テーマ:つぶやき

カゴノキ

今日は一日冷たい雨が降り続いた 今日は雨で歩けなかった 先日、六甲へ行ったときに 大きなカゴノキに赤い実がいっぱいなっているのがあった 赤い実で全体が赤く見え見事だった こんな光景を見るのは久しぶりだった カゴノキの花は9~10月ごろに咲く それから1年かかって実がふくれて 翌年の秋に赤く熟す シロダモとよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブムラサキ

今日は雨が降っていたが 近くの山を歩いた 山は紅葉の季節を迎えていた ウルシ類や、ヤマノイモ、フジの色づきが目立っている クロモジやカナクギノキの葉も鮮やかに黄色くなっている そのような景色を楽しみながら歩いている中で ヤブムラサキの実が色づいているのが目につく ヤブムラサキの実は濃い色の紫 それに毛深いガクが残っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンドウ

今日は兵庫県中部で用事があるついでに、 知人に教えてもらった素敵なところへ行った 広いところでスイランの花がたくさん咲いていた 花の盛りは過ぎていたが、すごく美しかった 草刈りがされた畔や土手で アキノキリンソウなどの花がたくさん咲いていた たくさんのリンドウの花も咲いている 一度刈られた背が低い茎の先で・・・・ 手入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキ

今日も気持ち良い天気だった 今日は忙しくて歩くことはできなかったが・・・ 先日、近くの山へ行ったら コウヤボウキの花がたくさん咲いていた 細い茎のわりには花が大きくて 花の重さのために茎が少し曲がっていることがある 白っぽい花がたくさん咲く光景は あまり目立たない だが近寄って見ると 小さな筒状花がたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌビワ

今日は暑いほどだった 晴れたいい天気だった 近くの山のふもとを歩いていると イヌビワの木があり 花(果)嚢がたくさん見えた イヌビワはイチジク(無花果)のなかまだ イチジクと同じように花が見えない この花嚢の中で花が咲く 花が終わっても花嚢の様子は変わらずに 果嚢になる いい色になっている 柄の様子を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の六甲を歩いて・・・

今日は六甲を歩いた イナカギクやヤクシソウの花が咲きだしていた コウヤボウキの花も咲きだしている いよいよ秋本番の花たちが咲いてきた ガマズミ類の実も赤く熟してきている シラキの葉が色づき始めた 気持ちよい気候、美しい秋の光景 歩くのに実にいい時期だ 秋の光景を楽しみながら歩いていると クサアジサイの花が輝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中で花咲くノリウツギ

六甲へ行ったが 今日の六甲は朝から霧が強かった そして時折、弱い雨が降っていた 空がだんだん暗くなり 昼前から雨あしが強くなった 六甲山で午前中に草刈り作業をして、 午後はゆっくり歩こうと思っていたが 昼過ぎに引き上げた 満開のノリウツギの花が 雨の中で煙っていた 晴れた日に見るのとは違った趣がある ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクラン

今日は近くの山を歩いた そこでコクランの株がかなり多く目についた もう花が終わっているのが多かったが まだ花が見ごろなのもあった ジガバチソウとクモキリソウとこのコクランは このあたりで見るクモキリソウ属の三兄弟 葉は非常によく似ている 花の色が黒い紫色 すごくシックないい色なのだが この色の様子からコクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナスビ

近くの土手でコナスビの花が咲いていた つる状の茎に黄色い5弁の花が並んでいる コナスビはよく見てなじみ深いものだ コナスビの仲間にはどんなものがあるのだろう? と見てみたら サクラソウ科 なるほど5弁の花だが・・・ オカトラノオ属 オカトラノオとは花序などが全く似てないが・・・・ コナスビはコナスビなんだよ といって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイバラ

田園地帯を歩いていたら大きな崖に ウツギとノイバラのそれぞれの大きな株が並んでいて たくさんの白い花が競うように咲いていた ウツギの花ノイバラの花を近くで見るとずいぶんと違うが 遠くから眺めると、どちらも同じように見え 真白な美しい景観をつくっていた ノイバラは鋭いとげをもっているから さわればとても痛い。花は美しいが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリ(桐)

今日、近くを自動車で通っていると あちこちでキリの花が咲いていた キリの材は高級なタンス材として利用されてきた 軽くて湿気を吸いとってくれる まさに、タンス材として最適なものだ キリの木は成長が早い 「女の子ができたら桐の木を植えよ」 という言葉はよく聞いてきた 植えたキリの木は、 生まれた子が嫁に行くころにはタンスに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クチナシグサ

クチナシグサは近くの山で見ることはある 乾いた道沿いなどで見ることが多いが 前の年に見ていたから今年も見られる。とは限らない すごく不安定なように思う 以前からクチナシグサの群落を見ていて 昨年は見られなかったところへ クチナシグサの様子を見に行ってみた 幸いにもたくさんのクチナシグサが生えてきていた 「復活している」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケリと遊んで・・・

明るいいい天気に誘われて 今日は近くの田園地帯を歩いた 歩いていると野鳥のケリのにぎやかな声が聞こえてきた 声はあちこちから聞こえてくるのだが姿が見えない・・・ よく見ていると道端にいるのが目に入った そのケリも「見つかったかな」というような感じで私を見ていた 視線を合わすことは危険と思ったのか 突然に飛び立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメハギの花を見ながら・・・・

雨がちの日が多かったが今日は晴れた しかし、濃い黄砂が襲来していて遠くが見えない・・・ どんよりした光景は心が晴れない感じがする しかし、山へ行ったら輝くように咲くカスミザクラなどの 明るい光景に気持ちは軽くなる 道端でヒメハギの花が咲いていた ヒメハギはまっすぐな棒のような茎が斜めに立っている 寄生植物の雰囲気がするが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツボスミレ

今日も時々雨が降るどんよりした天気だった 近くの山へ行ってみた ツボスミレが雨に濡れながら花が開いていた 雨にぬれてしっとりした雰囲気でいい感じだ ツボスミレはこのあたりで開花が一番遅いスミレだ この花を見たらスミレの季節がおわりだ。と感じる ツボスミレのそばにはタニギキョウの群落がある タニギキョウも今が花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマガマズミの花を見ながら・・・・

昨日、久しぶりに晴れた天気だったのに 今日は空は暗く、どことなく冷たい風が強く吹く一日だった この時期は天気が落ち着き、五月晴れを楽しむ時期なのだが・・・ 近くの山でミヤマガマズミに白い花が目立っている 「あすから5月だ、もうミヤマガマズミに花の時期だよ」 といっているようだ ホタルカズラの青い美しい花も咲いている この時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルバアオダモ

久しぶりにからりと晴れた 少しだけ近くを歩いた 山の明るく開けたところで マルバアオダモの白い花が輝くように咲いていた 花は花弁が4枚あるが、花弁は非常に細い 花はたくさんの細い短冊からできているかのように見える 「マルバ」は葉が丸い。ということからではなく 葉のふちに鋸歯がない。という意味でつけられている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマハコベ

昨日からの雨も早朝にはやみ だんだん晴れてきた 天気予報は曇りのち晴れ 予報通りの天気に感じた しかし、お昼過ぎに急に空が曇ってきたとおもったら 急に強い雨が降ってきた それ以後は雨がちの天気だった 不安定な天気だ ミヤマハコベはこのような気候が好きな花だと思う 近くの山の湿り気のあるところでミヤマハコベの花が咲いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマモモ

近くの山ではヤマモモの木が多い 山の木は幹立ちしている大きな木が多い たきぎに使われたのだろう・・・・ 里山に生えていた証拠のように思える 公園などで植栽されていることも多いが・・・ ヤマモモの花が今咲いている ヤマモモの雄花(というより雄花序)は早くから目立つ しかし、紅く見えているのはまだ花が開く前だ 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツチグリ

今日ツチグリの様子を見た 例年よりも数日遅く見にいったが まだつぼみが多かった それでもかなりの花が明るい日を浴びて咲いていた うすい黄色い花は、強い日差しがすごく似合う花だ 日当たりが良い、安定的に維持される土手が少なくなっていて ツチグリを見るところはすごく限られている 絶滅危惧種になっている ツチグリの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレを見ながら・・・

この時期、道端などでヒメスミレの花が咲いている 花の色は赤紫色。というよりスミレ色をしている この付近で見るスミレ類で花が、スミレ色の3兄弟のスミレがある。 とわたしは思っている ヒメスミレは花が小さくて、まさに姫 わたしはヒメスミレを3男と思っている では二男は・・・・ ノジスミレだ。花は大きいが花も葉もだらりとしてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレ

夕方に雨が降り、気温がぐんぐん下がってきた 育てている洋ラン類をあわてて温室に入れた 暖かくはなってきたが4月は遅い霜が降ることがある 近くの道端でアリアケスミレの花が咲いていた 人家近くでよく見るスミレである コンクリートの隙間でたくましく生えていることが多いスミレだ 花は明るく、とても美しいスミレだ アリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグロシハイスミレ

近くの山ではシハイスミレが多い シハイスミレは紫背 葉の裏が赤紫色のところから名がついた シハイスミレは葉の表はふつう緑色だ ところが近くの山では葉の表が黒紫色のものが多い 山渓ハンディ図鑑6 日本のスミレ いがりまさし 写真・解説には 葉の表面が黒紫色~暗紫紅色のものを(通称)ハグロシハイスミレと呼ばれている となってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウジョウバカマ

今日近くの山を歩いていると ショウジョウバカマの花が開いていた 近くの山の道端はウラジロなどが茂ってきて ショウジョウバカマが減っている 気になって林床の明るいところを見ると たくさんショウジョウバカマが生えていた すごくうれしかった。 ショウジョウバカマは花の色がいろいろある 赤紫のようなもの 赤褐色のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キランソウ

石垣の隙間をふさぐようにキランソウが広がり 花が咲いていた キランソウの明るい紫の花の特徴的な花だ 強さを感じる。 キランソウの別名は地獄の釜の蓋 石垣の隙間の下に地獄があるとすれば まさに地獄の蓋をしているように見える キランソウにはイシャイラズ(医者いらず) という名前もある キランソウは解熱、咳どめな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジの花

きょうは午後に雨が降った 散り始めたソメイヨシノの花が雨にぬれて、散る花弁が多くなっていた 長く楽しませてくれたソメイヨシノは終わりになってきそうだ 花散るソメイヨシノを横目で見ながら イロハモミジが葉を広げてきている 小さなうすい葉が光を透して輝いている これから葉が大きくなり、元気に養分をつくっていく 葉は秋が深まるま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレ(真のスミレ)

きょうは六甲を歩いた 今はヤマザクラが花盛りだった 山腹に点々と見える花が咲いたヤマザクラがある光景は とても美しい ヤマザクラの花咲く光景を見ながら歩いていたら疲れを感じない 通りかかった石崖でスミレの花が咲いていた スミレの花の色はまさにスミレ色だ 一般にスミレといえばいろいろなスミレがある タチツボスミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オドリコソウ

昨日からの雨が朝になってやんだ 近くの草木も久しぶりの雨を受けて元気になったようだ 近くの土手のオドリコソウの花が開き始めた この花も例年より少し遅い開花だ オドリコソウの名は花の姿が踊り子の姿に似ているからついたという 大きなこの花の姿は確かに踊り子の姿に似ている オドリコソウの群落のところで ヒメオドリコソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスノエンドウ

今日は久しぶりに雨が降り続いた 長らく雨が降らなかったから、この雨は草木には恵みの雨だ。 今日は全国的に雨 関東大震災の被災地は、昨夜に大きな余震があった 菱佐一の雨や大きな余震、被災されている方々の不安などを 思うと、すごく心が痛む この時期、近くの土手やあぜなどには オオイヌノフグリやヒメオドリコソウなどの小さな雑草の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジムシロ

サクラの花が目立ってきた 山は、タムシバの花の白色がよく目立つ 土手を見ると、タンポポの黄色い花が並んでいる 春本番のいい光景だ そう思いながら、近くの土手を見ていたら キジムシロの黄色い花が咲いて、一面を黄色くしていた キジムシロは、葉も花柄も地を這うように横たわっている 花柄の先に花穂をつくり、黄色い花がた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more