タチツボスミレを見ながら

山を歩いていたらタチツボスミレの花が咲いていた
スミレ類の花が次々に見られるようになって
とてもうれしい時期だ

画像


神戸ではタチツボスミレを見るのは山の中腹より上が多い

画像


タチツボスミレを見た近くでナガバノタチツボスミレの花が咲いていた

画像


タチツボスミレとナガバノタチツボスミレはすみ分けているように見える
ナガバノタチツボスミレは里や山の下部で見ることが多い

画像


タチツボスミレとナガバノタチツボスミレの若い時期の葉は形がよく似ている
タチツボスミレの葉は質が薄く葉脈に赤紫色の筋がほとんど入らない

画像


タチツボスミレは花柄の苞葉が上部についているのは特徴だ
また托葉の切れ込みはナガバノタチツボスミレより浅い

画像


タチツボスミレの花の色は淡紫色なのだが
よく見ていると濃淡いろいろな花の色のものがある

画像


中には花の色が真っ白なタチツボスミレもあり白花タチツボスミレと呼ばれる
わたしはまだ白花タチツボスミレは見たことはない
「あっ! 白花タチツボスミレだ!」と思いよく見てみると距が淡紫色を帯びていた
わたしが見たのはオトメスミレだったのだ
オトメスミレは葉花冠が白色で距が紫色を帯びているタチツボスミレのことだ

画像


山で淡い色の花を開き、春の明るい光景をつくってくれている
タチツボスミレだ

画像

"タチツボスミレを見ながら" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント