テーマ:

ヤブデマリがこんなところに

昨日、六甲を歩いているとヤブデマリが目についた 実が赤くなり、目立つ時期だ その近くの大きな谷を覗くと赤い実がついたヤブデマリ 数本目についた ヤブデマリは六甲では見ることが少ない木だ ヤブデマリは横に伸びた枝と広がった葉の上に 並ぶように実がついている すごく美しい様子だ 神戸市街を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブコウジはこれから長期間

先日、近くの山を歩いていると ヤブコウジのかわいい実ができてきていた ヤブコウジはつい最近、まだ花が咲いていたのに・・・ ヤブコウジはこれから徐々に身を膨らませていく 秋の盛りになると「草木の赤い実の時期だよ」 というように、実を赤く染めだしてくる 紅葉の季節、ヤブコウジの実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクシバをじっくりと

雨の日が続く中、アクシバが近くの山で ひっそりと花を開いている アクシバは地を這うように広がっている 落葉(超)低木だ 花や実は下向きにぶら下がっていて 目に入りにくい 崖状のところへ伸びていて、下からのぞき込めるところでは アクシバの花や実が撮れる絶好のポイントだ アクシバの花は、4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメコウゾの実が

一昨日、マタタビを見たところで ヒメコウゾの実が色づいてきていて目を惹いた ヒメコウゾの熟した実は美しい色でおいしそう この実は食べられるのだが少しぬるっとしている それに毛がのどに引っかかって・・・食べたくはない・・ ヒメコウゾは雌雄同株だ 5月初旬ごろ、花が咲く 枝先に雌花(雌花序)がつき、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キョウチクトウは実りの時期

市街地の公園のキョウチクトウを見ていると 実が割れて種が飛び出していた 身近でよく見るキョウチクトウ科のものに キョウチクトウ、ガガイモ、テイカカズラがある 綿毛がついた種のようすは共通のだ 昨年の花の時期からキョウチクトウを意識的に 多く見てきた キョウチクトウはインド原産の古い帰化植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガガイモはこの時期までずっと・・

近くの山を歩いていたら、ガガイモの割れた実から 最後の種が飛び立とうとしていた。 ガガイモの一年の暮らしの終わりを告げているようだ ガガイモは春やや遅く芽吹いて、つるをのばしはじめる ガガイモのつるは勢いよくどんどん伸びていく 伸びていくガガイモのつるを見ていると、 やがてつぼみができてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘクソカズラは努力をしているから

園を歩いていると、すごく目立つものが・・・ 「なんだろう?」と近づいてみると・・・ 「ヘクソカズラだ!・・・」 それにしてもすごく大量の実が重なっている状態・・・ 「これがヘクソカズラ?」 ヘクソカズラはつる植物だよね・・・ ヘクソカズラは全草臭っている。もちろん実も・・・ だけど実をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤドリギを見ていて

昨日はばたばたしていて、ブログを書くことができなかった 乾燥気候のため、神戸市内でヤドリギは少ない 見やすい場所で見ることができるお気に入りのヤドリギがある この時期、そのヤドリギはすごく見やすい状態である と、いってもあまり近づくことができないので花や実は このヤドリギでは見ていない その近くで、わたしが花や実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリジョウゴが目立つ時期は

今日は雨の一日だった。まるで春雨のような雰囲気だ 大寒になっとところ、伊年で一番寒い時期なのに・・・ 近くの山でヒヨドリジョウゴの実が赤く目立っていた 近づいてみると、実の表面はさすがに、しわだらけの実が多いが まだ、つるりとして美しい実もあった ヒヨドリジョウゴの実は秋の間じゅう、赤く美しい姿を見せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブコウジの実を存分に・・・

近くの山でヤブコウジの赤い実が輝いていた その近くでナガバジャノヒゲの実が青紫色にやはり輝いていた この時期の山の宝石のように思えた この時期のヤブコウジの実の赤さは本当に美しい 花が少ないお正月の時期、いろいろな草木の実が目を楽しませてくれる とくに赤い実は、特に目につく お正月ごろに美しい赤い実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カネメモチの実が目立っていた

バタバタしているので、今日は簡単ブログで・・・ 近くの山の道沿いで、カナメモチの実がすごく目立っていた 冬の光景のこの時期だから、とてもうれしくなる光景だ カナメモチの実は真っ赤・・・。野鳥に食べて種をお運んでもらいたいようだ よく見ると実はかなりなくなっている 運んでもらうのが目的だから、実が減っていていいのだね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスウリの実が思わぬところで

近くを歩いていると、思わぬところで Kカラスウリの実がいっぱいぶら下がっていた よく行くところなのに、これまでこの場所でのカラスウリの存在を 気づかなかった・・・ カラスウリの実がぶら下がっている近くに行くことができた 実を触れば、まだかたく、、強く推しても実はへこまなかった カラスウリの花は7月から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノシランはいま

近くの山でノシランが点々とあり 若い緑色の実ができていた よく見ていると実が少し色づいている ノシランもあった ノシランは神戸では植えられたものをよく見るが 自生のものも見ることがあり、絶滅危惧種に指定されている ノシランは実(花)の茎が平べったいのが特徴だ このようすが熨斗(昔のアイロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオツヅラフジの実はこれから

今日は久しぶりに雨が降った。 地面はからからの状態だから貴重な雨だ 今年はアオツヅラフジの実をすごく多く見る 葉が落ちたらブドウのような実がよけいに目立つ と、いってもアオツヅラフジの葉は質が厚いから 葉はいたむのが遅く、葉がまだまだ元気についているものも多い 葉が、ほどよく色づき、アオツヅラフジの紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマラッキョウの実のようすを

今日はこれから夜にかけて出かけていくので はやく、簡単にブログを書いておく 近くの池へ行くと、実をつけた枯れた野草が たくさん突っ立っていた。 この池ではたくさんのヤマラッキョウの花が咲く 実をつけた枯れた野草はヤマラッキョウなのだ わたしはヤマラッキョウの実にこれまで目を向けていなかった この池で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカバナの今のようす

今日はこれから出かけるので早めにブログを書いていきます 近くでアカバナを少しだけだが見るところがある アカバナは六甲ではかなり多く見る 夏の終わりに小さな花を開いてくれる そのアカバナが生えているところを通ったら 何やら草が枯れたようなものがもじゃもじゃとおあった これがいまのアカバナの実が開いて種が飛び散った姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと再開・・・。サネカズラはこれから・・

HPやブログなの更新ができないまま日が過ぎてしまった。 その理由はHPのブロバイダーが閉鎖されるのに伴う更新がうまくいかなかったので・・・。 やっと復活できました。HPのアドレスは変更がないままでできたので よかったと思っている 近くを歩いているとシダの間からサネカズラの実が覗いていた よく見ると、「サネカズラの葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオツヅラフジの別名のカミエビは・・・

近くを歩いていると林縁で アオツヅラフジの実がよく目立っていた アオツヅラフジの実ができている様子は まさしくブドウだ・・・。 おいしそうだが食べられない・・・・ アオツヅラフジはつる性木本で落葉だ この時期は、徐々に葉が黄色く色づいていっている時期だ 冬を迎えるころ、葉が落ちてしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイノコフユイチゴの実(正確には花托)を見ながら

今日、六甲で森林整備作業に参加させていただいた もう10年ほども整備をされ続けているところで 随分と明るい素敵な場所になっている 林床に「フユイチゴ」が広がりたくさんの実をつけていた 参加した子供たちのなかには 「フユイチゴの実を集めて楽しんでいる子もいた 作業をしながら食べる「フユイチゴ」の実は格別においしい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキグミを見ながら

近くの山を歩いているとアキグミの実が赤く熟して 目立っている。 食べると、少しすっぱくて、疲れ直しに最適だ 子どものころ、各家で飼っている牛を、毎日放牧場に放し 朝夕に、牛を送り向かいをしていた その牛の放牧地にはアキグミが多く、よく食べたものだ アキグミはこれから葉を落とし、冬の間はねむった用のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルニンジンの実を見ながら

今日、六甲の山上へ行った 六甲山上付近は紅葉は後半を迎えている ツルニンジンの実がぶら下がっているのが目にはいった ツルニンジンの実はすごく特異な形をしている はじめてこの実を見たら「何だろう?」 と思ってしまいそうだ ツルニンジンの花は大きいが。目立たない 葉に隠れるように咲いている花は見逃してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルニンジンの実を見ながら

今日、六甲の山上へ行った 六甲山上付近は紅葉は後半を迎えている ツルニンジンの実がぶら下がっているのが目にはいった ツルニンジンの実はすごく特異な形をしている はじめてこの実を見たら「何だろう?」 と思ってしまいそうだ ツルニンジンの花は大きいが。目立たない 葉に隠れるように咲いている花は見逃してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソヨゴの赤い実が

近くの山を歩いていたら 赤くなったソヨゴの実が目立っている ソヨゴは常緑樹だ 緑濃い葉と赤い実が素敵に目立っている 今は紅葉の季節を迎えようとしている 木々の葉が色づいたそばで ソヨゴは変わらぬ緑の葉を広げて赤い実をつけている ソヨゴが目立つのは実が赤くなるこれからしばらくの期間だ ソヨゴは夏を迎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キチジョウソウの花が

今日、観察会に参加して、いった講演で キチジョウソウが広がり、たくさんの花が咲いていた めったに花が咲かないから、花が咲くと吉事があるといわれる こんなにたくさん花が咲いていたとは・・・ きっといいことがありそうだなぁ・・・ そう思って、キチジョウソウの花を見ると 色もすがたも素敵に見える 吉事を運んできてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビヅルの実が

近くの山を歩いていたら 実が熟しているエビヅルが目にはいった とてもとてもうれしい エビヅルの熟した実はブドウと同じように見える 食べると、ブドウよりも甘くておいしい エビヅルの茎のようすもブドウと同じ雰囲気だ まさに「野生のブドウ」だな。 エビヅルの葉の裏は綿毛でおおわれている 秋が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムベの実を

近くの山を歩いていたら ムベの実が熟して目立っていた よく見るとムベの実はたくさん見える 手が届くところにもたくさんの実があった ムベの実はいくら熟しても実はわれない アケビは実は熟していくとやがて割れてなかがよく見えている ムベの実を切ってんかを見るとキウイフルーツとよく似ている 食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスウリを見ながら

通りかかった崖にのぼったカラスウリの実が 美しく色づき、目立っていた カラスウリの実が色づいた色は すごくいい色だなぁ。と思う カラスウリの実は、これからしばらく、このままのようすで 美しい色を楽しむことができる カラスウリの実をつぶすと、実のなかには種があるが 種は独特の形をしている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンキリマメはこれから

近くで見るタンキリマメの実が色づきはじめていた タンキリマメはつる性だから花期は長い 若い実もたくさんあった タンキリマメの実(さや)が割れて中から 黒い種子が見えているものもあった 先日見たタンキリマメはまだ花がたくさん咲いていた 花期が長いからいろいろな様子が一度に見ることができる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズサイコは・・

今日、整備させていただいているビオトープのようすを見た スズサイコの実ができていた 7月に草刈り時に刈られてしまったスズサイコが伸びなおし 8月後半に花が咲き、この実ができているのだ 野生植物のたくましさを感じる スズサイコの花は7月初めごろから8月終わりごろまで見る 花は花穂の下から上へ咲き上がる ただし、花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イシミカワの花と実

近くの荒れた川原でイシミカワが広がりつぼみをつけていた よくよく見ているともう色づいた実ができていた イシミカワはつる植物だ いま咲いている花はやがて美しい実になるが 伸びていっているつるの先のほうでは、どんどんつぼみができていく こうして、花は長期間楽しむことができる イシミカワはつる性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more