テーマ:絶滅危惧種

イヌノフグリがこんなところに

トウダイグサの花も開花していてびっくり! オオイヌノフグリの花もたくさん咲いていた 古い石垣にオオイヌノフグリらしきものが広がっていた 「もしやイヌノフグリでは?」 オオイヌノフグリは兵庫県では絶滅危惧種だ 近寄ってよく見ると淡ピンク色を帯びたかわいい花が咲いていた イヌノフグリだ!。よく見るとあちこちにたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソバオオアリドオシがたくさん・・

今日、貴重な様子の近くの山へ行った 行ってびっくりした! ホソバオオアリドオシの木がたくさん目についた それにたくさんの赤い実をつけているものが多い これは神戸市の絶滅危惧種Aランクのものだ ホソバオオアリドオシを以前からここで見ていたが この木はだんだんが少なくなっていて気になっているものだった 今日はたくさんのホソバオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブレガサモドキ・・今年の心に残る植物②

時々、山などの整備活動に参加させていただいている あまり力になりえない私だけれど・・・ ある田園地帯の土手にヤブレガサモドキがあり その保護のための整備活動をされている人たちがいる その活動にときどき参加させていただいている ヤブレガサモドキは高知県と神戸市などでわずかにみられる絶滅危惧種だ 生育している確認場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマホオズキなど・・今年の心に残る植物①

あすは大みそか。今年も終わろうとしている 今日と明日は今年、心に残る植物について書きたい 今日は、心に残るわたしの今年の植物との出会いを書きたい 9月、近くの山を歩いているとき、突然ヤマホオズキが目にはいった ヤマホオズキは兵庫県では神戸でわずかにみられるものだが、 ここ数年見られたことがなく、自生のものは滅びたかも、 と心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌセンブリを見ながら

一週間前に近くの山でセンブリの花が咲き始めていた ということはいまセンブリやイヌセンブリの花が咲いているだろう と思って近くの湿地へ行ってい見た 予想通りイヌセンブリの花がたくさん咲いていた イヌセンブリの花を見れば花の中に長い毛がたくさんあり イヌの顔のようにも見える 犬(イヌ)センブリの名はぴったりだな。と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツメレンゲを見ながら

昨日、近くの山へツメレンゲの花を見に行った 満開少し前という感じ、 まあ初々しいこの光景も見ていて気持ちいい様子だ ツメレンゲの名のいわれはすごくわかりやすくて好きだ 「ツメ」は葉の先端が刺状にとがっている状態を動物の爪に見立ててた。 また「レンゲ」は蓮の花のことで葉の集団の様子を蓮の花の状態に見てた。 見ていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オケラのしべ

近くでオケラが生えるところへオケラの花を見に行った。 ところが、残念なことに草刈りされた直後だった。 刈られるのを免れたオケラが数本花をつけていた 草刈りをされる前だったらたくさんの花をつけたオケラがあったのに・・・ でも定期的に草刈りをされるからここにはたくさんのオケラが生えているのだ 草刈りをされなくなってオケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコノアシが・・

今日、近くの川のそばを歩いていたら 花が咲いているタコノアシが目にはいった。 とてもうれしい。 なぜなら、今年はこの川をいくら見ていても タコノアシが確認できなかったから・・・ よく見ていたら、数本のタコノアシを確認できた いま、タコノアシの生育のことについてわたしはすごく気がかりなのだ よく行かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒナノカンザシが・・・

近くの湿地へ行くとヒナノカンザシの花が目に付き始めていた ここでこの花が咲きだすのが一月ほど遅いよ それに背丈が低い 長い間雨が降らずに乾いていたから芽生えることができなかったように思う 例年、8月中旬にたくさんのヒナノカンザシが背が高く伸び 花を見事に咲きそろえているのに・・・ ヒナノカンザシの花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマホオズキと久しぶりに

ヤマホオズキを求めて近くの山を歩いていると 実がぶら下がったヤマホオズキが目にはいった ヤマホオズキと出会うのは数年ぶりだ このヤマホオズキの株はとても大きく元気だ だってヤマホオズキは兵庫県では一時滅びたのではと心配され 神戸でわずかにみられるだけのものだもの・・ この独特な形をしたヤマホオズキの実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズオトギリの花を

今日、ミズオトギリの花を見に行った 美しく咲く花にしばし見とれた この花に出会うのに少し苦労した 今日はそのことについて書いてみたい 先日、午前中にその場所を歩いた たくさんのミズオトギリがあることにびっくりした ただしミズオトギリの花が開くのは午後遅くだ その場所にはコケオトギリがたくさん生えていて コケオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツヅラフジ

今日、六甲を歩いていて 谷川沿いで昼食をとるため座って周りを見たら 何かがたくさん芽生えてきていた 「なんだろう?」と思ってよく見るとツヅラフジだ アオツヅラフジはよく見るけれど ツヅラフジは神戸では絶滅危惧種だ 芽生えて伸びだしているツヅラフジには細長い幼葉がついている 芽生えたときに出てきた葉だ このよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コカモメヅル

今日、近くの山を歩いているとき 出会った知人たちからコカモメヅルの花が咲いているのを 教えていただいた 早速その場所へ行ってみるとコカモメヅルの花が咲いていた コカモメヅルは日当たりのよい土手などで見るが 案外見ることが少ない あかるい山などでオオカモメヅルを見ることは多いが・・・ コカモメヅルはオオカモメヅル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマホロシの花がたくさん

六甲を歩いていたらヤマホロシの花がたくさん咲いていた びっくりだ! ヤマホロシと同属の近くでよく見るヒヨドリジョウゴは 蔓が伸びだしてきているところでまだ花は見ていない 一足先に花が開いてきたヤマホロシ、毛がなくスキッとしているなぁ・・ よく見るとそのヤマホロシは大株で、高く登っていたのが 登っていた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウメガサソウ

昨年秋、神戸の山でウメガサソウを見つけた もちろんその時期は実がふくれている時期だった といっても神戸で山でウメガサソウを見たのは 初めてだった 「ウメガサソウは今頃花が咲いているのではないか」 と思って、今日その場所へ行ってみた 行ってみるともう花が終わり始めている株が多かった それでも花を見ることができてう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジガバチソウがあった!

今日、観察会で六甲山系を歩いていると 思わぬところでジガバチソウが生えていて 花が咲いていた。 びっくりだ! ジガバチソウはこのような群落を見ることがあるが 生えているところは限られていて 絶滅危惧種に指定されている やはり多くの人が見ていると思わぬものが目に入り すごく楽しい ジガバチソウは花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメカンアオイ再び

今日は一日雨だった 昨日、近くの山へ行ったとき ヒメカンアオイの葉があちこちで目に付いた 「ヒメカンアオイは今が花の時期だ!」 と思いながら見ていると やがて、花が咲いているのが目についた 地面の落ち葉にうずもれるように 地面に花が置いてある。という感じだ アリなどに受精の助けを期待しての花の様子だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケスハマソウ(ミスミソウ)

今日、近くの山へケスハマソウ(ミスミソウ)の様子を見た ケスハマソウの花は日が当たらないと開かない 行くのが早すぎたためまだ花が十分に開いていなかった 神戸のケスハマソウの花は周りがピンク色を帯びた独特な色合いだ 地域によって花の特異性があるのが自生のいいところであり それぞれが貴重だと思う 花の色が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オガタマノキを見ながら

近くのオガタマノキを見ると実が赤くなり目立っていた オガタマノキはいろいろ特徴的で 変化を見ていて楽しい木である オガタマノキの実は赤いブドウのようだ 花は春早くに咲き始めて春の深まり告げてくれる だが、小さくて葉に隠れているようで目立たない オガタマノキの小さな花をよく見ると ほのかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバナアキギリの花

今日は一日雨ふりで歩かなかった 昨日近くの山でキバナアキギリの花が咲いていた 神戸では生えているところが限られていて絶滅危惧種になっている それにしても株は多くあるのだが今年は花がまばらなようだ このように広い範囲で花がたくさん咲く年があるのに・・ わたしはまだキバナアキギリの花の仕組みが分かっていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴキヅル

今日、市内を歩いていたら 川の中でゴキヅルがのび花が咲いていた ゴキヅルを見たのは10数年ぶりである それだけにうれしかった ゴキヅルは広く広がり花がたくさん咲いていた このように元気なのに兵庫県では絶滅危惧種だ 生育できる条件のある川が少なくなっているのだろうか? ゴキヅルは花穂を伸ばしたくさんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミズオオバコを見ながら

近くの田でミズオオバコの花が咲いている ほのかにピンクを帯びた美しい花だ 田の雑草として嫌われがちだが 薬剤などには弱く、今では絶滅危惧種になっている ミズオオバコは水が浅い水田でも見るが かなり深い山の池でも見ることがある というよりミズオオバコがある池の水が 用水路を通って田に流れるときに ミズオオバコの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガマ

今日はいつも整備をさせていただいているビオトープへ行った そこでコガマの花が咲いていた このビオトープではコガマは植えられたことがないのだが 何故か数年前に突然現れて株を増やしている 兵庫県でも神戸市でもコガマは絶滅危惧種なのに・・・ コガマはガマやヒメガマよりも花期は遅い ガマやヒメガマは花はもう咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマホロシと…

朝起きると雨が降っていた。 天気予報も雨がちの天気ということだったが 天気予報の雨雲の状況を見るとしばらくの時間は 大雨にならない。と見て六甲へ行った ヤマホロシのつるがのびて花が咲き始めていた ヤマホロシはナス科だ。ナス科の仲間の花だ。といっている ナス科はイヌホオズキやヒヨドリジョウゴのように 身近でよく見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキラン

今日、近くの山でカキランの様子を見た 花が咲き始めていた まだまだ花が咲きだしていない株が目立つ カキランを楽しむ本番の時期はもう少し先である それだけに咲きだしている花を見るとうれしい カキランは別名でスズランといわれる つぼみが鈴のかたちをしているとして名がついている 神戸ではカキランは非常に多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコグラノキ

先日、少し離れたところでヨコグラノキの様子を見た もう花がかなり咲きだしていた 例年より少し早い開花だ ヨコグラノキはこのあたりではごく限られたところでしか見ない 兵庫県では絶滅危惧種に指定されている木だ ヨコグラノキの花は小さいけれど 黄色い花が集まった花序が突っ立つ姿は 緑色の葉とうまくコントラストをしてと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジギク

東播磨の海岸へノジギクを見にいった。 ノジギクは野路菊と書くが ノジギクの生育場所は日当たりがよい海岸である 海岸の岩場などに生えていることが多い ノジギクの花は舌状花がぼってりしていて ノギクの女王のような雰囲気に感じる ノジギクはわが兵庫県の県の花なのだ 兵庫県ではノジギクは絶滅危惧種に指定され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコノアシ今年は・・

今日はタコノアシを求めて近くの川の上流へ行った 近くの川ではタコノアシが生えていたのだが この夏の何回か続いた大雨で流されてしまって タコノアシを見つけることができないのだ 今日行った上流でタコノアシが見つかった タコノアシはもう真っ赤になってゆでだこ状態になっている ゆでだこ状態のタコノアシがあちこちたくさん見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オケラの花がまだ・・・

近くの山沿いの土手を見ていると オケラの花がまだ咲いていた 寒さのためか葉などは色が変わってしまっているのに・・・ それだけに懸命に咲いている花を見たらすごくうれしい気分になった 振り返ると今年はオケラの花を見ていなかった オケラは少なくはなってきているが それなりに生育しているところはあるのに・・・ 今年は9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌセンブリとなかまたち

今日近くの湿地へ行くとイヌセンブリの花がたくさん咲いていた 秋が深まり見る花が少なくなってきたこの頃だから イヌセンブリの花を見てすごくうれしかった イヌセンブリは湿地や湿った溝辺の畔などで見る ヤマラッキョウなどと一緒に咲いていることが多い イヌセンブリは齧(かじ)ってもそんなに苦くない 苦い苦いセ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more