テーマ:帰化植物

ニワゼキショウの花の色は多様だ・・・

近くの空き地でニワゼキショウの花が目立つようになってきた 北アメリカ原産の帰化植物だが、明治中期に園芸で 日本に入ってきたとされている、なじみのものである たくさんのニワゼキショウの花が咲いている光景は とても美しい ニワゼキショウの花は白い花とともに赤紫色の花も見る いやいや、赤紫色の花こそニワゼキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウは花や実を

近くの道端でユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)の 花が目立っている 南アメリカ原産の帰化植物だが 明治時代に観賞用に入ってきたもので、今は野生化している ユウゲショウの花は下から上へと咲きあがっていく 開いている花の上につぼみがある ユウゲショウの花が開いている茎の下方では実ができてきている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカワヂシャを見て思うこと

近くの川でオオカワヂシャが群生し花が咲いていた オオカワヂシャはたくさんの花が開き そのようすはとても美しい オオカワヂシャの花をよく見ると、雄しべ2本に雌しべ1本 オオイヌノフグリの花とよく似ている オオイヌノフグリと同じ仲間のオオバコ科(級ゴマノハグサ科)だ だけど、オオカワヂシャは、栽培してはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダミミナグサは元気に

昨日、道端などでオランダミミナグサが 日差しを浴びて花をきれいに開いていた 日差しを浴びなければ花を開かないオランダミミナグサだ オランダミミナグサはヨーロッパ原産の帰化植物だが いまでは身近でよく見るのの花だ スズメノエンドウの小さな花と共演するように咲いているようすは 自然いっぱいの景色に感じる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヂシャを見ながら

今日、観察会に参加して田園地帯を歩いていると 道端などでノヂシャの花がたくさん咲いていた これも季節を感じさせてくれる花だ ツルカノコソウの花は花冠が2㎜ほどの小さい花だ 花冠が5裂した花はよく見るとかわいい ノヂシャは新分類ではスイカズラ科になっているが・・・ 旧分類ではオミナエシ科だった。これのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌノフグリは花を開き虫を・・

昨日歩いていると道端の土手で オオイヌノフグリの花が開いているのが目を惹きつけた オオイヌノフグリが広がり花を一面に開いている様子は うれしい春の花の季節の光景だ と、いってもまだまだ寒く 寒さが厳しい場所ではオオイヌノフグリの葉は変色している オオイヌノフグリは花を開いて虫を呼んでいるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメオドリコソウの花がたくさん

表は暖かく晴れた日だ 近くの野でヒメオドリコソウのがん楽が たくさんの花を開いていた ヒメオドリコソウの花は葉に隠れるように咲いていて 全体の姿が見えにくい ヒメオドリコソウは「オドリコソウ」の名を持つが 花はオドリコソウと似てないように感じる しかし、実際にオドリコソウの花と比べてみると、 花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌノフグリの花期は・・

昨日行った公園で、オオイヌノフグリが広がり たくさんの花が咲いていた 冬であるこの時期としてはとてもうれしい光景だ ナズナの白い花、ホトケノザのピンクの花も咲いていて それぞれの花の色の競演をしている、という感じだ オオイヌノフグリは秋から花を見ることがある だけど、厳しい寒さが来ると葉は傷んでしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホトケノザの花が・・

今日、近くの農業公園へ行った 黄色いアブラナの花が咲き乱れていて 春の花園の雰囲気だ アブラナと混じるようにたくさんのホトケノザが 花を開いていた ホトケノザはあちこちで花を開いている ナズナと共演しているところもあった ホトケノザとオオイヌノフグリの花が 咲き乱れている様子も・・・・ 春の花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタバウンランの花が目を楽しませてくれる

今日、市街地を歩いていると 日当たりがいい溝でツタバウンランの花が咲いていた 花をほとんど見ないこの時期だから ツタバウンランの花がたくさん咲く光景を見ると とてもうれしく感じる ツタバウンランは大正年代に園芸の花として ヨーロッパから入ってきた 葉がツタの葉に似ているとして「ツタバ」の名が つい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウネズミモチを見ていたら・・

近くの道沿いでトウネズミモチの実がたわわになっていた その下の地面では多くの幼木が・・・ たくさんのトウネズミモチが芽生えていた たくさんの実ができるのだ方なぁ・・・ というってもトウネズミモチも実が少ないことがある ネズミモチと迷うことが・・・だが・・・ ネズミモチの実は細長くてネズミの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメオドリコソウはこれから

広い野原を眺めていたらヒメオドリコソウが広がり わずかに花が咲いていた この時期、ホトケノザは多くの花を見るが ヒメオドリコソプの花を見ることは少ないように思う と、いってもヒメオドリコソウは 寒い時期でも懸命に花を開いていることがある 神戸でも条件がいいところ(冷たい風があまり当たらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカワヂシャを見ながら

今日、神戸の市街地を歩いていたら 溝でオオカワヂシャの花が元気に咲いていた 小さな株のオオカワヂシャも花が咲いている まだ芽生えているのかなぁ・・・ オオカワヂシャはオオバコ科、旧のゴマノハグサ科だ 同じ科でよく見るものにオオイヌノフグリがある どちらも花冠が4裂し雌しべ1本、雄しべ2本の花の構造だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナガワハギはとても・・

すっかり花が少なくなった光景の荒れ地で シナガワハギの花がまだ花が咲いていた シナガワハギの群落を見ると 「いまが花盛りだよ」と言っているような雰囲気だ シナガワハギの花は夏の到来とともに たくさん見ることができる そのころのシナガワハギの 群落を見ていると どんどん芽吹き、花が咲き始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウはこれからしばらく

近くの田園地帯を歩いていると ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)の花が咲いていた この花を見て「まだ頑張っているね!」と声をかけたくなる 一面、草本の葉が色づいた、草紅葉(くさもみじ)の光景 が目に留まった 草紅葉の光景をつくっているのはチガヤが多いが ここはユウゲショウの葉が色づいた草紅葉だ ユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホトケノザの花を見て春を・・

今日、田園地帯を歩いていると ホトケノザの花がたくさん咲いていた ホトケノザの花がたくさん咲いている光景は まるで明るい春の野を見ているようだった よく見ると、花が咲いているホトケノザの横で 秋の花のハキダメギクの花が咲いている 季節がどうなっているの・・・ ホトケノザはこれから冬の間も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コシロノセンダングサの花が

今日、田園地帯を歩いていたらコシロノセンダングサの花が咲いていた 花が少なくなったこの時期、とてもよく目立つ コシロノセンダングサは白い舌状花をもちよく目立つ それにしてもシロバナセンダングサと呼ばれることや シロノセンダングサと呼ばれることがある いろいろな名をもっている コシロノセンダングサは白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカコナギは水田一面に・・・

近くの田で、アメリカコナギの花が咲いていた 白くて目立つ花だ アメリカコナギを見るようになったのはほぼ10年前ぐらいからだ 近年は水田で一面に広がっているのを 見ることが多くなってきた アメリカコナギは一日花だ 朝に花開いて午後には花を閉じていく 仲間で、在来種のコナギがある ナギとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒレタゴボウの花を見ながら

今日、観察会に参加して歩いていると 川の中でヒレタゴボウの花が目立っていた 大きな株のヒレタゴボウの花が咲いている光景は見事に美しいが それにしても少し遠すぎるなぁ・・・ ヒレタゴボウが他の淵などに生え、身近に見られる時がある 4弁の黄色い花はすごく美しい アメリカミズキンバイという別名をもつ そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キダチコマツナギを見ていて

山の川ぶちでキダチコマツナギの花が咲いていた 緑の中に咲いている花は美しいなぁ・・ キダチコマツナギは名の通り木立だ かなり大きな木を思わせることがある コマツナギは駒繋、でも草本に近いコマツナギは 馬をつなぎ留めておくことはできないね キダチコマツナギならと思うけれど昔は 見られないものだった・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンテッポウユリの花を見ると

近くの土手などでシンテッポウユリがあちこちで咲いている 近年はこの時期の風物詩の光景だ 花全体が真っ白、園芸のユリからの逸脱というけれど 神戸では園芸のシンテッポウユリづくりをしている地域がある だけど、その園芸のものは野で見るものよりも頑丈で美しい もう10年以上前には、近くの土手などには 花に赤み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マツヨイグサに出会って

昨日はバタバタしていて、ブログを一日休んだ 近くの空き地で「マツヨイグサ」の花が咲いていた しぼんだ花の赤みが濃い・・・。マツヨイグサだよな。 1本持って帰って、花瓶にさしていたら 夜になってマツヨイグサの花が見事に開いた 花の開いた様子は、見たことがないオニマツヨイグサに似ているが 花の直径は5㎝に満たない・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナガワギクの花が

近くの空き地でシナガワハギがたくさん生えていて 花が開いていた シナガワハギは春から花が咲く聞いているが、 わたしがこの花を見たのは夏の終わりから晩秋にかけてだった この空き地へひと月ほど前に行ったときは シナガワハギは目につかなかった シナガワハギはマメ科 花をよく見れば、マメ科独特の蝶形花だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)は雨滴によって

近くの道端などでユウゲショウ(アカバナユウゲショウ) の花が5月初めから咲き続けている ユウゲショウを見る時期の、雨の日は楽しみだ ユウゲショウはつぼみが花より上に、花より下には実ができている 実はやがて茶色く熟した様子になるが いつまでたっても閉じたままだ ところが雨が降りだし、雨滴がユウゲショウの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノハラナデシコは美しさを競うように

近くの道端などでノハラナデシコの花が 目立つようになってきた ヨーロッパ原産の帰化植物だ ノハラナデシコの花は花弁に独特の模様があり すごく美しい花だ 日本を代表するなでしこにカワラナデシコがある ノハラナデシコもカワラナデシコも5弁花 どちらも美しい同属の花だ ノハラナデシコとカワラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナハマセンブリの花が

今日、ビオトープの整備作業に参加した そこではハナハマセンブリの花が目立っていた ハナハマセンブリは帰化植物の雑草だが、 すごく美しい花だ 日本にはいってきたのは1988年で、神奈川県で確認された 比較的新しい帰化植物だ ハナハマセンブリの花を見たら、すぐにガク筒の長さに目がいく あきらかにa<bだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナヨクサフジを緑肥として

先日、自動車で通りかかぅた道端で たくさんのナヨクサフジの花が咲いていて、とても美しかった でも、その近くで自動車を十分に停めることができず 画像をゆっくりと撮ることができなかった 「ナヨクサフジはつる植物だからかなりの期間 花は咲き続けているだろう。」と思い 1週間後にその場所へ行った ところが、もう花はごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメツブウマゴヤシと仲間たち

近くを歩いていると、道端で コメツブウマゴヤシが広がっていた コメツブウマゴヤシは名前が似たものが多い 「これは、コメツブウマゴヤシかな?」 と思わず花をのぞき込んでしまう コメツブウマゴヤシと似た名のものに コメツブツメクサがある こうして画像を並べてみると雰囲気は違うが・・・ 迷うことがある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マツバウンランの葉を見ていて

昨日行ったビオトープで、マツバウンランの花がたくさん咲いていた 茎が細く、葉も目立たない でも花をよく見ると面白くてかわいい マツバウンランの大群落はよく見る光景だ しっとりした、静かな花咲く光景だ マツバウンランの「マツバ」は葉が松葉に似ているところから でも細い茎に細い葉がわずかについているだけ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヂシャの花を見ていて

近くの道ばたでノヂシャの花が咲いている 季節を感じさせてくれる花のひとつだ ノヂシャをよく見ると淡いブルーの5裂した 花冠がかわいい 花の形はオミナエシと同じだ。同属だもの・・・ ノジシャの茎は2つに分かれながら伸びていく この時期の花と戯れるように花咲くノジシャ オオイヌノフグリの花と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more