テーマ:野鳥

コガモを見ながら

今年の冬は、わたしは野鳥をあまり見ていない 山の冬鳥は、例年里で見られるマヒワなどが、六甲山上までしか きていないという。 近くの池ではこの冬はコガモが例年以上によく目につく コガモの雄の色合いは豪華に見えて、目を楽しませてくれる キンクロハジロやカイツブリは例年通り この冬もよく目につく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモは特徴的だ

今日も簡単ブログで・・・ 今日観察会参加して、海辺の野鳥観察場所へ行ったとき 野鳥がほとんどいなくて、わずかにカルガモだけが のんびりと過ごしていた 神戸では多くのカモ類は冬しか見ないが カルガモは年中見ることができ、幼鳥を見ることもある また、多くのカモ類は雄と雌の姿がかなり違う つまり雄はすごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンクロハジロに遊んでもらった

今日も簡単ブログで・・・ 今日観察会に参加して池のところへ行くと キンクロハジロが元気に泳いでいた キンクロハジロは、冬には見ることが多い 目が金色で独特だ つがいで仲良く泳いでいた ゆったりとくつろいでいるキンクロハジロだ 何か気になるのかなぁ こちらをすごく見つめている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカルを見ながら

大きなメタセコイアにイカルが1匹いた くちばしが太く大きいなぁイカルは・・・ イカルはなにやら警戒するように あたりを見渡していた・・・ まもなくメタセコイアの芽をつつきかけた 芽はおいしいのかなぁ・・・ イカルは冬には時々出会う野鳥だ イカルはアトリ科。 でも見ることがあるアトリ科の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモは年中・・

池を覗いでいるとカルガモが遊んでいた 「この時期も身近にいてくれる貴重なカモのカルガモだ」 と思いながら見ていると・・・ 小さなカルガモが目にはいった 「あっ! 子どものカルガモだ!」 見渡していると親子のカルガモも目にはいった カルガモは年中いてくれて、この地域で子供を増やしているのだ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウグイスを見ながら

今日はばたばたしていて疲れたので簡単ブログで 今日、市内の川原でウグイスの鳴き声がしていた そちらを見るとウグイスがいるのが見えた ウグイスは鳴いて仲間を呼んでいるのかなぁ・・・ あちらを向いたり、こちらを向いたりして鳴いていた 以前、6月末にウグイスの幼鳥を見た ということは今は恋の季節…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アオサギの産卵は・・

昨日、アオサギの声がするので見上げたら 木の上の巣にアオサギがいた それにしてもにぎやかだ 注意深く見ているとアオサギのところへ トビがしきりに近づこうとしていた ここはアオサギも多いけれど、何十羽ものトビの集団を見るところだ アオサギが産卵してそれが狙われているのだろうか? わたしはアオサギのヒナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メジロはたくましい

ウメの花がようやく開きはじめた木が目に付くようになってきた 花が開きはじめた木にはメジロなどの野鳥がよくきている 花の蜜を求めているのだね 花がない時期は厳しいね などと思って、メジロを見ていたら メジロが「何か用か?」と問いかけるような表情を見せた。 メジロたちも秋の実りの時期には、 いろいろと食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センボンヤリは花が4回・・

近くの山を歩いているとセンボンヤリが目立っていた この光景も「千本槍」という雰囲気だ 今は綿毛をつけた種が飛んでしまった後の花(果)床だ この時期見るコウヤボウキの花(果)床と似ている。 センボンヤリはこの時期は葉は出ていない 花(果)床がなければ何も見えない状態だ 早ければ一月後ぐらいに花を見ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリビタキの雌が・・

今日は観察会に参加した 木々の冬芽などを見ながら楽しんだが ルリビタキが近くにいてみることができた これはルリビタキの雌だ そう思いながらルリビタキを見ていると 「もっとよく見て!}といっているかのように 近くへ来てポーズをとってくれた 「ここはどう?。見やすいでしょう!」というかのように・・ サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカルを見ながら

今日は野鳥の観察会に参加させてもらった 双眼鏡をもって・・・でもわたしはなかなか見ることができない たくさん紹介してくださっているのに・・ イカルもたくさんいたのに私の目にはなかなかはいらない・・・ イカルはこれまでも何回か見たことがある 画像もいくらか撮っているが 目がわかるように写っているものが少ない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワウのようだ

近くの池を見ていると「ウ」がいるのをよく見る 「ウ」にはウミウ、カワウ、それにヒメウがいるようだが・・ わたしはその区別がよくわからない 「ウ」は羽(はね)を広げていることがある 羽を乾かしているのかな。 「ウ」は・・・このときは愛嬌があるね 昨日、「ウ」が近くを飛んでくれた 近くを飛ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシドリに遊んでもらった

知人から、近くの池にオシドリが多数きている。と教えていただいた オシドリは神戸の池に多く来るのだが、大きな池にばかり来るから 遠くてわたしには豆粒ぐらいの大きさにしか撮れない 今日、教えていただいた池はそれらと比べると小さな池だ 行ってみると、たくさんのオシドリがいた オシドリは警戒心が強いのかなぁ・・・。 マガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギの巣での様子を

一昨日、明石公園へ行ったとき、アオサギの様子を見た そこではたくさんのアオサギが生息している そしてアラカシやクスノキなどが生える常緑樹林で多くの巣をつくっている ことしはアオサギの巣の様子がよく見えるのではないか? 巣の近くから巣にいるアオサギが見られないかなぁ クスノキに巣をつくっていたら、巣の様子を今年は見や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギは楽しませてくれる

今日は、神戸のポートアイランドへ植物を楽しみに出かけた。 ところが寒さのために植物はまさに冬枯れの状態だった。 池でアオサギとコサギが別々に石佛のように動かずにいた コサギは後頭部に2本の冠毛があるのが目印になるが 冬にコサギを見ても冠毛はない 足の指の部分が黄色いのが目印になる アオサギはいつまでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミを見ながら

このごろ近くを歩いているとツグミをよく見る ツグミを見ると冬何だなぁ・・。と思う ツグミの仲間でシロハラがいる 背中向けのときに見てもわたしはツグミなのかシロハラなのか わからないときがある。 画像で見れば違うようだが・・・  (ツグミの画像がツグミじゃなくてヒヨドリの画像だよ。と指摘してくださった 型があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキを見ながら

冬のこの時期になれば野鳥を見ることが多い しかし、わたしは今年はなぜか野鳥に目を向けることが少ない そのようなわたしにジョウビタキが 「見えるかな・・」というように離れたところから見ていた あまり関心を向けない私に 「少しはじっくり見ろよ」というように近くに出てきてくれた ジョウビタキは丸いつぶらがかわいいと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイスに遊んでもらった

今日は久しぶりに日光がさし明るいが めずらしく風邪気味で外へは出かけなかった 数日前近くを歩いているとウグイスのいい声が聞こえてきた ウグイスは見えるところにいてくれている 鳴いているところを撮りたいのだが・・、すましたまま・・・ 以前もそのようなことがあった 木の枝にいるウグイスがこちらを見ていて、 この時は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ルリビタキに出会って

今日、近くの山を歩いていると ルリビタキのメスがしずかに近くへやってきた つぶらな瞳がかわいい ルリビタキの雄に出会いたいなぁ・・・ と思って見渡していると 大きな木の上のほうに雄がいるのが見えた・・・ うまく撮れないよぉ・・・ ルリビタキは雌雄で体の色が違う 背が雄はるり色をしているが雌はオリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロの巣を見て

昨日と今日は厳しい寒さだったが 昨日は植物観察会、今日は野鳥観察会に参加した 寒い時は外に出たら逆に気持ちがいい 両日とも野鳥たちにたくさん出会えた 今日は木の上に白いボールみたいなのがあり それはメジロの巣だと教えていただいた きれいにうまく作っているなぁ。メジロすごいねぇ 以前にメジロの幼鳥が巣から落ちて困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモに遊んでもらった

今日、近くの池でカルガモが全く動かず 突っ立っていた もう1匹のカルガモが突っ立っているカルガモの 近くへやってきた やってきたカルガモは間もなく毛づくろいを始めた 近くでせわしなく毛づくろいをしているのに 初めからいるカルガモは、やはり突っ立たままにいる 毛づくろいしながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイツブリに遊んでもらった

今日、近くの池を見ているとカイツブリが泳いでいた カイツブリは2匹が連れ添っているのを見ることが多い ペアーなのかなぁ・・・ カイツブリは泳ぐ鳥としては小さい 黒っぽいけれどとてもかわいい カイツブリはよく水に潜(もく)る 潜る瞬間を撮りたいのだけど・・・ カイツブリは「潜るから上手に撮れよ」 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガに遊んでもらった

今日、近くの山を歩いていると 実がついているナンキンハゼにエナガがいた 見る植物が少なかったから、しばらくエナガに遊んでもらった 「この実はおいしそうだな」 といいながらエナガが飛んできた 「う~ん、どうして食べようかなぁ・・・」 「うんうん、この実はいける。おいしい!」 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くで見るハト(鳩)たち

神戸の街の公園を見ているとドバトが多い ドバトはよく見ると色とりどりのように見える ドバトはカワラバトとも呼ばれている デンショバトとして役割を果たしていたのが この鳩のようだ 飼われていたのが野生化して市街地やその近くで 住んでいる ドバトは群れをつくっていることが多い 神戸の郊外の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アオサギは子どもを思い出し・・・

今日は近くを少し歩いただけだった 近くの川でサギたちがいた その様子を、想像をめぐらしながら楽しく見ていた アオサギがオオサギがいるところへ降りていった 「オオサギ君、一緒に遊ぼうよ」 とオオサギにアオサギが近寄って行った オオサギは「ぼくは、いま遊ぶ気になれないよ」 とつれない返事をしながら …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白いサギたち

今日は一日雨が降っていた 昨日、近くの川沿いを歩いていると 川に白いサギが2匹いた 白いサギを見ると「シラサギ(白鷺)」と呼んでしまう私だ 同じ兵庫県のまちの姫路市は市鳥(市の鳥)を「白鷺」と指定している 白いサギは姫路や神戸の近くの水辺などで多く見る。 姫路には日本一の名城である姫路城があり(画像は改修前のもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホシハジロ

公園の中にある池で、多くのカモたちが泳いでいた といっても、わたしはカモ類を見ても区別があまりできない わたしにとっては見ることが少ないホシハジロが泳いでいた わたしはこれまでにホシハジロを見たのは 近くの人があまり行かない池だ ホシハジロは広い池や海で見られることが多いようだ そのような警戒心の強いホシハジロが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロなど野鳥たちと・・

昨日は昼夜ともに忙しくてブログが書けなかった 近くの山へ行くとカキノキにメジロがいた メジロを見ながら私が楽しんだ様子を書いてみる メジロはカキの実に興味がありそうだ メジロはカキの実のそばに行き、 「この実はおいしいかなぁ・・」 カキの実をつついてみると「おいしい!」 あとは無我夢中、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモ

近くの川沿いを歩いていると 近くからたくさんの鳥が一斉に飛び立った 「カモダ!、それにしても小さい・・・」 急な出来事でボォ~と見ていた私だ しばらく歩いていると飛び立ったかもたちがいるのが目に付いた カメラを出して撮ってみると・・「これ何ガモなの?」 という状態の私だ・・・ よく見ていると、「この頭の色の雄の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラツグミ

今日近くの山を歩いているとウグイスカグラの花が目立っていた 今年の今はことのほか花が少ないから ウグイスカグラの花を見てうれしい気分だった ウグイスカグラの花を見ていると ウグイスの鳴き声が聞こえていた 春が来ていることが実感した いい気分でそこにたたずんでいると 近くから突然鳥が飛び立っていった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more