウの花がたくさん咲いている

画像


山では花が少なくなったこの時期なので
貴重な花なのだが、花が小さくて目に留まりにくい・・・

画像


しかし、ハエドクソウの花を拡大してみると
白色にわずかにピンクを帯びた花は美しい

画像


ハエドクソウの花にはハエなどの虫がよくきている
しかし、花にハエ類がよく来るから「ハエ」と名がついたのではない

画像


むかし、水に浸けてハエを捕る黒い紙のハエトリ紙があった
この紙はハエドクソウの根を煮詰めた汁を浸み込ませているのだ
つまりハエドクソウの根は蠅(ハエ)を殺す毒をもっているのだ
画像は、昔を思い出して模擬的につくったものだが・・・・

画像


ハエトリガミの毒はハエドクソウの根から採っていた
だからハエドクソウは貴重だったはずだが・・・
先に毛があるハエドクソウの実は、衣服などにくっつく引っ付き虫だ
初秋に山を歩いているとハエドクソウの実がくっついて大変だ
今ではハエドクソウは厄介者になってしまっているのだ

画像


ハエドクソウは、目立たないけれど小さな美しい花を開きながら
「今でもうまく利用してくれたらハエが採れるよ」
といっているようだ

画像

"ハエドクソウは役に立っていた" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント