テーマ:絶滅危惧種

スズサイコの仲間は希少な・・

昨日行ったはビオトープではスズサイコの花が開いていた スズサイコの花は早朝に開き、午前中はやい時間に閉じるが 曇りの日は比較的遅い時間まで開花している スズサイコの花を見ると しべが立った副花冠に囲まれている様子に特徴を感じる 雨の日はスズサイコの開いている花を昼前まで長時間見られる 茎や葉が細くかた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキランを見ながら

今日、通りかかったところで カキランの花が咲いていた 花が少ない時期だから、この花に出会って とてもうれしかった カキランの花は明るい雰囲気で目を惹きつける 花の色を柿の実の色に見立てて「カキ」の名がついた カキランの花にはずい柱がよく目立つ 多くのランの仲間がもつずい柱だ まさにカキランとの名が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマグルマの「花」を・・

今日、六甲山上の六甲鉱山植物園へ行ってみると 大きなヤマグルマの木があり、下のほうへ垂れている枝があった これはすごくラッキーだ ヤマグルマの下に垂れた枝には「花」が咲いている それを間近に見られるなんて・・ ヤマグルマは六甲で稀に見る だけど、生えているところは突き出た岩の厳しいところなどだ・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキソウの花が

今日は東播磨の湿地へ行った トキソウがたくさん乱れ咲いていた トキソウのこのような群落を見るのは初めてだ トキソウは神戸でも見ることはある だけど、多くあってこのような群落だ それも年を経ると・・・不安定な状態だ トキソウの花の色は美しいなぁ・・・ 日本の特別天然記念物でニッポニア・ニッポンとの名の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イシモチソウはいま・・

コロナウイルスのため自重していたが 今日、久しぶりに東播磨方面へ行った 道端の草原で白い花が目立っていた 「なんだろう?」と思って近づいてみると イシモチソウの白い花が美しく開いていた イシモチソウの花は白い5個の花弁が目立つ 美しい明るい花だ イシモチソウは花の後実を膨らめせ 夏に黒く熟す だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキノハグサはこれから

今日、近くの山でカキノハグサのようすを見た 期待通り花は咲きだしていた カキノハグサは兵庫県では神戸市でしか見ないようだ でも近年、市内で新たにみられるところもあるようだ、 株も増えてきていてうれしい現象だ カキノハグサは花の時期が進んでくると 花の先が赤みを帯びる 柿の色を連想する花の色だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムヨウランの花に

昨日、近くの山のムヨウランのようすを見た この花がきれいに開いた状態になかなか出会えない よく見ていると花が開いているのが見えた さすがにランの花だ ムヨウランは無葉蘭 葉はない、無葉緑腐生植物のランなのだ 無葉緑腐生植物のランでよく見るものにツチアケビがある ツチアケビは大きくて見つけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ユキグニミツバツツジはいつまでも

今日、六甲の山上へ行ってみた ユキグニミツバツツジが花の見ごろを迎えていた もう、コバノミツバツツジは花が終わっている ユキグニミツバツツジと共演をするよ。というように ヤマツツジがつぼみを膨らませてきていた 六甲中腹では、ヤマツツジの花がいま目立っている が、山上ではこのようなようすだ・・・ 少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランをいつまでも

今日、近くの山を見るとキンランが目についた 「えっ!、まだつぼみ・・・。今年の開花は遅いなぁ・・・」 キンランはゴールデンウイーク頃が花の見ごろだったのに と、思って歩いていると開花したキンランが・・・ 「でも、花を見られたくないよ・・」といっているように 花の中がのぞき込めない・・・ 数日前、近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オガタマノキはいつまでも

近くの遊歩道なのに植えられているオガタマノキが 10本ほどある いまオガタマノキの花がたくさん咲いている 毎年、この花を見て花の季節が来た。と感じる オガタマノキの花は小さくてかわいい 花被片の基部に赤色を帯びているのがかわいい 花や木皮や葉から芳香を放っている お寺や神社に植えられているのを見ることが多い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマナの花を

日、アマナの生えているところへ行った 午後に晴れたので、陽をいっぱい浴びて たくさんの花が咲いていた その場所へ午前に通ったときは、曇った空のもとで アマナの花はほとんど開いていなかった アマナは陽光を十分に浴びなければ花を開かない アマナはユリ科アマナ属、 ユリ科だから花の器官の数は3の倍数からで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌノフグリが少しでも・・

今日、近くのイヌノフグリのようすを見に行った 花は咲いていたが・・・、気になる イヌノフグリは在来種だが絶滅危惧種に指定されている 数年前、庭でイヌノフグリの種を少し撒いた いまでは我が物顔のようにあちことにに広がって 花が咲いている ところが、今日行ったところでは ヒメオドリコソウなどほかのものに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリドオシとなかまたち

アリドオシが生えているところへ連れて行ってもらった わたしは神戸市内でアリドオシを見るのは初めてだ 県内でアリドオシを見ることはある 赤い実、特徴的な花、これらはアリドオシのなかまの 共通の姿だ そうそう、アリドオシの仲間を見るときにはわたしは葉に注目する この仲間の葉は対生だが、大きな葉と小さな葉が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セツブンソウの花が・・・

昨日は節分・・・。わたしも巻きずしは食べました 今日は、立春。暦の上では春ですね 昨日、神戸森林植物園へ行くと、節分に合わせたように セツブンソウの花が咲いていた セツブンソウは、神戸では自生していない 神戸でもセツブンソウの花が見られる植物園はありがたい わたしが自然の中のセツブンソウを見たのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノシランはいま

近くの山でノシランが点々とあり 若い緑色の実ができていた よく見ていると実が少し色づいている ノシランもあった ノシランは神戸では植えられたものをよく見るが 自生のものも見ることがあり、絶滅危惧種に指定されている ノシランは実(花)の茎が平べったいのが特徴だ このようすが熨斗(昔のアイロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコノアシがいつまでも

近くで見るタコノアシを見ると 全体が赤くなって「ゆでだこ」のようになっていた タコノアシはいまは実が熟す時期をむかえている この時期がタコノアシが一番目立つ時期だ タコノアシは8月の終わりごろ、蛸の足状に伸びた花穂に花が咲く 花は花弁がない、あまり目立たない花だ ところで、タコノアシの生態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチカモメヅルが

昨日は、夜にバタバタしていて、ブログを書くことができなかった 昨日おこなわれた 神戸市環境局主催の神戸ゴルフ倶楽部の草原性植物の観察会 に参加した 例年参加しているが、神戸付近ではここでしかない兵庫県絶滅危惧種Aランクの マツムシソウが昨年より多く見られたことはとてもうれしかった ほとんど農薬を使わずに整備管理されているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキランはいまが・・

今日、通りかかった土手でカキランの花が咲いていた カキランは神戸では絶滅危惧種になっているが 近年、少し見ることが多くなってきているのは とてもうれしいことだと思う カキランの花の側花弁は橙黄色、唇弁の内側に紅紫色の斑紋があり 見れば見るほど美しい花だと思う カキランの名は花の色が柿の実の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッコクの花を見ながら

今日、通りかかったところでセッコクの花が咲いていた 自然状態には変わりない状態だが 保護されているもののようだ セッコクは兵庫県西部などで見ることがあるが 盗掘などのためすごく少なくなっていて 兵庫県や神戸市では絶滅危惧種Aランクだ このように自然状態であってこそ本当の美しさがあると思う …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミクリを見ながら

今日、よく行くビオトープの整備作業をした そこで生えているミクリが花の時期を迎えていた ミクリは花序を3本以上だし 下部に雌花序を数個、上部に雄花序を10個前後つける 雌花は雌しべが、雄花は雄しべが目立っている ミクリの雄花序群は下から咲き上がっていく ミクリは花が終わると雄花は役割を終え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モリアオガエル

今日は一日雨が降っている 一昨日、通りがかった池でモリアオガエルの卵が目にはいった モリアオガエルの卵はこれから7月上旬まで目を楽しませてくれる モリアオガエルは必ず木の上に卵を産む モリアオガエルの卵がある場所の下は必ず水がある 「木の上で下が水面」という条件をクリアするモリアオガエルの 産卵場所を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムヨウランの花が

雨の予報の日であるが、 午前中は雨はあまり降らないようなので近くを少し歩いた 以前ムヨウランを見たところを見ていると ムヨウランは伸びだしていて花が開きだしていた といってもムヨウランはまだまだつぼみのものが多く また、長い間雨が降っていないので芽生えているのはわずかだ 雨が降ったら、多く芽生えてくるだろうと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌノフグリについて

昨日夕方、庭を見るとイヌノフグリの花が咲いていた といっても、夕方だから花はかなりしぼんだ様子だった イヌノフグリの花は1日花でその日に役割を終えるから 昼間はよく開いていたはずだ 数年前に、庭にイヌノフグリの種を撒いたら、 芽生えて広がっている まもなく、イヌノフグリの花が多く見られる時期がくるのだ 今年も自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキの花が

今日、六甲を歩いているとコウヤボウキの花が咲きだしていた これからしばらく楽しめる花だ コウヤボウキの花を見るとき、茎の葉に目が行きがちだ 花がついている下には葉が互生についている なぜ、葉のつき方にこだわるかといえば コウヤボウキの茎には葉が互生につくものと束生するものがある コウヤボウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テイショウソウの花が

近くの山でテイショウソウの花が咲き始めていた 例年、9月後半からこの花を見るのだが テイショウソウの花の開花は例年より少し遅れている テイショウソウは花穂が細く、画像が撮りにくくて苦労する 「エッ!、 それは撮影する技術が下手だからだと?」 それはその通りなのだけれど・・・ テイショウソウは神戸の山で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコノアシは今後が心配

昨日,作業をしたビオトープではまだタコノアシの花が咲いていた タコノアシの花は花弁がない 見ようによっては蛸の足についている吸盤のようにも見える 秋が深まると赤くなりゆでだこのようになるタコノアシだ タコノアシは数日前に行ったところでも群生していた 兵庫県では以前、タコノアシは但馬と神戸のごく限られたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズオオバコの花が

今日、近くの水田を見ていたらミズオオバコの花が咲いていた と、いっても今日は久しぶりに雨が降っていた ミズオオバコは葉が沈水する水生植物だが、 花に水(雨)がかかれば美しくないなぁ・・・ 右の花の画像は先日撮った、雨に濡れてない花だ ミズオオバコの花は本当に美しい この花が咲く光景はまさに花園だ でも花は朝開い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サギソウの花を見ながら

近くの湿地に生えているサギソウが花の盛りをむかえている 必ず見たくて、年に一度は見に行くサギソウだ サギソウの花は実に特異な形をしている 鳥のサギが飛んでいる姿に似ていることから名がついている サギソウの花とシラサギの一種コサギの飛ぶ姿を並べてみた 「エッ!。シラサギよりもサギソウの花の方が・・サギ見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タヌキマメをこれから

今日、観察会に参加して行ったところでタヌキマメの花が咲き始めていた 青色の独特の花のタヌキマメを見ると ユーモラスに感じ、見ていてうれしくなる 数日前にそのあたりを見たときはタヌキマメに気づかなかった そのときは花がまだ咲いていなかったようだ 秋の花の季節が進んでいるのを感じる タヌキマメの花は下から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オモダカとなかまたち

近くの田でオモダカの花がよく目立っている 暑い日が続いているから水辺で花咲く白い花は 涼しげでとてもいいものだ オモダカには雄花と雌花があるが 雄花が目につくときと雄花が目につくときがある だけど、オモダカはおなじ株に雄花と雌花が咲く雌雄同株だ それなのに・・・雄花ばかりが目立つときがあるなんて・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more