シラヤマギクが秋を

近くを歩いているとシラヤマギクの花が目に付きだした
シラヤマギクは野菊のひとつ
秋の野菊の季節の始まりだ

画像


といっても今日も暑い暑い。暑さ真っ盛りなのに
でもこよみでは、数日後の7日は立秋なのだ
植物は秋の季節が近いことを感じている
「キハギなどの萩の花も目立ってきただろう」
とシラヤマギクが言っているようだ
「シラヤマギクは花を野菊の最初に咲かせなければ。」
と慌てたのか。白い舌状花はまばらで不ぞろいだ

画像


シラヤマギクの葉を見ると茎の上部の葉は幅が狭く
ヨメナやノノコンギクなどほかの多くの野菊たちと
雰囲気がそんなに大きくは変わらないが・・・

画像


茎の下部の葉は、広い広い・・・
「これが野菊の葉?」という雰囲気だ・・・

画像


そういうと、シラヤマギクは反論するだろう
「秋遅くに花咲くヤクシソウは野菊と間違う人があるけれど
あの花は野菊の花じゃないよね」と・・・

画像


ヤクシソウの花は舌状花ばかりでできている
ヤクシソウはキク科だがオニタビラコ属だ
シラヤマギクは舌状花のなかに筒状花がある
花の構造はヨメナやノコンギクなどの野菊類と同じだ
それらと同じキク科シオン属だよ

画像


シラヤマギクは秋の野菊の先陣を切って
花が開いてきた
暑いけれど植物たちは秋が近いことを感じている

画像

"シラヤマギクが秋を" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント