テーマ:木の実

トベラはいまは

近くで、トベラの割れた実から飛び出たように朱赤色の種子が すごく目立っていた これも季節の変わり目「節分」の光景だ・・・ トベラは扉の木という別名がある 季節が移り替わる節分に、この木の枝を玄関の扉にさし 鬼除けに使われていたことから別名がついている 葉や枝から出る独特おにおい、ねばねばしてどぎつく見える種子の色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダンはこれから

近くの道沿いで実をつけたセンダンが目立っていた そうだねぇ・・・。センダンはこの時期が一番目を惹くと思う よく見ると絡みついたガガイモの実が・・・ 植物の生存競争は厳しい センダンの実の中には種が入っているが 種の形は、すごく特異だ・・・ センダンの実は、野鳥にとってごちそうだ・・・ や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナミノキはこれから

近くの山を歩いているとナナミノキの実が 赤く色づいてきていた ナナミノキの実は今年は少し少ないかな・・・。という雰囲気だ ナナミノキは実が赤く色づくこれから冬にかけてが 一番目立つ時期だ だけど、すごく実が多い年と、あまり実が多くない年がある ナナミノキの実が多くなる年は、赤い実のようすが本当に美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマコウバシはクロモジ属だけど

近くの山のあちこちでヤマコウバシの実が目につく ヤマコウバシはこれから目につきやすい期間になってくる ヤマコウバシは秋に葉を美しく染める その母冬も落ちないいので ほかの木の葉が落葉した冬の山ではヤマコウバシはすごくよく目につく ヤマコウバシは秋から冬にかけて冬芽を膨らませていく 一つの冬芽おなかには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジロノキの実だった

今日、山の整備活動に参加させてもらった そのとき、ヒヨドリジョウゴの実が真っ赤になっていて とても美しかった ヒヨドリジョウゴを見たあと、少し目を移すと またヒヨドリジョウゴかな。と思う真っ赤な実が目にはいった ヒヨドリジョウゴの実の先はくぼんでないが その赤い実をよく見ると、実の先端がくぼんでいる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カマツカについて

近くの山を歩いていると カマツカの実が赤く色づいていた 葉もほんのりと色づき始めている カマツカはこれから葉を急速に染めていく 赤味を帯びたレンガ色に染まるカマツカの葉は 独特でよくめだつ この中で色づいている実は目立たないなぁ・・・ 葉が色づいたカマツカに近づいてよく見ると 実も赤く美しくなって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カクレミノの実が・・

近くの山でカクレミノの実がいっぱいできていた この光景は秋を感じるものだ カクレミノは神戸ではよく見る木だ 山ではカクレミノがどんどん芽生えているところも多い だが実ができるカクレミノはかなり成熟した木だけだ このような成熟したカクレミノの葉はほとんど切れ込みがないものが多い カクレミノの葉の形は多様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムクロジを見ながら

里近くの山を歩いていると 大きなムクロジの木が枝を一杯広げていた この時期はよく似た葉のカラスザンショウやシンジュなどとともに 羽状複葉の木の仲間の一つだ ムクロジの葉の間をよく見ると実が膨れている この時期の実は葉の色とよく似た色をしていて目につきにくい ムクロジは見ることが案外少ない 兵庫県や神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオモジのいまのようす

 去る4月8にこのブログに「アオモジの花が」として    アオモジの花が咲いている時期の様子を書いた そのアオモジがどうなっているか気になってアオモジ群落の場所へ行った 4月にアオモジを見たときは黄色い花が黄金色に輝いて 周りの景色を明るくしていた いまアオモジは緑色の葉を広げて、緑深い景色をつくっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日と明日ブログを休みます

忙しいことができたために、今日と明日 このブログを休みます 明後日(15日)に再開いたします 今日、花が満開の梅の木を見ました でもあすから一段と寒くなるようです 冬景色の中でクロガネモチの実がまだたくさん残っています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダンの実がついているのを見て思うこと

近くの川辺に生えているセンダンがまだ多く実をつけていて いまの時期はよくめだつ それにしてもまだたくさんの実をつけているセンダンが多い センダンを見ていたら野鳥がきて実をつついていることがある だが、この実が一斉になくなるようなことはない 野鳥にはこの実はおいしくないのかなぁ・・・ 2月に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンリョウやナンテンは・・

人里近くの山を見ていたら マンリョウとナンテンがたくさん生えていた 野鳥などが種を運んできたのだろうな それにしてもお正月らしくめでたさを感じる山だ 万両、千両・・のマンリョウと 難を転じる(難転)ナンテンが生えているのだもの・・・ 縁起がいいことからマンリョウ、ナンテンともども お寺や家の庭などによく植えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキニレ

近くを歩いていると河原に生えているアキニレには まだたくさんの実が残っている いつも冬になっても見る実である アキニレの実は薄くて翼がある。風を受けて散布される型だ といっても野鳥がきてこの実を食べているのを見ることはある アキニレは冬芽も目立っていて この時期、アキニレは冬芽と実を見て楽しめる わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルウメモドキをこの時期は

近くを歩いているとツルウメモドキの実がめだっていた よく見るとそばにネズミモチの黒い実があるのだが ツルウメモドキの実がめだつ この時期、目を楽しませてくれる貴重な実だ ツルウメモドキの実は緑の葉をバックに美しく見えるが 緑の葉はツルウメモドキのものじゃない この時期ツルウメモドキの葉はほぼ落ちてしまっている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナメモチの実が・・

山を歩いていたときカナメモチの赤い実が目に付いた まだ紅葉が目立っているな楓、この赤い実がひそやかに見えた この時期、カナメモチの実は熟れてきているという様子だ かなり赤くなっている実も見るが、まだ色づきはじめの実も見る カナメモチは木に縁って実のつき具合がいろいろだ 多く見がついている木の実が色づいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジロノキの実が・・

山を歩いていあると赤い実が落ちていた アズキナシの実にしては大きい・・・ ウラジロノキの実だ・・・ 「近くにウラジロノキがあるはずだ・・」 まわりをよく見ると、実をたくさんつけた大きな木があった 「大きなウラジロノキにたくさんの実がついている・・」 この実は果実酒にしたらおいしい・・ ひと月ほど前(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキグミと

近くの山でアキグミの実がたくさんなっていて 赤くなっていた 「子供のころこの実をよく食べたなぁ、すごし渋いけれど・・」 と思いながら、少し食べてみた このアキグミの実を食べると思いのほか甘い よく熟していて渋みがほとんどない。甘い、甘い 山を歩いていてのおおごちそうだ・・・ アキグミの近くでナワシロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オハツキイチョウ

今日、オハツキイチョウを見に兵庫県中部へ行った 目的の木は山の中腹の御堂にある 近くへ行くとかなりの大木だ そのイチョウの木のそばへ行くとイチョウの実がたくさん落ちていた 葉と実がくっついている 「これがオハツキイチョウ(御葉着きイチョウ)なのだ!」 まだオハツキイチョウの実が木についていないかなぁ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

このヤブムラサキの実は・・

近くの山を歩いていると ヤブムラサキの実が目の前で見えた 「ヤブムラサキの実が・・・、えっ! これヤブムラサキだよね!」 だって実が上向きについている・・・ 近寄ってよく見てもガクに白い毛が密生している 葉を触るとほわほわだ・・・ ヤブムラサキのようだが実が上向きに・・・ 近くの山ではヤブムラサキと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメモドキは・・

昨日、東播磨へ行ったとき 水辺にたくさんのウメモドキの木が生えていて 赤い実がすごく目立っていた 葉をよく見ると菌類がついて少し傷んでいるものが多かった そのためか葉が少なくなっていて よけいに赤い実が美しく見えた ウメモドキはもう少しすると葉が完全に落ちて 赤い実の光景が美しい 実が美しいから花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキシキブは・・

今日、近くの山を歩いているとムラサキシキブの実が色づいていた この実が色づいている光景はひそやかさを感じる ムラサキシキブの葉はこれから色づいてくる 葉が色づくと葉は目立つけれど 小さな実はますます目立たなくなる 近くの山ではムラサキシキブの仲間でヤブムラサキをよく見る ムラサキシキブは実は明るい色で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カクレミノの実を見ながら

近くの山を歩いているとカクレミノの実がたくさんなっていた カクレミノ実はこれからだんだん熟していき 晩秋には黒紫色に熟す ところでカクレミノの葉の形は多様である カクレミノの小さな木の葉は鋭く切れ込ンでいる カクレミノはかなり大きな木にならないと花や実がつかない 花や実ができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオノキの実を

ホオノキの実が案外見やすいところで見えた ホオノキは高木で山の斜面で生えているから 花や実などを近くで見えることは少ない この実はこれから熟していくのだが ホオノキの熟した実を見たことがない 見てみたい・・・ ホオノキの大木の近くで幼木を見ることがある 熟した実が落ちてはえてきているのだ 実を見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンズイを見ていて

近くの山を見ていると ゴンズイの実が赤くなってすごく目立っていた この時期ゴンズイの実はすごく目立つけれど 実としてはまだ若い ゴンズイの実はこれから目立ち続ける 秋がかなり深まったころ実は割れて黒い種が顔を出す このようすはとてもかわいい 「ゴンズイ」というユニークな名がとても似合う様子だと思う …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカノツメの実を今年は・・・

近くの山でタカノツメの実が目立っていた 今年はタカノツメの実が目に付くことが多い タカノツメは今年は実が豊作なのだろうか 実はすでに大きく膨れている タカノツメの実は秋に黒く熟す タカノツメは雌雄異株である 雄花も雌花も花が開いた直後は花弁があるけれど 花弁は間もなく落ちる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンキンハゼの・・

近くを見ているとナンキンハゼのたくさんの「実が」 白く輝いて美しい 今「実」とかいたが白いロウ質の仮種皮につつまれた種(たね)だ ナンキンハゼは花の咲き方が特異でこのブログで 「ナンキンハゼにびっくりな花が・・・」など このブログで何回かとりあげた ナンキンハゼは冬見る白いロウ質の仮種皮に包まれた種の光景が美しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イズセンリョウに・・・

空気がピリリと冷たく、穏やかに陽がさす 良い天気の元旦だ 今年の出発にあたって・・・。といっても この年になって、新たに気合を入れて、というわけではないが 数日前、近くの山で見たイズセンリョウに習ってすごせたらいいな。 と思っている イズセンリョウはこの時期は美しい白い実をつけている マンリョウやセンリョウなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フユイチゴを・・

昨日、近くの山を歩いていると フユイチゴの実が赤くなりおいしそうだった 食べるとすごくジューシーでおいしい 冬に山を歩くときには、この実はおおごちそうになる ところでこのフユイチゴの全体を見渡してみた 「葉の先は丸い」「やはりフユイチゴのようだ」 このあたりはアイノコフユイチゴが多いのだが・・・ 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モチノキを見ながら

近くのお寺でモチノキの実が赤くなって すごく美しく見える 今年はまだ紅葉が美しいが もう12月中旬、木の赤い実が似合う季節だ モチノキの実は大きい それだけ真っ赤になった実がなる光景は美しい 神戸でモチノキは海岸に近い山などに生えているのを見るが お寺や公園などに植えられているものを見ることが多い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマユミを見ながら

昨日、近くの山でコマユミの実が美しかった 朱赤色が目に沁みるように美しい 近寄ってみるともう少ししわがある 実の時期の終わりに近づいている だが葉は緑色で元気だった 下の画像はひと月前に見たコマユミの様子だ 朱赤色が美しい実がたくさんぶら下がっている 一方、葉はもう色づき始めていた コマユミは夏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more