カキランはいまが・・

今日、通りかかった土手でカキランの花が咲いていた

画像


カキランは神戸では絶滅危惧種になっているが
近年、少し見ることが多くなってきているのは
とてもうれしいことだと思う

画像


カキランの花の側花弁は橙黄色、唇弁の内側に紅紫色の斑紋があり
見れば見るほど美しい花だと思う

画像


カキランの名は花の色が柿の実のの色をしているランという意味でついている
すごく納得がいく名前だ

画像


カキランの別名はスズラン、つぼみの形が鈴の形をしたランという意味だ
スズランは花の形が鈴の形でランに似ていることから名がついているが
キジカクシ科(旧ユリ科)のものでラン科ではない

画像


美しい独特の花を開いているカキランはいまが見ごろの時期だ

画像

"カキランはいまが・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント