シハイスミレを楽しんだ

今日、近くの山を歩いていたら
シハイスミレの花がたくさん咲いていた
近くの山では見ることが多いスミレだ

画像


シハイスミレは紫背菫
名前は葉の裏つまり葉の背中が紫色のスミレという意味だ

画像


シハイスミレも自生種だから花の色は濃淡いろいろ
株によって花の色は違う

画像


今日、シハイスミレを見たところでは
葉の色が黒紫色のハグロシハイスミレもあった

画像


よく見ていると、シハイスミレとハグロシハイスミレが
混ざりあって群れて生えているところもあった

画像


ハグロシハイスミレは六甲では見ることは稀だが
西神戸方面の山では見ることが多い

画像


シハイスミレは葉が水平方向にあるが
六甲の山上では葉が垂直に近い型のシハイスミレを見ることがある
特に、葉が細く、ほぼ垂直で花より葉の先が高い型のものはマキノスミレと呼ばれ
神戸より東の地方で見られるが、
六甲はシハイスミレとマキノスミレの分布の境界のようだ

画像


今日は、たくさんのシハイスミレを見て楽しむことができた

画像

"シハイスミレを楽しんだ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント