テーマ:つぶやき

ニオイタチツボスミレ

今日は近くの山へ行った 日当たりのよいところでソメイヨシノの花が開きだしたところだ セイヨウカラシナの花も十分に開いていない 「今年はすごく春の花が咲くのが遅いなぁ・・・」 そう思いながら歩いていると 道端でスミレの花がたくさん開いているところがあった ナガバノタチツボスミレが多かったが 花の色がひときわ濃く、鮮やかなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキワリイチゲの花は… 今年は・・・・

今日は朝から陽がさんさんと射す好天だった 「こんな天気の日はユキワリイチゲの花が咲いているだろう」 と、ウキウキしながら 神戸市内でユキワリイチゲが自生しているところへ行った というのは その場所へ今年行くのは4回目だった 3月に3回、ユキワリイチゲの花の様子を見にいったのだが ついた時には曇っていたりして、花が開いた状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キュウリグサ

今日は冷たい風が強かった 昨日と比べて気温もぐんと低くなった 春は来ているが春の天気は荒っぽい メタセコイアの花を狙っているのだが風が強くて・・・ 近くの道端でキュウリグサの花が咲き始めていた 明るいブルーの花が咲く様子は花の春を感じうれしい キュウリグサは道端などに生える小さな雑草だ 群生する様はまさにはびこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコヤナギの花

いろいろな花が目立ってきた ネコヤナギも今が花盛りだ 遠くから見ると、どの木の花も同じように見えるが ネコヤナギは雌雄異株 雄花が咲く木と雌花が咲く木がある ネコヤナギの花もほかの多くの花と同じように 雄花のほうが雌花よりもよく目立つ ネコヤナギが多くの人を一番ひきつける時期は 今の花の時期ではない 今より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナショウジョウバカマ

今日は六甲を歩いた 春の日差しを受けて気持ちよかったが 六甲の草木は冬の光景のままだ。 クロモジはまだつぼみだ、キブシの花は咲きだしてきていた よく目立つ花はネコヤナギ、アセビ、マンサク・・・ 春はまだ遠い光景だ そのような冬を思う光景の中で シロバナショウジョウバカマの花が咲きだしていた 真白な色の花がとても美しい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオジ

ウグイスの美しい声が聞きながら道を歩いていると 1羽の鳥が近くの木にとまった ウグイスかな?と思ったが違うようだ・・・ カワラヒワかな?と思ったがくちばしの様子が違う アオジだった アオジは冬にはこのあたりで見ることは多くある 兵庫県の北部の山では年中見られる鳥らしい だのに、なぜか兵庫県の絶滅危惧種に指定され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイスカグラ

春が来た。一気にきた 明るい日が差す気持ちよい天気である 田園地帯ではヒバリがあがっている 賑やかに鳴いて春の到来を告げている 近くの山でもウグイスの鳴く声が気持ちよい ウグイスの鳴き声に目を覚まされたのか ウグイスカグラの花が咲き始めていた ウグイスカグラは例年なら 真冬にも咲いている花を少し見る 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウジョウバカマ

今日は気温がかなり上がった 近くの山を歩いたがすごく気持ちよかった 見る花はアセビとヒサカキだけだが・・・・ 「気温が上がれば春の花も一気に咲きだしてくるだろう・・・」 と思いながら歩いていると、池の土手のところで ショウジョウバカマの花が咲いていた びっくりだ。 この花は例年より早く見た 今年はこの時期の花が遅いから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスミレ

通りかかったの土手を見ていたら ナガバノタチツボスミレのたくさんの花が 「今が花の盛りだよ。」といわんばかりに咲き乱れていた ナガバノタチツボスミレの花は美しいが どことなく「だらり」とした雰囲気で、少ししまりがない 「その雰囲気がこの花のいいところかな。」などと思いながら歩いていたら 突然に、2枚の上弁がウサギの耳のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレ

今日、日当たりのよい砂地のところで ノジスミレの花が咲きだしていた 今はナガバノタチツボスミレの花を多く見るが それに比べてノジスミレは 細長い葉や紫の花の色はスミレにとてもよく似ている 花も葉もスミレと比べてだらりとした雰囲気でしまりがない・・・ メシベの様子はスミレと非常によく似ている 全体の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キブシ

山へ行ったらキブシの花が咲きだしていた キブシの花も春を告げる黄色い木の花の一つだが 花の色が落ち着いた黄色で鮮やかさはあまりない それでも他の花が見えない山では黄色く輝いて見える 例年ならキブシの花を多く見る時期だが 今年はこの花の開花も少し遅い 遅いながらも花が咲きだし春が来ているのだ まだ蕾の木が多いのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンコウバイ

今日行ったところではアブラチャンの花とダンコウバイの花が目立っていた 春が来たことを知らせてくれる黄色い木の花たちだ どちらも黄色い花ですごくよく似ている ダンコウバイは葉の形は特徴的だから、葉が出ていたら、すぐにわかるのだが・・・・ 遠くから見るとアブラチャンよりダンコウバイのほうが花がよく目立つ しかし、近くで花を見たら同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンサイタンポポ

近くの田園地帯の土手を見ると早春の花が咲き乱れている 特に、オオイヌノフグリとタンポポの花が目立つ この土手で見るタンポポは在来種のカンサイタンポポばかりだ 黄色い花がじゅうたんのように咲いているところもある カンサイタンポポは総苞片が反り返らない 以前よりタンポポ戦争という言葉をよく聞く セイヨウタンポポと在来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラサバソウ

近くの道を歩いているとフラサバソウの花が咲いていた こどものころは、フラサバソウを見た記憶がない 日本に明治時代には入ってきていたようだが 長い間、この花を見た人がない時期が続いたようだ このごろ道は端などで見ることがままあるようになってきた フラサバソウは花は小さくて群生を見ても目につきにくい よくよく見たら同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒサカキの花

今日は歩いていて暑かった。 寒さ暑さがジェットコースターのように変わるこの頃である 近くの山を歩いたが、花が目立つのはヤブツバキだけ 今年はウグイスカグラの花をあまり見ない 山の木々も、ジェットコースターのような気温の変化に 戸惑っているのかなぁ・・・・ 歩いているとヒサカキの雄花が咲いていた ヒサカキの花を見るのは例年よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヒワ

今日は気持ちよく晴れた 吹く風は冷たかったが昨日と比べれば寒さはかなり緩んだ 歩いていて気持ちよい天気だ 近くの神社の大きな杉の木の下で 黄色い鳥が、一生懸命スギの落ち葉をつついていた 姿はカワラヒワと似ている でも色がとても明るい黄色だ 調べて見るとマヒワだった マヒワはあまり見ない 神戸にも多い鳥のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トサミズキ

今日、いつも見ているトサミズキを見ると 黄色い花が咲いていた トサミズキはマンサク科 近くに植えられているトサミズキは 花がまず咲き、春の到来を知らせてくれる その近くではサンシュユの花も咲き始めていた 山ではマンサクの花が咲いている 春の到来を知らせてくれる黄色い花咲く木々たちだ ここ数日は春本番を思わせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノタチツボスミレ

今日も春本番の到来、を思うような暖かさだった その陽気に誘われるように近くの山のふもとで ナガバノタチツボスミレの花が咲いていた この花は、昨日表六甲のふもとで今年初めて見ていた。 そのときは、 「やはり表六甲は温かく、さすがに花の開花がはやい」 と思った ところが、この付近でもナガバノタチツボスミレの花が咲いている 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスノエンドウ

今日は暑いと感じるぐらいの陽気だった 神戸市街の梅園にいった 梅の花は今が花ざかりの状態だった 梅の木の根元には、ナズナやオオイヌノフグリなどが 寒い時期とは違ってのびのびした雰囲気で花が咲いていた カラスノエンドウはまだつるが伸びてきている状態のものが多かったが よく見ると花が咲いているのが数本あった カラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマネコノメソウ

今日、山へヤマネコノメソウの様子を見にいった ようやく花が開いているものがあった 例年より少し遅い開花だ ヤマネコノメソウの花には花弁がない ガクは緑色 目立たない小さな花だが 春を知らせてくれる花だ それだけにこの花を見たらとてもうれしい 小さな目立たないヤマネコノメソウが 黄金いろのしべを目立たせている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンの花

今日、近くの田園地帯を歩いたが ホトケノザやナズナ、ヒメオドリコソウ以外の花は目につかなかった 花の時期直前の、花が目立たない静かな景色だ 先日行った加古川市の温室ではレモンの花が咲いていた レモンの花を見るのはそのときが初めてだった 近くでレモンの木が植えられているのを見る そのレモンの木には今も実がなっている あの紅茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとヤブツバキの花が…

今日は近くの山を歩いた 目当てはハンノキの花を見ることだったのだが、 今日見たハンノキは近づけるところにはなかった でも、ヤブツバキの赤いつぼみが見つかり とてもうれしかった うれしい気分で歩いて行くと 花が咲きだしているヤブツバキがあった ヤブツバキの花は例年は12月ごろに咲き始める 大寒あたりの一番寒い時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナの花

今日は穏やかな晴れた日だった。 寒い昨日に、寒さを避けようと思い、 今日の外出先を、梅「の木があり温室があるところ」として 加古川市の「みとろファームパーク」と計画していた 今日は昨日の計画通りに「みとろファームパーク」へ行った 広い園内に多くの梅の木があり、花が6,7分咲きていた 梅の花としては見ごろだ この縁は、白い花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセンの花

昨日以上に冷え込んだ一日になった 一度暖かさを経験したからこの寒さがすごくこたえる 野の花も同じ気持ちなのではないかなぁ・・・ 一度開いていたナズナの花も花弁が閉じている この寒い中でスイセンの花はぱちりと開いている 寒い中でも日差しは春の日差しになっていて明るい 明るい日差しの中で咲いているスイセンの花を見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カクレミノの・・・

今日は六甲を登るつもりでいた 寒い朝だったが、「六甲を登ろう」と決心して家を出た ところが、やがて雪がちらちら降ってきた 六甲へ近づくにつれて地面が白くなってきた・・・ 「これは六甲を歩いたら大変だ」と思い 歩く場所を近くの山に切り替えた 山の入り口付近ではオオイヌノフグリやナズナの花が閉じていた 山を歩いても、開いた花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイスミレ

庭に植えているニオイスミレの花が咲きだしてきた ニオイスミレは外来の園芸種 この花は例年ならもっと早く咲きだしてくるが この花も今年は遅い ニオイスミレと同属で近くで見るアオイスミレは この付近では自生種の中で花が一番早く咲く アオイスミレの花ももう咲きだしてくるはずだ そう思ってニオイスミレの花を見ていると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジの冬芽を見ながら・・

今日は一日雨だった 2日続きの冷たい雨だ わたしたちにとっていやな雨だが この雨で木々たちは花や葉の芽を膨らませているだろう この時期の適度な雨は木々たちにとって貴重なのだ あるへ季節が進む中での大切な雨だ 近くの山のクロモジを見ると まるい花芽が膨れてきている 真ん中の葉芽も大きくなっている 早春に輝くように開いてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日のエナガ

今日は雨の一日だった 家でこもって、いろいろな作業をした このような日も大事だな。と思う 昨日、近くを散歩していたら エナガがコゲラのまねをするかのように 大きなクスノキをつついていた ほかのエナガも近くにいるのだけど、 そのエナガは、必死でわが世界にいるようだった 私はその様子を見ていた エナガは気づかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメオドリコソウ

通りかかった草はらで ヒメオドリコソウが茎をすくっとのばし 花をぱちりと開いていた そういえばヒメオドリコソウは 寒い時期も霜で真白になりながら花が咲いているのを見ていたが この冬はこの花に気づかなかった この冬はヒメオドリコソウの花が少なかったように思う 例年よりも寒さが厳しい冬だったからかな?と思うのだが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セリバオウレン

今日は六甲へセリバオウレンの様子を見に行った 毎年この時期にセリバオウレンの花を見に行っている いやいや 今日行くのは例年より4,5日遅い 「もうセリバオウレンの花が咲いているだろう?」と思って わくわくしながらその場所へ着いた ところが白い花は目に入らない・・・ よくよく見ると白い花が少しはあった しかし、花は少ない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more