ツルウメモドキは目立つ時期だ

今日、近くの里道を歩いていると
ツルウメモドキの実がすごく目立っていた

画像


ツルウメモドキは今は葉がほとんど落ちてしまって
実の黄色い皮が落ちていき
赤い仮種皮が目立ってきているところだ
変化が楽しい時期なのだ

画像


ツルウメモドキは11月の紅葉の時期から冬の前半にすごく目立っている
葉が黄色く染まる時期は葉の美しさに実が埋まってしまって
実は目につきにくい
いまの時期に黄色い皮がむけていき赤い仮種皮が目立ってくる
皮が落ちた後はウメモドキは赤く染まりきって
これからは、いま以上に目立ってくる

画像


冬が深まってくると種は鳥たちに食べられてしまって
実の皮だけが残っている
このようになったツルウメモドキはあまり目立たない

画像


春になると新しい葉が展開し
春が深まるころに花が開くが
ツルウメモドキの花咲く光景はあまり目立たない

画像


ツルウメモドキは雌雄異株だ
花弁は淡緑色で5枚
雌花は雄しべが退化していて雌しべだけが目立つ
雄花は逆に雄しべだけが目立つ

画像


花がおわると秋にかけて実を膨らませていくが
緑の葉にうずまるあまり変化しない実がある光景は
変化が少ない
春から秋にかけてはツルウメモドキは目立たない時期だ
秋が深まって葉が染まっていく時期から目立ち
今はツルウメモドキの目立つ時期だ

画像


それにしてもツルウメモドキの仲間たちを見ていると
花を見ても花弁の数は4枚のものや5枚のものがある

画像


ツルウメモドキの仲間たちの一つの実からできる種子の数は
2個、4個、5個のものがあり多様だ
ツルウメモドキの仲間たちは
好き勝手に進化しているように見えて興味深い

画像

"ツルウメモドキは目立つ時期だ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント