ジョウビタキを見ながら

冬のこの時期になれば野鳥を見ることが多い
しかし、わたしは今年はなぜか野鳥に目を向けることが少ない
そのようなわたしにジョウビタキが
「見えるかな・・」というように離れたところから見ていた

画像


あまり関心を向けない私に
「少しはじっくり見ろよ」というように近くに出てきてくれた
ジョウビタキは丸いつぶらがかわいいと思う

画像


特に丸いつぶらがかわいいと感じるのは雌だ
そのかわいさに、ついつい雌の画像をパチパチと撮ってしまう

画像


一方、ジョウビタキの雄は、色が濃く、貫録を感じる
しかし、野鳥の画像の命は目がはっきりと撮れることだ
だが、ジョウビタキは黒っぽい顔の中に黒っぽい目があり
目がほとんどわからない下手な画像ばかり撮っている私だ

画像


う~ん、このジョウビタキの雄は目がわかるよね・・・
でも雌の画像ほど目がくっきりとは写ってないなぁ・・・

画像


野鳥を専門に撮る方は野鳥の動きのいろいろ
つまり野鳥の生活そのものを感じる、多種な動きの画像を撮られている
わたしは、まさに野鳥がすました静止画を、それもピンボケで・・・
野鳥のいろいろな動きのある画像を撮りたいなぁ・・・

画像


ジョウビタキを見ていたら、飛び立ってくれた・・・
それシャッターチャンスだ・・・
だがピンボケの画像・・・
野鳥の画像をうまくは撮れない私だが、野鳥に遊んでもらえたらうれしいよ

画像

"ジョウビタキを見ながら" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント