アセビはこれからしばらく

近くの山でアセビの花が咲き始めた
この花を見ると花の季節が近いことを感じる

asebiimahanapuro155.jpg

アセビの花の咲き始める様子はとてもかわいい
思わず見入ってしまう

asebisakidasipuro255.jpg

アセビの花のようすはかわいく美しいのだが
全体に毒をもっていて、アセビが生えているところは
笹以外に生えることができない木が多く
アセビの純林になってしまう

asebijyunpuro365.jpg

とはいえ、これからアセビの花の数が増えてくると
ますます光景が美しくなる

asebihanakipuro418.jpg

花の色がピンク色のアケボノアセビが咲いてくる

asebiakebonopuro561.jpg

アセビの花が終わると新しい葉が展開してくる
その様子がまたまた美しい
これからしばらく見るのが楽しみなアセビだ

asebiwakabapuro671.jpg

ヤブツバキの花、今年は・・・

近くの山へ行くとヤブツバキの花が
やっと咲き始めていた
今年はずいぶんと待たされた花だ

yabutubakiimayopuro176.jpg

ヤブツバキの花は晩秋にぽつぽつ咲き始める
今年度も12月にヤブツバキの花を少し見ていた

yabutubakihayayopuro276.jpg

だけど、急激な寒い日があったためか
今年はお正月過ぎからヤブツバキの花を見なかった
例年、お正月を過ぎても、わずかだが花を見るのだが・・・

yabutubakisamukipuro356.jpg

神戸では数か所、広い範囲にわたってヤブツバキばかりが
生えている」ヤブツバキの純林がある

yabutubakirinpuro471.jpg

ヤブツバキの順林があるのは種から油を採って
利用していたのではないかな。と思っている

yabutubakitanepuro535.jpg

わたしたちは、ヤブツバキの花が咲く数が多いか少ないかについては
無頓着だが、昔の人がヤブツバキの油などを利用していたとすれば
花が咲く様子には非常に関心を追っていたはずだ
いまでも、野鳥たちはヤブツバキの花が咲く様子には
関心を持っているだろうなぁ・・・

yabutubakihanakapuro671.jpg

なにせ、ヤブツバキの花には蜜がたっぷりあるから
野鳥たちにとっては大ごちそうなのだから・・・

yabumejipuro761.jpg

オオイヌノフグリの花期は・・

昨日行った公園で、オオイヌノフグリが広がり
たくさんの花が咲いていた
冬であるこの時期としてはとてもうれしい光景だ

ooinunofugunpuro156.jpg

ナズナの白い花、ホトケノザのピンクの花も咲いていて
それぞれの花の色の競演をしている、という感じだ

ooinuiroiropuro278.jpg

オオイヌノフグリは秋から花を見ることがある
だけど、厳しい寒さが来ると葉は傷んでしまう

ooinusamusapuro367.jpg

やはりオオイヌノフグリは春の到来を知らせてくれる花なのだ

ooinuharugunpuro418.jpg

だけど、春が深まり、多くの草木の花が咲き乱れるころ
オオイヌノフグリの花の時期は終わってしまう
早春の身近い期間が花期のものなのだ

ooinuharuosopuro561.jpg

まだまだ空気が冷たい早春に急いで花を開き
虫を花に予備、実をつくる
短い花期のオオイヌノフグリなのだ

ooinumidukupuro651.jpg

ホトケノザの花が・・

今日、近くの農業公園へ行った
黄色いアブラナの花が咲き乱れていて
春の花園の雰囲気だ
アブラナと混じるようにたくさんのホトケノザが
花を開いていた

hotokeaburanapuro176.jpg

ホトケノザはあちこちで花を開いている
ナズナと共演しているところもあった

hotokenazunapuro276.jpg

ホトケノザとオオイヌノフグリの花が
咲き乱れている様子も・・・・
春の花の季節が来ているのだよ。という感じだった

hotokeooinupuro365.jpg

春の花は、それぞれが個性的だ
ホトケノザの花は顔のようにも見える
そのように花を見て楽しめる季節がすぐそこまで来ているのだ

hotokekaopuro418.jpg

コバノミツバツツジの花がはやくも・・

今日、近くの山へ行ったとき
お目当てのコバノミツバツツジのようすを見た
予想通り、花が咲き始めていた
毎年、開花がはやい木なのだ

kobanomitubaimahanapuro188.jpg

そこはコバノミツバツツジが非常に多いところなのだが
全体には、まだつぼみかたし。という状態だ

kobanomitubaimatubopuro255.jpg

多くのコバノミツバツツジは3月下旬ごろに開花してくる

kobanomitubahajimepuro356.jpg

「4月になれば、たくさんのコバノミツバツツジの花で
山を美しく飾ってあげるから、あまり慌てなさんな。」
こコバノミツバツツジに言われているようだ
まもなく花の季節が来る
あまり慌てずに・・・。

kobanomitubamankepuro418.jpg

フユアヤメの花が

今日は簡単ブログで・・・
今日、観察会に参加して市街地をまわったが
ウメの花は見事だったが、それ以外では
フユアヤメだけが目立っていた

fuyuayamaimapuro115.jpg

フユアヤメは花が少ない時期の貴重な花として
植えられていることが多いが
野に逸脱しているのを見ることもある
園芸の花の逸脱はいろいろな問題をはらんでいるなぁ・・・

fuyuayamenohanapuro255.jpg

クロモジは冬のあいだ

近くの山を歩いているとクロモジの冬芽が目立っている
花が見られない時期だから
クロモジのこのような様子も見ていて楽しい

kuromojiimakeipuro153.jpg

クロモジはいま新しい葉と花の準備を懸命にしているのだ

kuromojiimafuyuyopuro255.jpg

クロモジは秋に葉が黄色く染まって
美しい光景を見せてくれる

kuromojikouyoupuro356.jpg

クロモジの紅葉が終わるころによく見ると
葉や花をつくる冬芽ができている

kuromojiakifuyumepuro418.jpg

クロモジは冬の間じゅう、葉や花をつくる準備を
しているのだ

kuromojifuyumehennpuro577.jpg

クロモジはコバノミツバツツジの花が咲くころ
冬芽が割れて花や葉を展開しはじめっる

kuromojifuyuhapuro680.jpg

クロモジは、春に輝くような花の光景をつくるため
いまは懸命の努力をし続けているのだ。

kuromojihanakeipuro722.jpg

ネジキは新枝が

今日、近くの山へ行ったら
ネジキの光沢を帯びた赤褐色色の新しく伸びた枝が目立っていた

nejikiimakeipuro176.jpg

この美しい赤褐色のネジキの枝は
花材として喜ばれているようだ
ほんとに美しい

nejikiedabipuro267.jpg

新枝の先についているネジキの冬芽は
色もかたちも美しい

nejikifuyumepuro357.jpg

ネジキは冬には赤褐色の美しい新枝が目を楽しませてくれるが
秋にはネジキは色づいた葉がとても美しい
ネジキは秋から冬にかけて赤褐色色に染まっている

nejikikouyoupuro418.jpg

春を迎える3月末ごろにネジキを見ると
冬芽が割れて新しい葉を展開していく

nejikikorekarapuro565.jpg

6月ごろ、緑色の葉の光景の中で、白い美しい花を開く
ネジキは秋から冬にかけては赤褐色に目立つが
春から初夏にかけては緑色の葉、白色の花
つまり緑色の光景の中で活動している

nejikihanakeipuro651.jpg

キョウチクトウの実が割れて

キョウチクトウの木を見つけ、よく見ていたら
実が割れて、綿毛がついた種がたくさん見えていた
種が風に流され運ばれるのだ

kyoutikutouimamipuro155.jpg

近くの野山でよく見るテイカカズラも実が割れて
綿毛がついた種が顔を出していた
キョウチクトウとテイカカズラはどちらも
キョウチクトウ科だ

kiteikaimamipuro256.jpg

キョウチクトウとテイカカズラの種を見比べると
実によく似ている

kyoutikuteikaimamihipuro351.jpg

スクリュウのようにねじれてついている花冠
雌しべは奥の方にあることも
キョウチクトウの花とテイカカズラの花は
同じ仕組みだ

kiteikahanahipuro418.jpg

花に来た虫も特別な種でなければ奥の方にある雌しべに
受粉させることは困難なようだ
原産とにはそのような虫は多いのだろうが、この近辺には
少ないようで、花はたくさん咲くが
できる実は少ない
だけど、神戸の南面の山や市街地では実が多くできている
キョウチクトウやテイカカズラを見ることがある

kyouteikamitahipuro586.jpg

実が熟すこの時期はキョウチクトウを興味深く見て
楽しんでいるが
美しい花が咲くときは、何もかも忘れて
花を愛でることができるキョウチクトウだ

kyoutikutouhanakepuro671.jpg

ヒメリュウキンカの花を見ながら

神戸市街地の川底でヒメリュウキンカの花が咲き
とても美しかった

himeryuukinkawapuro133.jpg

ヒメリュウキンカはヨーロッパなどが原産のもので
日本では園芸で入ってきて、いまは逸脱したものが
あちこちで見られるようになっている

himeryuuuepuro276.jpg

一方、リュウキンカは本州や九州の山の湿地などで見られる
兵庫県では、変種のエンコウソウであるとされ、
絶滅危惧種Bランクとされている

hiryuukinsinpuro367.jpg

ヒメリュウキンカとリュウキンカはどちらも花弁がない
美しいガク片のようすが違う

himeririhanahipuro418.jpg

まだ寒い時期から美しい花を開いてくれるヒメリュウキンカは
見てとてもうれしい花だが
あまり増えすぎないでいてほしい園芸の逸脱の花だ

himeryuukinimagupuro560.jpg

ウメの花の季節が・・

今日、神戸市街地にある梅林を見に行った
もう満開になっている梅の木もあった

umeimakoumanpuro156.jpg

これからしばらく見ごろの時期を迎えている
そういえば来る12日が旧暦の元旦だ
この時期になると「新春」という語がぴったり合うなぁ
ウメの花が新春を告げている

umeimasiropuro266.jpg

ウメの花は桜と同じように花弁は5枚だ
だけど花弁の数が多い八重咲きの花のウメの木が多い

umehanaseiyaepuro367.jpg

ウメの八重咲きの花をよく見ると
雄しべが花弁に代わっている様子が見られる

umekabengapuro418.jpg

八重咲きのウメの花は雄しべが花弁に変化しているから
花弁が増えている数だけ雄しべの数が少ない

umeyaosisyopuro571.jpg

八重咲きなどのようすなどマニアックなことを考えずに
ウメの花の美しさを堪能しないといけないね

hanakeiyapuro651.jpg

アセビが花の季節が近い・・・

今日、近くの山を歩いていると
花が全く見られない。モチツツジなどの返り花などが
例年この時期には見られるのに・・・
アセビの花もこの時期は見ごろなはずなのに、つぼみばかり・・・
そう思いながら歩いていると、花が開いているアセビが目に入った

asebiimahanapuro167.jpg

見上げると大きなアセビの木が光をいっぱい浴びて
たくさんの花が開いている
今年は近くの山でアセビの花を見るのは初めてだ

asebiimahanakeipuro276.jpg

アセビの花は例年ならば12月に花が開いてくる

asebihayahanapuro356.jpg

お正月ごろにはアセビの花はかなりみられ
お正月巣J¥義にはたくさんのアセビの花を見る
というのが例年の様子なのだが・・今年は
アセビの開花がすごく遅い

asebifuyuhanapuro418.jpg

アセビの花はこれからソメイヨシノの花が咲くころまで
楽しむことができる

asebihanamapuro589.jpg

アセビの花は形が美しくて目を楽しませてくれる
紅色を帯びた花のアケボノアセビも楽しめる
アセビが花の季節が近づいていることを知らせてくれていた

asebiakebonopuro651.jpg

テイカカズラは非常に変化に富んでいる

近くを歩いていたら、
この時期テイカカズラの葉がよく目立っている

teikaimamidopuro165.jpg

この時期、日当たりがよい場所でのテイカカズラの葉は
赤褐色に染まっていることが多い
強すぎる光を防ぐためなのだろうか?

teikaimakouzenpuro267.jpg

そう思いながら歩いていると
葉が赤褐色に染まったテイカカズラのそばで
イタビカズラが広がっている場所があった

teikaitabikeipuro356.jpg

よく見ていると赤褐色に染まったテイカカズラの葉は
大きさが一定ではない
大小いろいろな大きさのテイカカズラの葉がある

teikatayoitabipuro418.jpg

もちろん、この時期も葉が赤褐色に染まっていない
テイカカズラもある。特に光が弱い林床などでは・・
地面を這うテイカカズラの葉は小さく
上に伸び加減なところの葉は大きい

teikamidoiroiropuro587.jpg

春にテイカカズラを見ると赤褐色に染まっていた葉は
緑色に代わっていっている
この時期新馬が展開してくるが、展開し始めの葉は
強い光の害を防ぐため赤褐色になっている
(だけど、その適切な画像を撮っていない・・・)

teikaharuhapuro651.jpg

テイカカズラは春が深まってくるとつぼみが膨れだすとともに
新しい葉が目立っていく

teikasinnbapuro708.jpg

秋、テイカカズラは実の熟し始めるころ
役割を終えた葉が赤く染まっていき、やがて落葉する
テイカカズラは非常に変化に富んでいる

teikairoiroitipuro871.jpg

ネジキはやはり

この時期、近くの山を歩くと
ネジキの冬芽がとても目立ち、美しい
冬芽に目が行きがちなネジキだ

nejikiimafumepuro156.jpg

ネジキはこのネジキは冬芽が目立っているが
一方、よく見ると熟しきった実ができている

nejikimemiyopuro267.jpg

日当たりがよいやせた土地で見るネジキは
実をたくさんつけている

nejikitamipuro366.jpg

ネジキの実は上向きについている
実のようすを見るとツツジ科だな。と感じる

nejikimiyosupuro418.jpg

ネジキの花はベニドウダンなどと同じように
花は下を向いている
花のなかへ雨水がかからないように工夫しているようだ
コバノミツバツツジなどはよく向きに花を開いている
虫が呼べるように工夫しているのだが
やはり雨水が花の中に入らないように工夫している

nejikinakathanahipuro556.jpg

実を見るとネジキ、ベニドウダン、コバノミツバツツジともども
上向きにつけている
実が割れたとき、種を遠くへ飛ばす工夫をしているのだ
ネジキの花や実への工夫は多くのツツジ科のものと共通している

nejikinakamihipuro661.jpg

ネジキはツツジ科だが、やはり美しい冬芽はとても美しく
個性的だ

nejikifuyumepuro756.jpg

シュンランの実

今日、近くの山を歩いていると
ユリの実かと思うようなものが目に入った
ただ、下に見える葉はシュンランのようだ
実の柄をたどっていくとシュンランの根元に通じている
シュンランの実のようだ

syunranimamipuro165.jpg

シュンランといえば春に花が咲くのを
楽しみにしているものだ

syunranhanayopuro199.jpg

花にはすごく興味があるシュンランだが
実を見たのは初めてだ
と思って帰宅してみて・・・

syunranmiyopuro255.jpg

いままで撮ったシュンランの画像を見返してみると
10年以上前の秋にシュンランの実の画像を撮っていて
「シュンランの実」と名付けていた
シュンランの実を見たことはすっかり忘れていた

syunranwakamipuro356.jpg

シュンランはこの時期も花を咲かせる準備を始めているだろうなぁ・・・
早春につぼみが目立ってきて

syunrantubopuro418.jpg

春は役に興味ある花を開いてくれる
シュンランの花を見るのを楽しみにしている・・・

syunranhanayonapuro566.jpg

シナマンサクは寒い時期に

市内の公園を見ていると
シナマンサクの花が咲いていた
こよみの季節は春を迎えるのにこの時期に
見られる貴重な花だ

sinamanimaipuro166.jpg

シナマンサクは花は、まだ葉が落ちきれずに残っている

sinamanimakepuro253.jpg

六甲では自生種のマンサクがわずかに生えている
マンサクの花は2月下旬から3月初旬に見る
マンサクは、花の時期には葉はまったくない

smansakumasimakeipuro365.jpg

シナマンサクの花の花弁は、マンサクの花の花弁と比べると
すごく細い
それだけに、シナマンサクの花は清楚に見える

simansinamahanahipuro418.jpg

シナマンサクの花は早い年にはお正月ごろから見られる
寒い、花が少ない厳冬期にも目を楽しませてくれる花だ

sinamanhayahanapuro567.jpg

ヤマコウバシは冬の間も葉を

近くの山で、まだヤマコウバシの葉が目立っている
冬のあいだじゅう目を楽しませてくれるヤマコウバシだ

yamakoubasiimakeipuro176.jpg

ヤマコウバシは葉がまだ残っていて目立っているが
枝先を見ると、冬芽が徐々に成長している
春への準備をしているのだ

yamakoubasiimafuyumepuro276.jpg

ヤマコウバシは、ほかの多くの落葉樹と同じように
秋に葉を染めていく

yamakoubasikouhajipuro355.jpg

ヤマコウバシの葉は落葉樹としては葉が厚いため
赤褐色に染まった葉の紅葉光景はすごく美しい

yamakoubasikousakapuro418.jpg

秋が過ぎるとともに多くの落葉樹は葉を落とすが
ヤマコウバシの葉は秋が過ぎても残っている

yamakoubasifuyuhepuro571.jpg

ヤマコウバシの葉は冬の間も落ちないで
冬の山ではすごく目立つ
春を迎えるころ葉は徐々に落ちていく

yamakoubasiharuhepuro633.jpg

春が深まるとともにヤマコウバシの葉は役割を終え
落ちていく
それと変わるように冬芽が膨らみ緑色に変化していき
新しい葉を展開し始める

yamakoubasimetenpuro711.jpg

カゴノキの大木は根も鹿の子模様だ

今日、山を歩いているとカゴノキが多くあった
樹皮が剥がれ落ち鹿の子模様になっていて
わかりやすい特徴的な木だ

kagonokiimamikipuro176.jpg

といっても、カゴノキも幼木は樹皮が剥がれ落ちていない
この時期は見分けにくいなぁ・・・

kagonokiyoupuro199.jpg

カゴノキは年齢を経るにしたがって樹皮を剥がれ落とし
鹿の子模様になっていく

kagonokiseityoupuro266.jpg

ところで、今日、根元が崩れたのか根が見える
大きなカゴノキがあった
その根を見てびっくりだ
カゴノキの大木は根も樹皮が剥がれ落ち鹿の子模様になっている!

kagonokiuenepuro357.jpg

カゴノキは根のかなり細い部分も鹿の子模様だ
このような様子に気づいたのは初めてだった

kagonokisitanepuro418.jpg

カゴノキの大木はかなり細い根まで
樹皮が鹿の子模様に剥がれ落ちていた

kagonokihosonepuro560.jpg

ホシハジロは見ていて楽しい

市街地の海岸を見ていたらホシハジロがいた

hosihajiroimapuro177.jpg

ホシハジロは海岸で見ることもあるが、
神戸の山間の池などでも見ることがあるカモだ

hosihajiroikepuro199.jpg

ホシハジロが群れでいて
それぞれがのんびりくつろいでいるようだ
寝ているようで面白くないなぁ・・・

hosihajironerupuro277.jpg

と思って見ていたら
「寝てなんかないよ、毛づくろいしているのだよ」
といっているようなホシハジロもいた

hosihajirokedupuro365.jpg

いやいや、寝ているホシハジロの多いこと
でも、のんびりできていることはいいことだね

hosihajiromatapuro561.jpg

そんなのんきなことは言っていられない
食べ物をとらなくちゃ飢え死にしてしまう
見ていて楽しいホシハジロだ

hosihajirounpuro677.jpg

ユリカモメを見ながら

昨夜は忙しくブログが書けなかったので
朝に書いている
昨日通りかかった海辺でユリカモメが飛んでいた

yurikamomeimatotapuro167.jpg

ユリカモメといえば10年ほど前の明石駅を思い出す
明石駅に接して明石城の濠(ほり)でユリカモメがたくさん見られた
人に食物をもらいたくて多数のユリカモメがいるのだ

yurikamomemijitopuro267.jpg

にぎやかな駅のそばで、たくさんいるユリカモメの姿は
たくさんの子供や大人を楽しませてはいたが・・・
野鳥が人から食べ物をもらう姿は・・・やはり問題だ

yurikamometantopuro376.jpg

いまは明石駅そばの濠でユリカモメを見るのは少ないが
少し離れた明石城内の池では大群のユリカモメがいる
場所を移しているのだ

yurikarunapuro418.jpg

ユリカモメなど野生の生き物は見れていたらすごくかわいい
だけど、人から食べ物をもらうことに興味を持つようになったら
野生の姿はなくなっていく

yurikamomemuredapuro561.jpg