テーマ:紅葉

イヌビワの幼木を・・・

今日は朝から風が強い、暴風警報が出ている 新神戸駅へ行ったら新幹線は風のため遅れて運行されていた 先日、近くの山では葉が美しく染まったイヌビワが目立っていた だが、この強風(暴風)で葉は落ちてしまっていそうだ 林床をよく見ているとイヌビワの幼木が目立っている 風が直接あたらない場所のイヌビワの幼木の葉は まだ落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジバフウを見ながら

近くを歩いていると、まだ、真っ赤に染まっている 「モミジ」の葉が美しく輝いていた これは紅葉じゃなくモミジバフウだ モミジバフウはアメリカフウとの別名をもつ 公園や街路に植えられているのをよく見る 紅葉が盛りの11月ごろはモミジバフウの葉も美しく染まり 見事な光景を作り出していた モミジバフウはイロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガクウツギの葉の色づき

近くの山の林床では、まだまだ紅葉が多く楽しめる コガクウツギの色づいた葉も見るのが楽しい といっても、コガクウツギとツクバネウツギは 葉が似ていて迷うことがある 実はそれぞれ特異だから、、実のようすがわかれば 特定できる。 コガクウツが枝をのばし、紅葉光景をつくっている 輝くように美しいから、しばし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカノツメはこれから

今日、近くの山を歩いていると、葉が落ちた木々が目立つ中で タカノツメの黄色く色づいた葉がすごく目立っていた。 地面を見ると、タカノツメの小さな株が 大きな葉を黄色く染めているのがかわいく見えた タカノツメも、もう葉が落ちてしまっているものがあり タカノツメ独特の枝の張りを見せてくれていて 目を楽しませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋に紅葉する山の光景

近くの山のコナラなどの紅葉がまだ美しい 今年は紅葉をすごく楽しむことができた 近くの山がナラ類などが紅葉している光景が大好きだ すてきn里山の光景だ。と感じる ただし、山が紅葉する光景は神戸ではほんとの自然の姿ではない この付近の山は、人の手が加わらなければ シイノキなど常緑林ばかりが残ってしまい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキニレの一番目立つ時期

近くのアキニレの葉が色づきものすごく美しい やや遅く葉を染めるアキニレは、この時期。貴重だ 葉が色づいたアキニレをよく見ると 熟した実もたくさんついている アキニレ、ハルニレといえばニレのなかま 高校三年生という歌の歌詞に 赤い夕陽が 校舎をそめて   ニレの木陰に はずむ声   ああ 高校三年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタを見ながら

近くを歩いていると 赤く染まったツタの葉がまだ目立っていた ツタをよく見ていると、熟れすぎてしまった 実がまだ残っていた ツタはブドウ科なのだ ツタの花は梅雨の前ごろに咲くが わたしはツタの花を撮っていなかった 花が終わると間もなく実が膨れてくる 秋の紅葉が始まるころ ツタのみは黒紫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノミツバツツジが紅葉の・・

昨日、東播磨で紅葉を見ていたら 紅葉の光景に包まれるようにして コバノミツバツツジの花が咲いていた コバノミツバツツジはこの時期に返り花を見ることは少ない コバノミツバツツジは少し前まで色づいた葉が目立っていた モチツツジはこの時期から春まで 返り花をぽつぽつ見ることができる ただ、コバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキニレは一番目立つ時期に

今日、ビオトープの整備作業に参加した時 そこのあるアキニレの実が目立っていた まだ葉は緑色だが・・まもなく・・・ アキニレは多、くのほかの木々と比べて葉が染まるのがやや遅い 12月に入ってから黄葉することが多い 葉の色が染まっても、実はまだたくさん見える アキニレの実の縁は、薄い膜状になっている 実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンキンハゼはこれからが

近くを歩いていたら、ナンキンハゼの葉が 美しく色づき、輝くように見えていた これからしばらくの期間、ナンキンハゼを見て 楽しめるときだ 美しく色づいているナンキンハゼに近づいてみると 白く見えるものがたくさん見える 緑色をしていた実が割れて、白い仮種皮に包まれた種子が見えているのだ より近づいてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウの工夫

今日、観察会に参加して歩いていると すごくきれいに黄葉したイチョウがあった あまりの美しさにしばし見とれていた イチョウは進化的に原始的な樹木だといわれている 研究的にそのことは証明されているのだが わたしは、イチョウの葉のつき方の進歩的な面に、ついつい目がいく ↑のところのように一点から多くの葉が出ているのだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホツツジはこの時期

昨日、六甲の山上へ行ったとき ホツツジが紅葉しているのをあちこちで見た ホツツジの紅葉は、わたしには強い思い出がある。 それは、20年も前のことだが、わたしはその当時は植物には まだほとんど興味がなかった。 山登りを楽しむために兵庫県中部にある笠形山へ登った時 葉が赤く色づいたホツツジの群落が一面に広がっていて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマツカの独特な・・・

今日、近くの山を歩いていたら カマツカの独特な色の紅葉が目立っていた カマツカの紅葉は明るい色で 山での光景を明るくしてくれる カマツカは、この時期、実が赤く色づいている時期だ だが、美しく色づいている葉があまりにも目立っていて 実は目にはいらない カマツカは落葉樹だから、もうすぐ葉を落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの紅葉は多様だ

近くの山はまだまだ紅葉が美しい 近くの山の紅葉はおもにコナラだ コナラの紅葉を見ているとすごく楽しい気分になる コナラは、薪など日常に使われてきた木だ 神戸の山は放置され続けるとシイノキなどの常緑樹の山になる だから、コナラの紅葉が楽しめる山の風景が里山が利用されて きている風景なのだ コナラはいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマツカの紅葉

今日は阪神地域の山を少し歩いた 山はまだまだ木々の紅葉が美しくて、目を楽しませてくれた カマツカも葉を独特の色に染めて美しく輝いていた カマツカに近づいて見ると、 色づいた葉に埋もれるような様子で赤い実がたくさんあった カマツカの実は、かなり早くから色づいている 緑の葉の時期は赤い実がよく目立つ 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コシアブラの紅葉について

近くの山はいま木々の紅葉の盛りである 葉が色づいた木々の中でコシアブラの葉も「白く」色づいている というより葉の緑が抜け落ちていっている雰囲気のコシアブラの葉だ 近くの山で、落葉のウコギ科の木といえばコシアブラとタカノツメが多い それだけにコシアブラとタカノツメは兄弟の木のように感じる だが、紅葉時は葉が黄色く染ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリカエデは秋と春に・・

今日は観察会に参加して市内の野山を歩いた 里山の紅葉がすごく美しい時期だ ウリカエデも葉を染めて美しく輝いていた ウリカエデの紅葉の様子をよく見れば、染まり方が葉によって 微妙に違っていて、見れば見るほど面白い ウリカエデの紅葉光景を見ていると まだ実がたくさんついているウリカエデもあった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカノツメはこれから冬に・・

今日、近くの山の山中で色づいたタカノツメが目立っていた 緑が多い山の中で、1本の木の葉が色づいている光景は素敵だ いまは、神戸の山は紅葉真っ盛りだ 今日もイロハモミジなどの紅葉を楽しんだ だが、タカノツメはまだ色づきはじめの木が多い この時期、タカノツメはまだ紅葉の主役じゃない タカノツメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジの紅葉を長い期間

昨日、六甲でイロハモミジの紅葉が目立っていた 楽しみな季節がやってきた 秋の日に照らされたイロハモミジの紅葉はたまらなく美しい 毎年楽しみにしている光景だ まだ葉がほとんど色づいていない色は紅葉も多い これから長い期間イロハモミジの紅葉を楽しむことができる イロハモミジの紅葉の時期は、神戸…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヤマコウバシはこれからが目立つ時期

近くの山でヤマコウバシの葉が色づきはじめていた ヤマコウバシはこれからが目立つ時期をむかえる ひと月ほど前にヤマコウバシを見たときは 実が黒く熟してきた様子だった だが、緑の葉の中で黒い実がなる光景はあまり目立つものではない ヤマコウバシはこれから急速に美しく色づいていく 淡いレンガ色をした葉は美しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブムラサキの花の時期が・・・

近くの山でヤブムラサキが多いところがある その山ではムラサキシキブはなぜかほとんど見ない 見るのはヤブムラサキばかりだ そこでは、この時期はヤブムラサキの紅葉を楽しめる ヤブムラサキは色づいた葉ばかりが見えて 実はほとんど見ない もちろん、ヤブムラサキには実がたくさんできているのだが 実は、葉の下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキの茎は・・

今日は近くの山を歩いた コナラやタカノツメなどが美しく紅葉していて 紅葉を楽しんだ コウヤボウキの葉も色づいていた ところが・・・この画像のコウヤボウキはどれも葉が互生している コウヤボウキの株には、1年目の茎と2年目の茎がある 1年目の茎には葉が互生して花が咲く 2年目の茎の葉は束生し、花は咲かない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリカエデが倒れても

今日は山の棚田の土手の整備作業に参加させていただいた 気温は低かったが、作業をするには快適な温度だった まわりは紅葉が美しい タカノツメやコナラなどの紅葉に溶け合うように ウリカエデの紅葉も目立っていた ところが作業をしていた土手で、 まだウリカエデの葉がまだ緑色のところがあった 「えっ!」と思いながら周りを見…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アカシデはいま・・

今日は北阪神の山へ行った 山の紅葉が見ごろの時期をむかえている タカノツメの黄葉やイロハモミジの紅葉がすごく美しかった 赤く色づいてすごく美しいこの木は・・ これはイロハモミジでもなくウリカエデでもない 何だろう? 下に落ちている葉を見るとアカシデだ 秋に葉が色づくシデ・・アカシデという名にふさわし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケヤキを見ながら

今日、六甲を歩いているとケヤキの紅葉が目に付いた 水辺に生えるこのケヤキを見ながら なぜか私の心の動きを感じた ケヤキの材はかたく質が緻密で木目が美しい 材の様子が際立って優れている意味の「けやけきき」 がなまってケヤキと名がついたといわれる 黄色く染まる葉の色づがとても美しい ケヤキは木によって色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチドコロは通年・・

今日、近くの山を歩いていると タチドコロの葉が黄色く色づいていた タチドコロは長い間、目を楽しませてくれる タチドコロは他のトコロ類と同じくヤマノイモ科だ トコロ類やヤマノイモと同じく秋に葉が黄色く色づく タチドコロの特徴は茎が太いところだ ヤマノイモは地下で膨れる多肉根はすごくおいしい高級食材だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオモミジ

今年の紅葉をまだ楽しむことができる。と思って 昨日、今日と六甲へ行った モミジ類はもう葉が散っている木が多いが まだまだ紅葉を楽しめる木もある 美しく紅葉しているイロハモミジが目を楽しませてくれた たくさんのモミジの木が色づいていて 「いまが紅葉の盛りだよ」という雰囲気のところがあった そこの落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの紅葉

今日、近くの山を見るとコナラの紅葉が美しかった 輝くような光景だ コナラはまさに里山の木だ 神戸で山を放置すると常緑樹の山になる 人がコナラなどを薪などに利用してきた 生活と結びつく光景なのだ 全山紅葉している もちろんアベマキやウラジロノキなどいろいろな落葉樹が混じっているが 主体はコナラだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジの紅葉をまだ楽しみながら

紅葉シーズンの盛りの時期は過ぎた しかし、まだそこここで紅葉を楽しむことができる 山の谷沿いを歩いていると イロハモミジの葉が色づき目を楽しませてくれた しかし、2週間ほど前のイロハモミジの紅葉の盛りの画像と比べれば 葉はすこしくすんだ色だ でもこの色合いは時期の特徴で、その美しさを楽しんだらいいのだね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コシアブラを見ながら

東日本、北日本は今日は雪が降っているという 今日の神戸は晴れて10度をかなり超えいて、歩くのに快適な天気だ 近くの山の紅葉はまだ美しく見れるところがある 紅葉時期のコシアブラは色が抜けていくようで、独特な紅葉だ 葉が染まり、落葉したのを見ると・・紅葉という雰囲気はないなぁ・・ でもコシアブラの葉の色が抜け消えゆくよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more