テーマ:

カナメモチ レッドロビンの…

近くで通りかかった道沿いで植栽されている カナメモチのまっ赤な新芽が印象的に目についた カナメモチで植栽される赤色が強くものは ベニカナメモチだと思っていたが、 ベニカナメモチは病気などいろいろな弱さをもっていて 最近は植栽されることが少なくて この頃多く植えられるものはカナメモチとオオバカナメモチの雑種の カナメモチ レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マテバシイの・・・

近くの道を歩いていると まだマテバシイの実(ドングリ)が残っているのが目についた マテバシイの実はもうとっくに落ちてしまっているものが多いのに・・ この時期にドングリが見られてすごくうれしく感じた マテバシイはこの付近ではたくさん公園や道沿いに植えられている この近くでは自生のものは見ない。 マテバジイの別名はサツマジイ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタセコイア

昨日行った兵庫県中部で メタセコイアの木をたくさん見た。 それらの木をよく見ると 雄花の花序がいっぱい下がっていて つぼみが膨らんでいる状態だった。 わたしはまだメタセコイアの花を見たことがない 今年はぜひメタセコイアの花を見てみたいと思う そう思って家の近くのメタセコイアの木の様子を見てみた どの木も葉が落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌエンジュ

今日から大寒 一番寒い季節の到来だ 今日は暦通り、寒い一日だった 最高気温は6℃・・・・ 寒いけれど風が弱いから近くの山を歩いたら 気持がよかった 花は見えない、明るい冬の山を歩いていると 特徴的な幹をした木が目に入った 幹の模様が面白い 何だろう・・・・と思ってその木のところへ行ってみた 冬芽は特徴的だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの今

近くの山で葉が枯れ色になって目立っているのは 1月11日にこのプログに載せたヤマコウバシである http://kobehana.at.webry.info/201101/article_11.html ヤマコウバシは冬も葉が残ることで合格祈願にモテモテである この時期にまだ葉が残っているのは、ヤマコウバシだけではない コナラも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山にアオキが生えているということは・・・

近くの山でアオキの実が赤くなって とても目立っている エナメルを塗ったような表面の実が 赤くなっている様子はすごく美しい 緑の枝と赤い実のコントラストも 美しさを高めている アオキは緑色の大きな葉と 緑色の枝 アオキは葉とともに枝でも光合成をおこなっている だから他の草木が生えられないような 僅かな光でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モチツツジの・・・・

近くの山を歩いていると 紅葉した葉が光を透かして とても美しかった まさに紅葉の美しい光景である その木は見あげる大きさになっている大きなモチツツジだった モチツツジは半落葉樹 葉は色づきながらもなんとか落ちないで冬を越す葉がある その残った葉が紅葉光景をつくってくれていた ツツジ類にはベニドウダンやコバノミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒイラギの雌花

近くの家のヒイラギの木の花が今が花盛りである 他で見るヒイラギの花はもうとっくに終わっている 近くの家の子のヒイラギの木は雌の木 雌花がたくさん咲いている この木は春に黒い大きな実が熟す クリスマスに赤い実が人気のクリスマスホーリーは セイヨウヒイラギである 日本のヒイラギの実は他では見たことがない ヒイラギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジキ・・・新年のトップバッターとして

新しい年が明けた 新しい年のふさわしい木は・・・ センリョウ、マンリョウ、ナンテン・・・ いろいろな木が頭に浮かぶ その一つとしてネジキもあると思う ネジキの新芽、新枝は 紅くつやがあってとても美しい 生け花の材料に使われるのは納得だ 新年を祝うに美しさをもっている 春遅くに咲き出す白い花もなかなか美しい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナミノキの実

近くの山でナナミノキの実がついていた ナナミノキの実はとてもよく目立ち、美しい ナナミ=七実との意味もある。美しい実という意味だ ナナミ=長実との意味といわれることもある モチノキの実は球形だが、この木の実は少し長い ともあれ美しい実だが、今年はナナミノキの実は不作なのか 多くを見ることがない すごく多く実がつき、よく目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モチノキと・・・

近くの山のそばに植えられているモチノキの実が 赤く美しくなり目立っている この付近では、モチノキは生えているところも限られている 植えられることも稀である モチノキの樹皮からトリモチがつくられるということだが わたしは、マツグミでトリモチをつくったことはあるが モチノキではトリモチをつくったことはない モチノキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンズイの葉痕

きびしい寒さが一段落して 今日は外へ出ると気持ちよかった 近くの山で目立つゴンズイの木があった 樹皮を見たら、魚のゴンズイが思い浮かぶ 一度見たら忘れられない木だ 木を見ると葉痕が目立っている 維管束跡が浮き出ている ゴンズイの秋に実はすごく目立つ 赤と黒、鳥の標識になっているのだろう 鳥にタネを運んでもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤツデの雌花

去る11日のこのプログで ヤツデの雄花ばかりが咲く様子を載せた http://kobehana.at.webry.info/201012/article_11.html 今日、近くの山のヤツデを見ると 雌花がたくさん咲いていた ヤツデの花は雄性先熟 雄花の時期には 花弁があり、雄しべが目立つが 雌花の時期になると 花弁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤツデ

紅葉も終わった近くの山を歩いていると 常緑樹が茂った暗いところでヤツデがたくさん生えている 庭などでよく植えられるヤツデだ 植えられたヤツデの種が鳥などにより運ばれているのだろうか・・・ 花も華やかな紅葉もない暗い山で ヤツデの白い花が咲き輝いている 実にうれしい光景である 天狗のうちわのような大きな葉も目立っていて 山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカノツメの黄葉

朝は0度に近い気温だった 紅葉の季節も終わりなのだが・・・・ 今年は寒さの中で、まだまだ美しい紅葉光景があるところがある 特に、ここにきて黄色く色づくタカノツメの紅葉が美しい 日差しを浴びて、黄色く輝き、山を明るくしている 中にはもう葉を落としているタカノツメもある 葉を落とした枝の先には、新芽が目立っている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジキ

近くを歩いていると 紅く美しい葉があった ウルシかな?。美しいなぁ と近づいて見ると 紅く美しく紅葉しているのはネジキだった ネジキは新芽や新枝も赤色ですごく美しい この美しい様子から「塗箸」といわれる 活け花の材料としてよくつかわれる 紅葉から新芽と美しいネジキは これから長く楽しめる木だ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒイラギ

美しく色づいた今年の紅葉だが 葉の落下が激しくなってきた いよいよ紅葉も終わりになってきた 冬が間近にやってきた。という雰囲気だ そう思って歩いていると、「柊」とかく ヒイラギの花が目立っている 白く清楚な、いい香りのする花が 冬が近いことを告げている ヒイラギ雌雄別株 今日、見た花はどれも雄花ばかりだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケヤキの紅葉

近くの公園にたくさんの大きなケヤキの木がある ケヤキの葉もい葉は色づいてとても美しい 黄色く色づいた大きな欅の木を眺めていた 美しさにうっとりしながら・・・ その木のうしろに赤く色づいた木があり 黄色と赤のコントラストで余計に美しい・・・ ところで赤く色づいた木は何だろう?と思い見てみたら その赤く色づいた木もケヤキだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉

この時期の落葉の木々の葉は色を変えていく 木々の種類により変わる色は違う 同じ種類の木でも木によって 僅かに色が変わっていたり、 ときには全く色が違うこともある モミジも黄色に染まるのを見ることもあるが モミジといえば赤色だ 紅葉の本家本元だもの・・・・ イロハモミジがそういっているかのように どこまでも紅く葉を染めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄色い色づき

昨日まで穏やかな天気が続いていたが 一昨日に山へ行った時 山の気候の寒さのために風邪をひいてしまった 今年は暑い夏 寒さが早く来た秋 その秋も寒暖の差が大きい そのため今年の紅葉はことのほか色づきがいい タカノツメの黄色い色づきは 明るい黄色 輝くような黄色だ クロモジの葉もタカノツメに負けないぞと 黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガマズミの実

義母が入院している東播磨の病院の近くの公園へ今日も行った ガマズミの木がたくさんあり葉は美しく色づいていた モミジなどの紅葉と競うように彩りを添えている 木陰になりがちなガマズミは葉はあるけれど 実をほとんどつけていない 日当たりのいいところのものは実が多い この講演では実をいっぱいつけているガマズミの木が多い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の花が・・・・

今日も東播磨へ行った 先日、義母がそちらの病院に入院して 看護のために行っている 時間を見つけて、その近くの公園へ行った モミジ、ドウダンツツジ・・・いろいろな紅葉が 美しい ラクウショウやメタセコイアのレンガ色の紅葉も美しい そう思いながら歩いていると 春の光景が目に入った サクラの花がたくさん咲いている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクシハギの花が・・・・

今日は午後に少しだけ近くの山を歩いた 寒さが緩みぽかぽか感じる暖かさだった 日差しを受けて紅葉がすごく美しい しかし、花は見えない ヤクシソウやイナカギクも寒かった時の夜の寒さに すごく傷んで花は見る影もない 花がもうないなぁ・・・。と思いながら歩いていたら 木々の紅葉をバックに1本のツクシハギが花がいっぱい咲いていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンキンハゼ

イチョウの紅葉が見ごろである 山のコナラやエノキなどの紅葉も目立ってきた 近くの山のナンキンハゼの紅葉も始まった ナンキンハゼの紅葉はそれほど目立たないが よくみれば、これも美しいな。と思う ナンキンハゼは名前の通り 中国原産の木である 葉がハゼのように紅葉するところから名がついた これから熟した実が割れて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメモドキ

彼岸の中日が過ぎ 秋の季節になったんだ。 と思える今日の気持ちいい気候だった 猛暑からやっと解放された という安ど感もある そう思って山でまわりを見ると 木々の実が色づいている シャシャンボやナツハゼは黒く色づいてきて おいしそうに見える ミヤマガマズミやウメモドキの実は赤く色づき 美しくなってきている ウメモドキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラノキ

強い日差しを受けて、気温は体温並み 歩くのも暑さが気になるこの頃だ そのような中でタラノキの花が満開で 白く輝いている 花が少ない時期だからすごく目を引く タラノキといえば 思い浮かぶのはタラの芽 タラの芽はすごくおいしい そのタラの芽はタラノキの新芽だ タラの芽とこの大きなタラノキとは同じものだ と考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホツツジ

今日、六甲を歩いた時 ホツツジの花が盛りだった ホツツジは六甲のツツジの最後を飾るツツジだ まだ、冷たい風が吹く中で コバノミツバツツジの花が春の到来を告げてくれる つづいて薄いクリーム色が素敵な花のヒカゲツツジが咲き出してくる 追うかのように小さい花がかわいいウンゼンツツジが続く ドウダンツツジ、ヤマツツジ、モチツツジ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハネミイヌエンジュ

近くの山でハネミイヌエンジュの花がたくさん咲き とても目立っていた。 植栽でイヌエンジュやエンジュの木を見ることがある しかし、これらの木は神戸付近では野生では見ない 北日本ではイヌエンジュ 西日本ではハネミイヌエンジュ 南西日本ではシマエンジュ すみ分けている そこで、山でこのような花を見ると、詳しく見ないで 「ハネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハギとマルバハギ

気温が34,5℃になる 日差しもきつい もう暦では残暑なはずなのに、 猛暑真っ盛りの状態だ 暑い中を近くの山へ行くと ヤマハギの花が目立っていた ヤマハギを見たら秋を感じる 秋の訪れを告げてくれているようだ・・・・ 秋が地ているのだ。とうれしくなりながら歩いていると 葉の中で花が開くように見える マルバハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリノキ

いつも見ているウリノキの様子を見ると 実が熟して黒藍色になっていた ウリノキの実は楕円状の形が美しい 黒藍色の色もとても渋くて美しい ウリノキは葉の形がウリの葉に似ているとして名がついた 葉は厚くてウリの葉よりもしっかりしているが 葉の形はなるほど似ている 花弁がクルリと巻いた花は 特異な形でかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more