テーマ:樹木

タカノツメの葉柄の長さに着目して

今日、歩いていたら タカノツメの実が膨れてきていた タカノツメは頑張ってこれから実を熟していくのだ それとともに、タカノツメのほかの努力に目を向けてみた タカノツメの葉を見ると葉柄が短い葉や長い葉がある 葉柄の長さを変えて、どの葉にも日光が当たるように 工夫しているのだ この時期花が目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリギリをこれからも

今日、近くの山を歩いていると 谷向こうでハリギリの花が咲き始めていた ハリギリは花の時期は大きな花序をつくって 非常に目立つのだが ハリギリは高木で、花をつけるているのは はるか上方で、林内では花が見えない・・・ わたしは、ハリギリの花が間近で見えるところを見つけ 毎年、その場所で花や実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リョウブは貴重で有用・・

昨日、歩いた里山ではリョウブの花が目立っていた この時期の山は花が少なく緑が濃い光景だ その中で花が咲くリョウブはすごく目立っている リョウブの花は近くで見ても美しい 白い花が穂状の花序となり咲いているさまは見事だ 秋が深まるころリョウブの葉は色づく 紅葉の時期のリョウブも美しく目立っている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネムノキの花は梅雨の雨に

雨が降り続いている 一昨日、山へ行くとネムノキの花が あちこちで目立っていた ネムノキの葉は夕方から閉じていく 葉が夜眠る「眠りの木」から名がついたともいえる 一方、花は夕方から開く 花はあくる日の昼には傷(いた)んでしまう一日花だ ネムノキの花はピンク色をした美しい花だ といっても、10~20個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムクロジを見ていて

ムクロジの花が咲きだしている ムクロジは樹皮は薬用に、実は数珠や羽根つきの羽根) や洗剤などとして利用されてきたもので 昔、植えられたものを見ることがある ムクロジの花は小さくて目立たないが 花が咲く時期に大木を遠くから見ると たくさんの花が咲いているのがわかることがある ムクロジは雌花と雄花が混在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサンボクの花の観察

近くの公園や街路でタイサンボクの花が咲いている 大きなタイサンボクの花のようすを見てみようと こだわって観てみた といっても高い木で上向きに花が咲いているので 花の中の様子が見られるものが少ない タイサンボクは9枚の白い花被片に包まれて 上部に雌しべ群、下方に雄しべ群で花序をつくっている 開花と同時に雌しべが活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマノミズキの花がいま

今日、神戸森林植物園へ行った 平日だからと思っていったのだが、植物園メインのひとつの アジサイの花の季節と会って通常の駐車場は満杯 すごい人だった。 だけど、日本一広い植物園、アジサイの花以外のところは人はまばら 園内を歩いていると、自然に生えているクマノミズキの花が いたるところで目立っていた クマノミズキは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラキの花を見ながら

雨を警戒して今日は家にいた 一昨日、六甲山上ではシラキの花が目立っていた と、いってもこの花序は・・・ 図鑑によるとシラキは雌雄同株で 花序の上部に雄花が多数つき、基部に雌花が0~数個付く と載っている だけど、この木の花序には雄花ばかりで雌花がない・・・ まるで雄株だ・・・ つまり、図鑑の通りだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イソノキは目立たないが

昨日、いったところでイソノキが目立っていた といっても、つぼみのようなものがたくさんついているだけに見える 近づいてみると、つぼみの先が少しだけ割れているのが見える これがイソノキの開花時の姿なのだ イソノキの花はガクが目立っている 中をよくのぞき込むと花弁やしべがわずかに見える これがこの花の開花し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌツゲは花の時期が

近くの山で多く生えているイヌツゲの花が咲いている イヌツゲは花がたくさん咲いているときは 驚くほど目立っている イヌツゲは公園などにも多く植えられている 庭などでも多く植えられている 常緑の緑の美しさ、刈り込みに強いことが 庭木などに重宝されている 神戸付近の山は乾燥気候気味だ 乾燥に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリの花が咲いて梅雨入りを

いま近くではクリの花が目立っている 明日夕方から雨が降り始め雨がちな日が続くとの予報 梅雨入りかなぁ・・・ 神戸で栗花落との姓の方がおられる よみは「ついり」・・ クリの花は梅雨のころに咲き独特の香りを出して虫を呼ぶ クリの花が咲いているとどうしても近寄ってみてしまう 多くの花は雄花だ 雌花序より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカガシの工夫

近くの山歩いていると 突き出た枝で新しい葉が芽吹いていた 「えっ!。4月ごろの光景だ・・・」 その木のまわりの地面を見ると独特の色をした葉が たくさん落ちていた 「これはアカガシだ!」 見上げると、ほとんどの葉が落ち、あたらしく葉を出し始めている 大きな木が目立っていた。 株立ちした独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノグルミの花が咲きだした

今日、近くの山へ行ったらノグルミの花が目立っていた 見るのに興味あるノグルミの花の時期だ、 ノグルミの花のようすを見ると 雌花序が中心に一つある 雌花序の周りを雄花序が取り囲み それに雌花序の頭の上にも雄花序がついている・・ まさの逆ハーレム状態だ だが、ノグルミの条件が悪い枝についている花序群を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロガネモチ・・人間の理解を超えた・・

今日はビオトープの整備作業に参加した コロナウイルスのため人に見てもらえなかった春の花たちは 花の終わりを告げていた 変わるようにクロガネモチなどの花が咲いていた クロガネモチは雌雄別株だ。この花は雄花か雌花か? 植えられるクロガネモチは 赤い実を楽しむために植えられることがほとんどだ 庭などに植えられているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブデマリは華やかな光景を

非常事態宣言が解除されて開園した 神戸森林植物園へ久しぶりに行った いろいろな花などを見ることができた 独特にまっすぐに伸びた枝のヤブデマリの 白い花がまばゆく目を惹きつけていた ヤブデマリの枝はとにかく水平方向に伸びる 体制につく葉 独特に目立つ白い大きな装飾花 とにかく目立っていた この植物園ではヤブデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノキはツツジ科・・

昨日、六甲ではあちこちでスノキの花が咲いていた だけど葉が目立つ中で下向きに咲いている花は目立たない でもスノキの花をよく見るとkたちが美しい花だ 花の色は株により多様だが・・・ スノキの花は花冠が5裂している 雌しべを取り囲むおしべは10本・・・ あれ~  ツツジと・・・ スノキとコバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマボウシは春と秋に

今日、近くの山へ行ったら ヤマボウシの花が咲き始めていた それにしても遠くで・・・ 無理やり望遠で・・その後トリミング・・・ まだ総苞が真っ白になっていない やがてヤマボウシの総苞は真っ白になり 花が開いていることを虫たちに知らせる 六甲のロープウエイから見下ろして見る ヤマボウシの花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマナシはいま

今日は、しとしと雨が降っている 久しぶりの雨で、とくに六甲の植物には恵みの雨だ いま、六甲の山上では あちこちでヤマナシの花が目立っている ヤマナシは六甲を明るくしてくれる春の花だ コバノミツバツツジの花を追って花が開く ヤマナシはバラ科だ。桜の花と同じ5弁花だ この花がたくさん咲いている光景は見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャケツイバラは大変な工夫を

近くの道沿いでジャケツイバラの花が咲き始めていた 美しい花だが、近寄るのは嫌なものだ 鋭いトゲがかなわないから・・・ しかし、ジャケツイバラの花を見ていると すごく努力をしていることが分かった ジャケツイバラはマメ科だ、マメ科の仲間らしく花は5弁花だ しかし、一つの花弁は小さい、その花弁には赤い斑文がある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シイノキ(コジイ)の花が

近くの原生林はシイノキの花が咲いて目立っている この森のシイノキはコジイ(ツブラジイ)だ 緑深い原生林が、すごく目立つのがこの花が咲く時期だ 秋が深まるころ里の山は落葉樹が色を染め 美しい色の光景を展開する だが、原生林はコジイを主体とした常緑の森 緑濃い光景のままだ 原生林の森の中は暗い・(雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリは花の時期が・・・

いま、近くではキリの花が目立ってきている 花と葉がほぼ同時い展開してくるが この時期は大きい花が目立つ キリの花は花序の上から下へと咲き下がっていく 今年は霧の花の開花は少し遅い 例年はこの時期はキリの花が満開のことが多い まもなくキリは花の時期の終わりを迎えてくる 花が終わって間もなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクバネウツギは見れば見るほど

今日、近くの山を見ると 「えっ! これツクバネウツギだよね?」 びっくりなツクバネウツギを見た 花の後ろのガクの数は5枚だ ということはツクバネウツギだが・・・ 花の色が淡黄色・・・ コツクバネウツギのような雰囲気の色だ・・・ このあたりの山ではツクバネウツギは見ることが多い 白い花が美しいツクバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクバネウツギの花がはやい

今日、近くの山でツクバネウツギの花が咲いていた 例年と比べ、すごく早い開花だ ツクバネウツギは5枚のガクが、ツクバネのように 見えるところから名がついている ツクバネウツギは華やかでまるで園芸の花のようだ でも、園芸に利用されているアベリアと比べてみれば 随分と違う 神戸の山で見るツクバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマガマズミは何度も

昨日からの雨が強も降り続いた 一昨日、近くの山ではミヤマガマズミの花が咲きはじめていた 5月の連休ごろにはアズキナシやカマツカなど 白い花の木の季節だが、ミヤマガマズミは白い花の木の季節の 到来を告げる木だ ミヤマガマズミは花冠が5裂している 5本の雄しべは長いが、雌しべは短くて目立たない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリカエデは春と秋に

今日、近くの山を見たらウリカエデの花が咲いていた 独特の色、独特の雰囲気の ウリカエデの葉の展開と花の開花だ ウリカエデのこの時期の葉の色は淡いレンガ色 山を独特な色で染めている この時期、ウリカエデをよく見ると 葉と花が同時に展開していく様子がよくわかる ウリカエデは雌雄別株だ 雌株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニガイチゴの花咲く光景

今日、近くを散歩していると、 山の近くの道ばたでニガイチゴの花がたくさん咲いていて 目を楽しませてくれた ニガイチゴの花は上向きに咲いている 花弁は細く、花の中心が赤みを帯びていて 繊細で美しい花だ ニガイチゴの花が咲く様子をよく見ていると 葉が十分に開いてから花が咲きだすところや 葉の展開よりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブツバキの花が今年はまだ・・・

今日、近くの山を歩いていると ヤブツバキの花があちこちでたくさん咲いている ヤマザクラの花が満開を過ぎようとしているのに・・・ いまはコナラやアラカシ、アケビなどが葉を広げ始め 花も開きはじめる時期だ ヤブツバキとモチツツジやコバノミツバツツジなどの花との ツーショットも楽しめる 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードイチゴを見ながら

今日、近くの山でビロードイチゴの花が咲きはじめていた ビロードイチゴは神戸でみるところは案外限られている そのうえ全体にビロード状の毛が生えているのが特徴なのに 神戸で見るものはすごく毛が少ない だが、今日見たものは比較的ビロード状の毛が多いものがあった 展開し始めた若い葉はつるつるだが 昨年の葉が残…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タムシバを見ながら

今日、神戸市内の山でタムシバのようすを見た 花が目立ってきているが・・・・ う~ん・・。花はまだ咲きはじめだ・・ ・ このように、それぞれの木の花が増えて もっと白く見えるようになる・・・ 多くのタムシバの木が白い花をつける光景は 白い美しい光景をつくるが 1本のタムシバの木は、それぞれ花をまばらにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジは年に何回も

今日、神戸森林植物園で行事等に参加した そこではクロモジの黄色い花が咲いて、目立っていた クロモジの黄色い花は、待ち焦がれた春が来たうれしさを感じる 春焦れ花、あるいは春黄金花だ クロモジは雌雄別株だ 雄株には雄花が、雌株には雌花が咲く 雌株に咲く雌花はやや目立たない感じだが・・・ 花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more