ロウバイの花を存分に

今日はバタバタしているので簡単ブログで・・・
いま近くを歩いているとあちこちでロウバイの花が咲いている

roubaiimahanapuro167.jpg

ロウバイは寒の季節のこの時期に明るい花の景色をつくり
目を楽しませてくれる貴重な花だ

roubaiimakeipuro265.jpg

ロウバイは花が開く前に葉は紅葉にして落ちるが
葉はべたべたしていて、触るのが嫌だ

roubaihapuro355.jpg

ロウバイは花の中心も淡黄色いソシンロウバイと
花の中心が赤褐色のマンゲツロウバイがある
ソシンロウバイの方が「蝋梅」らしいなぁ・・・

roumanhanahipuro418.jpg

花が少ないこの時期、存分にロウバイの花を楽しんでおこう

roubaihanakeipuro570.jpg

ウメの花をのぞき込む期間・・・

昨日、神戸の市街地にある有名な岡本梅林へいき
ウメの花のようすを見た
ウメの花はもうかなりたくさん咲きだしていた
春がそこまで来ていると感じられるうれしい光景だ

umeimakeipuro176.jpg

ウメの花は赤花が白花より開花がやや早い傾向があるが
近年はいろいろな品種のウメがあって
一概に白花が遅いとは言い切れない

umesiroimapuro276.jpg

ウメの花は改良され八重咲きの花も多いが
基本は花弁が5枚雌しべが1本
これらの数はサクラの花と同じだ

umeimahanamakupuro376.jpg

ウメの花はこれから長く咲き続け、
やがて春になってソメイヨシノの花とバトンタッチをする
これからのウメの花が咲いている期間、花をのぞき込む楽しみがある

umeosohanapuro418.jpg

というのは、ウメの花は雌しべが1本のはずだが
稀に雌しべが2本、3本・・・それ以上の数がある花を見ることがある

umehanayatupuro561.jpg

雌しべ2本の1つのウメの花からは2個の実ができる
一つのウメの花から多くの実ができるウメを八房のウメと呼ばれている
これからウメの花をのぞき込むのが楽しみな季節だ

umeyatufusapuro651.jpg

ツタバウンランの花が目を楽しませてくれる

今日、市街地を歩いていると
日当たりがいい溝でツタバウンランの花が咲いていた

tutabaunimahanapuro176.jpg

花をほとんど見ないこの時期だから
ツタバウンランの花がたくさん咲く光景を見ると
とてもうれしく感じる

tutabaunhiropuro265.jpg

ツタバウンランは大正年代に園芸の花として
ヨーロッパから入ってきた
葉がツタの葉に似ているとして「ツタバ」の名が
ついている

tutabanakahahipuro367.jpg

「ウンラン」の名は、花が海岸の砂地に生える
ウンランの花に似ているとして付いたということだが
わたしはウンランの花は見たことがない
マツバウンランの花とは似ているなぁ・・・

tutaunmatuunhipuro418.jpg

ツタバウンランはときに白花を見ることがある

tutabaunsirobanapuro560.jpg

ツタバウンランは寒い冬から春にかけて
目を楽しませてくれる貴重な花だ

tutaunkitipuro671.jpg

メジロはこの時期いろいろと

雨が3日降り続いている
この時期、野鳥が目を楽しませてくれるが
その中でもメジロが多く顔を見せてくれる

mejiromijipuro177.jpg

木の上から、「何をしているの」
と言っているように見下ろしているメジロも多い

mejirouekarapuro267.jpg

「これおいしいよ」と食べ物を見せてくれているね
このメジロは

mejirotikaasopuro376.jpg

「のんびりしていたのだけれど、ついつい必死になっちゃった」
とのメジロを見るのは楽しい

mejirohiltusipuro418.jpg

「うぅ~、くちばしが実と違うところへいっちゃった」

mejironeraihapuro561.jpg

「お腹はいっぱい」とカップル?でくつろぐメジロたち
身近な野鳥のメジロはこの時期、いろいろと目を楽しませてくれる

mejironakayokupuro677.jpg

トチノキはおもしろそう

先日、トチノキの枝が伸び、見事な光景をつくっていた
枝先をよく見ると冬芽が案外大きい

totinokikeipuro165.jpg

トチノキは、身近で見ることが少なく
あまりよく見ていないのだが
冬芽をよく見るとべたべたしている
調べてみると、べたべたしているのは乾燥を防ぐため
とか、寒さを防ぐため。などと記されていることが多い

totinokifuyumemapuro216.jpg

それにしても、トチノキは興味深いなぁ・・・
わたしのこれまでの画像を見返してみた
冬芽が動きかけたころのものだなぁ・・・。これは
それにしても、葉が展開していく時期の画像はない・・・

totinokihayaharupuro356.jpg

トチノキの花の景色の画像はまぁまぁあるが
マクロ的に近くで撮った画像はない・・・。
トチノキは大きい木が多いなぁ・・・

totinokihanajikipuro418.jpg

トチノキの紅葉光景の画像はかろうじてあるが
実の画像は・・・ない・・・

totinokikouyoupuro533.jpg

トチノキの下を見ると幼木が出てきているのを見ることがある

totinokimebaepuro655.jpg

トチノキは兵庫県では北部の山の渓谷などで多く生え
どんどん芽生えてきている姿を見る
トチノキの季節ごとの変化をじっくりと見てみたい
おもしろそうだもの・・・

totinokiyoubokupuro761.jpg

  

クロモジは春に向けて

昨日、歩いた山の道沿いで
クロモジの枝が目立っていた
枝には冬芽がたくさんついていた

kuromojiimakeipuro155.jpg

クロモジの冬芽は葉芽のまわりを数個の花芽が取り囲んでいる
非常に特徴的で目につきやすい冬芽だ

kuromojifuyumeyopuro255.jpg

クロモジは、冬芽の中で春に向けて花や葉の準備を
懸命に行っている
だから、冬の間も冬芽は膨れ続けている

kuromojimehenpuro366.jpg

クロモジは3月下旬ごろから花を開きはじめる
4月中旬ごろ葉芽を開いて葉を展開し始める

kuromojitenkaipuro418.jpg

クロモジは花が開いて、葉の展開が目立ってくるまでが
一番花が目立つ期間だ

kuromojikeihanapuro576.jpg

クロモジの花が開き、光景を黄金色に染める時期は
もうすぐ来るね。待ち遠しいなぁ・・・

kuromojihanasomepuro655.jpg

クマノミズキの幼木のようすを

コロナウイルスの件もあり、例年と変わった
近くの山道を歩くことが多い
そのような場所でクマノミズキの幼木を見ることが多い
初めは何だろう?と戸惑ったが
枝は対生に出ている

kumanomizukiyoimapuro155.jpg

特徴的な冬芽のようすなどから
クマノミズキと分かる

kumanomizukiimafuyupuro255.jpg

クマノミズキは近くの山中で見ることが多い
パイオニア的な木で、谷を埋め尽くすようは
階段状の樹形が特徴的だ
枝を広げ花が咲く光景は見事だ

kumanomizuhanakeipuro366.jpg

秋の実が熟すころのクマノミズキは
赤く色づいた花(実)枝がすごく目を惹く

kumanomizumikeipuro418.jpg

今期は特によく見るクマノミズキの幼木だが
画像を見返すとこれまでもクマノミズキの幼木に
気づき画像に収めている

kumanomizukimitikepuro558.jpg

道端のクマノミズキの幼木の葉が紅葉光景に
惹かれたことを思い出した

kumanomizukouyoupuro655.jpg

春になるとクマノミズキの芽吹きが見られる
道端の幼木は細かい変化を見ていくのに最適だ
クマノミズキの幼木のようすを楽しんでいきたい

kumanomizukisinmepuro766.jpg

サンシュユはもうすぐ

毎年、春を求めて見ているサンシュユのようすを見た
だけど、まだ花の雰囲気はなく
赤い実が目立っていた

sansyuyuimamipuro167.jpg

サンシュユの実は秋に赤く熟してとても目立つ
そこからアキサンゴとの別名がある

sansyuyuakisapuro255.jpg

サンシュユは3月の初めごろに花を開きはじめる
まだ草木の花が少ない時期なので
サンシュユの花が開きはじめる光景を見ると
とてもうれしいのだ

sansyuyuharuhepuro316.jpg

3月中旬ごろにサンシュユの花はたくさん開き
黄色く輝く光景をつくってくれる
春を待ち焦がれる春焦れ花のひとつだ

sansyuyuhanakeipuro418.jpg

サンシュユは一つのつぼみからたくさんの花が咲く
つぼみを包んでいるのは総苞片だ

sansyuyuhanahajimepuro561.jpg

サンシュユの花の花弁は4枚だ
だけど、花弁は開花して間もなく下に垂れ、
やがて落ちてしまう
もうすぐサンシュユの花が楽しめる季節が来るよ

sansyuyuhanituitepuro655.jpg

マガモなど

今日はバタバタしているので簡単ブログで・・
近くの池に身近なカモたちがたくさん来ている
マガモは多く見るかもだが、雄の色は華やかで
美しい。
その様子に見とれてしまう。

magamoosupuro155.jpg

一方、マガモの雌は地味だ
しかし、よく見ると絶妙な模様
とても美しい

magamomesupuro255.jpg

マガモとともによく見るカモはヒドリガモだ
ヒドリガモの雄はおでこの色が独特だ
それとともに体全体の模様がすごく繊細

mhidoriosuuro355.jpg

ヒドリガモの雌はやはり地味だ
だけど見れば見るほど繊細な美しさだ
野鳥は、それぞれ独特で美しくて
見入られてしまう

mahidorimesupuro418.jpg

ヤブツバキは鳥媒花だ

海岸近くの日当たりがいいところで
ヤブツバキの花がたくさん咲いていた
神戸の内陸部では、この花はこの時期ほとんど開花していないから
見ていてとてもうれしい気分だった。

yabutubakiimayokepuro128.jpg

ヤブツバキは赤い花弁と黄色い雄しべがすごく目立つ
この色で野鳥を呼んでいるのだ
身近で見る唯一の鳥媒花だ

yabutubakihanakepuro255.jpg

ヤブツバキの花を見ていたら、
花弁に黄色い花粉が落ちているのをよく見る
野鳥がしべの間に頭を突っ込だときに落ちた花粉だ

yabutubakitokafupuro365.jpg

ヤブツバキの花弁は野鳥が足をかけても
つぶれないように頑丈にできている

yabutumejiasipuro418.jpg

ヤブツバキの花は集まったしべの奥にたっぷりと蜜をためている
密を求めて訪れた野鳥に花粉がつき、花粉を運んでもらう
鳥媒花なのだ

yabutubakihanasipuro588.jpg

ヤブツバキの花は花全体がそのままの形で落ちている
落ちた花をいくら見ても雌しべは見つからない
雌しべは花が咲いていたところに残り、
めしべの下部の子房を膨らませて種をつくるのだ

yabutubakihanaotipuro651.jpg

コゲラは木をつつく・・

今日、近くの道ばたの木を見ると
コゲラがのんびりといた

kogeraimapuro166.jpg

コゲラは木をつつく鳥だよね
とのわたしの声が通じたのか
おもむろにコナラの木へいき、つつきはじめた

kogerasalapuro251.jpg

コゲラは木をつつくことに夢中になっていった

kogerasalapuro376.jpg

それを眺めていたメジロが
「さすがにコゲラは働き者だね」
というような雰囲気で見ていた
このように思いながら身近な野鳥を見ていると
楽しいものだ

komejimipuro418.jpg

マルバアオダモは冬から春が・・

近くの山を歩いているとマルバアオダモの冬芽が
よく目立っている
冬の山では目を楽しませてくれる冬芽だ

marubaaoimafumepuro155.jpg

マルバアオダモの冬芽は冬の間長期間あまり変わらない
冬の山ではいつもいつも目を楽しませてくれるのだ

marubaaofuyuowapuro255.jpg

ところが、春になりツツジなどの花が咲きだすころ
マルバアオダモの冬芽は突然割れて、花と葉を展開し始める

marubaaomebukipuro377.jpg

マルバアオダモの花や花展開し始めると、変化は急激だ
ようすは日に日に変わっていく

marubaaotenkaipuro418.jpg

数日間の間に花や葉が展開して、白い花の光景を見せてくれる
春になると急激に変化していくマルバアオダモだ

marubaaohanakepuro560.jpg

花が終わると特徴的な細長い実をつくるが
実のようすは春から秋まで見た目はあまり変わらない
秋に実は熟すが、実の光景はあまり目立たない

marubaaomipuro661.jpg

マルバアオダモは秋に葉が紅葉するが
あまり目を惹かないなぁ・・・
冬の冬芽のようすから春に花が開くまでが目を惹くマルバアオダモだ

marubaaokoumepuro755.jpg

ホトケノザの花は見れば見るほど

近くの土手を見ているとホトケノザの花が咲いている
寒さを乗り越えながら懸命に花を開いているのだ

hotokenozaimakepuro176.jpg

花が少ないこの時期にホトケノザの花を見かけると
ついつい花をのぞき込んでします
虫を呼ぶための下唇の文様が実に美しい

hotokenozahanamakupuro256.jpg

ホトケノザの雄しべは4本。きれいに並んでいるが
雌しべは・・・・

hotokenozaosibepuro336.jpg

ホトケノザの雌しべは見つけにくい・・・
先端が2裂している雌しべ・・・

hotokenozamesibepuro418.jpg

ホトケノザは花弁の花筒が長く、下部に毛が多いガクがある

hotokenozagakupuro561.jpg

ホトケノザのガクの部分の中で実ができる

hotokenozagakumipuro613.jpg

寒いこの時期にも花を開き、目を楽しませてくれるホトケノザは
見れば見るほど興味深い、面白い花だ

hotokenozahanakonojikipuro763.jpg

ウメの花の時期は・・

厳しい寒さが過ぎ、今日は穏やかな気候だった
近くの梅園を覗くとウメの花が咲き始めていた

umeimahanapuro155.jpg

といっても花をつけてないウメノキが多いが
かなりの数の花が開き始めている気もあった
今年の梅の花の開花は少し早いようだ

umeimapuro278.jpg

ウメの花には赤い花の木や白い花の木があるが
赤い花の方がはやく開花する傾向がある
近年、いろいろな品種のウメの木があるが・・・

umeakabanapuro356.jpg

やや遅れて咲く白い花は、「やはりこれがウメの花だよ」
との感じがする

umesirobanakepuro418.jpg

ウメの花が咲く光景はサクラの花咲く光景ほど
華やかさはないが
ウメの花咲く光景は春が近いと感じることができる

umesirobagunpuro561.jpg

ウメの花の時期は忙しい
ウメの花には通常は雌しべは1本だが
雌しべが2本以上ある花に出会うことがある

umesibeiroiropuro671.jpg

雌しべが複数ある花からは一つの花から複数個の
実ができる。これが八房のウメだ
ウメの花の時期は花をのぞき込む私だ

umeyatufusadapuro766.jpg

セイヨウタンポポの花が‥

今日、厳しい寒さが少し緩み、うれしい気分で
近くの山へ行った
セイヨウタンポポが寒さのために花茎をほとんど伸ばさずに
地面に張り付くようにして花を開いていた

seiyoutanpopoimapuro167.jpg

この時期のセイヨウタンポポは花の時は花茎が短いが
実が熟すころは花茎を長くして、
高いところから種を遠くまで飛ばすように努力をしている

seiyoutantakigipuro266.jpg

今が一番寒く、花が少ない時期だ
こんな時期にセイヨウタンポポがあちこちで花を開き
目を楽しませてくれるのはとてもうれしい

seiyoutangunpuro355.jpg

セイヨウタンポポのそばでホトケノザも花を開き
まるで花園をつくろうとしてくれているようだ

seiyouhotokepuro418.jpg

セイヨウタンポポの種はカンサイタンポポの種と比べて小さくて軽い
だかた種は地面に落ちるとすぐに芽生えなくては腐ってしまう
だから夏に草が茂るところでは種が芽生えることができず腐ってしまうのだ
セイヨウタンポポは夏にも生えられるところでしか育つことができないのだ
カンサイタンポポは春にできて地面に落ちた種は腐ることはなく
世行く春に芽生えだす。だから夏に草が茂るところでも
春に草がなければ芽生えることができるのだ

seiyoukansaimihipuro570.jpg

セイヨウタンポポとカンサイタンポポの花が咲きそろう
春は間もなくだね

seiyoukansaiharuhipuro655.jpg

メタセコイアの雌花を・・

幻の木といわれたメタセコイアは近年よく見る
とくに秋の紅葉時期は美しくて、目を惹きつける

metasekoiakouyoupuro131.jpg

だが、いまメタセコイアは葉を落としていて目立たない
よく見ると花穂のようなものがたくさんぶら下がっている
ぶら下がったいる花穂はすべて雄花穂だ

metasekoiaimayopuro265.jpg

メタセコイアの木の下方部でも雄花序は見える
葉が展開する葉芽は対生についている

metasekoiimakajyopuro366.jpg

メタセコイアの雄花は3月下旬ごろに咲きだす
といってもスギの仲間だ
花弁などがない花で花粉だけが目立つ
だけど雌花は?

metasekoobanakeipuro418.jpg

何はともあれメタセコイアの葉は4月中旬ごろから
展開し始めてくる

metasekoihahiropuro563.jpg

そのころ(4月中旬ごろ)木の上方を見上げると
雌花が咲いている・・・
雌花は木の上の部分でしか咲かないのだ
といってもメタセコイアの木は中くてなかなか見れない
この春は雌花を身近で撮りたい

metasekoiamebanakipuro677.jpg

ユリノキは寒さ厳しいこの時期

近くの街路や公園などでユリノキを多く見る
花や実は大きく、見ていて楽しい樹木だ

yurinokihanatomipuro056.jpg

ところが今年は近くのユリノキの花が少ないなぁ。
と思って見ていた

yurinokihanajikipuro156.jpg

ところが、今日そこのユリノキを見ると
実がたくさんできている、びっくりだ!

yurinokimikeipuro276.jpg

そのユリノキの木の下を見るとたくさんの実が落ちている
もう、実の旬の時期を過ぎていてぼろぼろの状態だが・・・
花の時期はたくさんの花が咲いていたようだ
大きな葉に隠れて花の多くが見えていなかったようだ

yurinokimitanepuro355.jpg

この時期はユリノキの特徴的な冬芽を見るのが楽しい

yurinokifuyumepuro418.jpg

春の声が聞こえるころ、ユリノキの葉が展開してくる
ユリノキは今年もたくさん花を開くため
寒さ厳しいこの時期も懸命に努力しているのだ

yurinokisintenpuro566.jpg

ナガバノタチツボスミレの花がまもなく・・・

近くの山で、ふと陽当たりがよい道のそばを見ると
ナガバノタチツボスミレの花が開こうとしていた
厳しい寒波の最中なのに・・・

nagabanotatituboimapuro166.jpg

その近くにある日がよく当たる石段で
わたしがナガバノタチツボスミレの花を早い時期に見るところがある
その場所では2月初めにナガバノタチツボスミレの花を見ている
ことしはそこではもう花が咲いているのでは・・・

nagabanotatitubohayahanapuro256.jpg

いそいでその場所へ行ってみると
さすがにまだ花が咲く気配もしていなかった
ただし、葉は元気に広がっていた

nagabanotatisasugapuro365.jpg

あわてなくてもいいね。そこへ行けば
ナガバノタチツボスミレの花を2月になれば見ることができ
2月の間にどんどん花を増やしていってくれるよね

nagabatatijikihanapuro418.jpg

3月になればナガバノタチツボスミレの花をたくさん見ることができるし
やがていろいろなスミレ類の花を見ることができる・・・

nagabatatitudokipuro561.jpg

タラノキはいろいろな様子を

近くの山辺の道ばたで、ニョキと立っているタラノキが目立つ
この時期見たら本数が多いことにびっくりすることが多い
先駆的な植物だからどんどん増えていく・・・

taranokiimakepuro136.jpg

この時期は各樹木の冬芽に目が行くが・・・タラノキは・・・
タラノキの葉痕は多く並んだ維管束が目立つ・・・
といっても、この時期のタラノキにはあまり目がいかないなぁ・・

taranokifuyumepuro255.jpg

春にタラノキの葉が展開し始めるころ
急にタラノキの茎長に目が行く
この新芽はおいしいものね

taranokisinmepuro365.jpg

葉を展開していく春のタラノキの緑は美しい
だけど、この時期は、あまり目が向けられないなぁ・・・

taranokiharuhapuro418.jpg

夏の終わりごろ、タラノキの花咲く光景は見事に美しくて
自然と注視してしまう

taranokihanakeipuro507.jpg

秋になり実が実るタラノキは
淡紅色に染まる光景をつくり目を惹きつける
いろいろな様子を見せてくれるタラの木だ

taranokimikeipuro662.jpg

スイカズラの冬

近くをの土手でスイカズラの実が
黒く輝いて目立っている

suikazuraimamipuro167.jpg

スイカズラの実のつき方をよく見ると
2個の実が対になってついている

suikazuranikonipuro267.jpg

スイカズラは2個の花が対になって咲くから
実も2個が対になっている

suikazurahananipuro365.jpg

ところがたくさんの実が団子状に見えることがある
これは特異なつき方なのかなぁ・・・

suikazudanmipuro418.jpg

いやいや、これも2個の実が対になっているのが集合上にあるのだ
スイカズラの花もこのようにたくさん集まって咲く様子があるが
よく見ると2個の花が1対になって咲いているのだ

suikazurahanadanpuro578.jpg

スイカズラの葉は真冬にもわずかに残っている
一部冬を越す葉がある。半常緑植物だ

suikazurafuyuhapuro651.jpg

スイカズラは3月後半ごろから新しい葉が出てくるが
春には切れ込みがある葉を見ることが多くある

suikazuraharuhapuro761.jpg